« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

ゼルコバに行く♪

09zelkowa

朝、友達がクルマで迎えにきてくれて出かける。

こんなシチュエイションも最近なかったことで新鮮だ~~

ゼルコバ。

前から行きたかった農家さながらの天然酵母のパン屋さん。

私の家からならほんとはクルマで30分くらいのところらしいのだけど、なんたって慣れ

ない知らない道を走って初めての場所に行くもんだから、友達は地図を見ながら四苦

八苦。こんなとき、助手席に乗っていてもクルマの運転もしなければふだん地図も見

ない私はちっとも役に立たないのだ。すみませんねーという感じ。でもいたってのんび

りかまえて先を急ぐこともないので、まぁ、そのうち着けばいいよ、なんて言っている。

そして1時間ほどかかってやっとこさ着いたのが上の写真。

見れば、我々が来た途端にいっぱいだった道沿いの駐車場からちょうど1台クルマが

出ようとしていて、入れ違いざまに入る。なんというラッキー♪ 

迷ってて正解だったね、なんていう、いたってお気楽な2人なのだ。

ゼルコバ・ガーデンの入口。

09zelkowa01

まるで秘密の基地に入るかのような、いかにも手作りのジャンク・アートな楽しい門が

お出迎え。ここまで来るあいだの景色もそうだったけれど、あたりはすっかり紅葉して

冬ざれの前の鮮やかな彩りを見せていました。そしてゼルコバのドア。

09zelkowa02

オープンエアのデッキのテラスではブランチを楽しむカップルが。

中に入ると梁がはりめぐらされた高い天井がまず目に入り、想像以上に広々とした空

間が広がる。そして中にはたくさんのパンが並び、奥では忙しく立ち働く店の人と、パ

ンを買うたくさんの人々が。焼きたてパンのいい匂い! 

私たちもトレイ代わりの竹ザルを持って列の後ろに並ぶのだけれど、う~ん、どのパン

もおいしそうで迷ってしまう。滅多に来られないんだし、なんて言いつつ、2人してつい

ついいっぱい買ってしまいました。

ゼルコバを知ったのは近所の友達夫婦がここを気に入っていたからなのだけど、2人

が言っていたとおり、ここは午前中早く来ないと駄目そう。焼きたてパンはあっという

間に売り切れて、たぶん午後に来てもたぶん何も残ってないんじゃないかと思う。

09zelkowa06

店の右側がパン工房で左側がカフェ・コーナー。

この日はすでに野菜スープは完売だったけれど飲み物の種類もけっこうあって、カフェ

ではいま買ったばかりのパンを食べることもできる。

私たちもチャイを頼んで奥の席に落ち着きました(^-^)

店内は温かい電球の灯りと窓から入る自然光、まるで額縁に入った絵のような窓の

景色が心地よく、心やすらぐ空間。

09zelkowa05

ゆったりソファに腰掛けて、温かいチャイを飲みながらパンを食べ、お喋りしていたら

あっという間に2時間が過ぎていました。

これは入口のドアの中から見たデッキテラス。

小さくてちょっとわかりずらいけど、かわいい猫がいるのがわかるでしょうか?

09zelkowa04

さて、なぜこのポストを『アートのある場所』のカテゴリに入れたかというと、いたるとこ

ろにブリキの猫のオブジェが飾ってあって、それがすごく素敵だったからです。

今日は午後からかなり冷えて、店内では薪ストーブが焚かれていたのだけれど、その

ストーブも特注オーダーと思しき猫の顔がついた素敵な薪ストーブでした。

ゼルコバを出た私たちは、このあと国立の古道具屋めぐりをすることに。

下はゼルコバで買った石窯で焼いた天然酵母パン。

09zelkowa07

中身がぎゅっと詰まった天然酵母パンはずっしりと重く、噛みごたえがあって、噛めば

噛むほど味わい深い味でした♪

| | コメント (4)

2009年11月22日 (日)

いくら丼!

Ikuradon

じゃ~~ん! いくら丼です。

少し前から近所のスーパーに入っているお魚屋さんの店頭に鮮度のよさそうな大きな

筋子が並び始めて、気になりつつもなんたって今まで一度も筋子をイクラにする、とい

うのをやったことがなかったものだから、買うのをためらっていたのだけれど・・・

先日の出張の際、会社の女性3人で食事に行ったとき、お2人に「やったことあります

か?」と聞いてみると、即座に「な~い!」のお答え。「だって、ぬるま湯の中でほぐす

と言ったって、どのくらいの温度のお湯でやったらいいかわからないし難しそうでしょ。

あなた、やってみるの? やったらぜひ見せて!」なんて言われてしまいました。

食べるとおいしいけれど、できたのを買うとほんのちょっとしかないイクラの醤油漬け。

お魚屋さんのおじさんに作り方を聞いたら、「お湯の中でバラしたら、ザルにあげてよ

くゆすいで醤油と酒につけるだけ。いまの旬の時期のイクラは強いから、あんまり恐る

恐るやらないで一気に大胆にやったほうがいい」との答え。筋子は12月まであるけれ

ど、12月になってしまうと弱くなってつぶれやすくなってしまうんだとか。なるほど~

旬のいくらを食すなら今!

ということで、昨日さっそく作ってみました(^-^)

以下、筋子をイクラにするごく簡単な作り方*

*****************************************************************

①大きめのボウルに塩を大さじ1杯入れてお湯で溶かしておく。

 このときのお湯の温度は手を入れて気持ち熱いくらい。

 (お湯が熱いと簡単にほぐれるけれど外皮の弾力が出すぎ、ぬるいと時間は

 かかるけれど味・食感はよくなるそう。)

②①に筋子を入れ、膜の破れているところから裂いてゆく感じで膜、筋をはがし

 てイクラをバラしてゆく。(このとき、イクラが白くなっても後で戻ります。)

 ここの作業が1番時間がかかりますが、まぁ、気長に(^-^)

③イクラがバラバラになったら、つぶれたイクラ、膜や筋とともにお湯を捨て、

  さらに塩をひとつまみ入れて水を入れ、よくゆすぎます。

  白い膜や筋が見えたら丁寧に取り除きます。

④③をザルにあげ、さらに塩をひとつまみ。

 よくゆすってアクや汚れが浮いてくるようにゆすり、ボウルに戻して水を入れ

 ます。まだ膜や筋が見えたら取り除き、私はこの工程を2回繰り返しました。

⑤すっかりきれいになったらザルにあげて10分くらい水を切ります。

⑥水が切れたら容器に移して、醤油だれに一晩漬けます。

  私はお手軽に筋子のパックに付いていた醤油だれに漬けてしまったけれど

  漬け汁も自分で作るなら100CCの出し汁に醤油50cc、日本酒50cc、

  本みりん25ccを小鍋に入れて火にかけて作ります。

⑦さて、一晩たったら、器にご飯をよそい、ご飯の上に刻み海苔を敷き、まわり

 に刻んだシソを散らして、まんなかにイクラをらっぷりのせたらできあがり!

***************************************************************

連休スペシャルということで今日のお昼にいただいたのだけれど、私と家族の食べた

感想は、まずイクラがたっぷり! そして全然、生臭くない! 薄味で後味さっぱり!

でした。塩にヒマラヤブレンドソルトを使ったのも良かったのかもしれないけれど、

できあいのイクラの醤油漬けとは大違い!

イクラの醤油漬けも家で作るとこんなにリーズナブルで美味しいんだと実感 ・・・

やっぱり、おうちごはんがいいよね!happy01

これは今月中にもう1回、今度は二腹分作って実家の父にも持っていこうと思っている

ところ。

お魚屋さんの店頭に新鮮な筋子が並んでいるうちに、皆さまもお試しあれ!

| | コメント (4)

2009年11月20日 (金)

恋がどんなものか忘れてしまっていても

Love_kaspi

これって前に書いたっけかな?

某百貨店の器ショップで働いていたときのこと。

辞めることが決まって、それをレジの人に聞かれて答えていたのをたまたま後ろにい

た女の子に聞かれてしまって「○○さん、辞めるんですか?」と真顔で聞き返された。

うん、そうなの、と言ったら、いつですか?と言うので、今月いっぱい、と答えたら、ふ

いに彼女の瞳から大粒の涙がパタパタとこぼれて、私のほうがびっくりしてしまった。

自分が辞めることくらいで泣いてくれる人がいるってことがまず驚きだったけど、それ

以上に、彼女のあまりにも無防備なピュアさに驚いてしまったのだった。私にとって、

いい大人が職場で、人前で泣くなんて御法度、しかもお客様が見ているかもしれない

フロアで仕事中に泣くなんてタブーに違いなかったけれど、そんなことがぶっ飛んでし

まうくらいのことだった。彼女の涙は高い山の上の澄んだお水みたいにきれいで、私

は自分が男だったら、いまこの瞬間に彼女に恋してしまっただろうなと思った。

と同時に、私は長いこと自分の感情をセーブしすぎていたんじゃないかと。

私の前で泣く友人は何人もいたけれど、私自身は泣くのは自分ひとりきりのとき、と

決めていたから。


先月、広島から男友達のTがやってきて、Iさんの同級生がやっている素敵な小料理

屋さんで会ったとき、席について乾杯がすむなりIさんが「そういえば、今日うち出ると

きカミさんが、そうきちはもう再婚しないの?って聞いてたよ!」と言った。

げ、なんで? と言うと、「だって、そうきちまだ若いし、男のオレから見ても魅力的で

カッコイイのに、誰かいい人いないのかなと思ってさ」と言うから、お世辞と思いつつも

一応ありがとうございます、と言ってから、「でも30年くらいつきあってるけど今までそ

んなこと言ってくれたこと一度でもあったっけ? なかったと思うけどなあ・・・」と言えば

Tが「今さらって感じ?」と笑いながら茶々を入れる。

「別に、あたしはこれから一生独りで生きていきます! なんて悲愴な宣言をする気は

さらさらないんだけどね。難しいのよ、いろいろ。こりが」

「何が」と2人がさらにツッコミを入れてくるので、いつになくミョーにまじめに答えてみ

るのだけれど、女ならすぐに話がつくところが、所詮いくら話してみたところで男には

わかってもらえないのだ。男にもいろんなタイプがいるんだし、とか、そうきち考えすぎ

なんじゃねーの、とか。ま、いろいろアドバイス(励まして?)くれるんですが。

「つまり、いい歳になっても恋愛においては私は昔からちっとも変ってなくて、でも実際

のところは、誰かを好きになったりつきあったりするたびに、もう若いころとは全然同じ

にはいかないんだってことを嫌というほど思いしらされるわけ。それにちょっと疲れちゃ

ったのかなあ・・・。それに、もともと1人でいても全然退屈しないで楽しくやれるタイプ

だし、今は仕事をなんとかしなきゃならないときだしさ。それに、こう見えても家ではい

いお母さんしてるよ」いいじゃん、それで、なんてところで早々に話を終わらせた。

誰でもきっと人を好きになってるときはそうだろうけど、あの人のためにがんばろう!

とか、あの人に恥ずかしくないように私はしゃんとしていよう、なんて頑張っていたのが

手の中で光っていたはずの石がまるで魂のないただの石ころに変わってしまう瞬間を

何度も見てしまったりすると、なーんだ、あなたもそんなものか、と心底がっかりして悲

しくなってしまったりする。もう懲りた、なんてダサイことは言いたくないんだけれど、で

もだいぶ懲りてしまったのかもしれないな。

その私がなぜか不意に今日、この2年以内に誰かみつけよう、なんて突然思ったのは

なぜなんでしょう。朝めずらしく思いきり見入ってしまった熱愛宣言の海老蔵があまり

にもかわいらしかったから? それとも、この1週間していたピンクメタモルフォーゼス

の効果か、あるいは最近、仕事上で私に的確なアドバイスをくれる頼もしい方に「なん

でも物事を始めるときは期限を切ってやりなさい」と言われたからかもしれない。

直観人間だから特に理由はないのだけれど、人は何かを強く思った瞬間からコンシャ

スになるから、いい機会かも、とも思う。そろそろ自分1人で考えて答えを出すこともつ

まんなくなってきちゃったし ・・・

恋をすることがどんなことか忘れてしまっていても、音楽は一瞬で私にそれを思い出さ

せてくれる。ピアノの、サックスの、ギターの最初の1音で。

今日、私にそれを思い出させてくれたのは竹内直さんの音でした。

それにしても直さん、また聴きに行きたいなあ!!


PS:Cさん、その後毎日カスピ海ヨーグルト作り続けてますか?

   だいぶ寒くなってきたけど、私は毎朝食べてます delicious

| | コメント (4)

2009年11月17日 (火)

新月

09funsyourou_2

昨日、2つのミーティングを終えて家に帰る途中、夜道を歩きながら気づいたことがあ

る。どうやら私は人の気を活性化させる作用を持った人間のようだ。そして活性化し

た人の気によって自分もまた活性化するという。それは私がリラックスしているときほ

ど大きな効果となる。向かい合わせの風車のように。つまり、いかに緊張を解いて自

由な頭でいられるかが大事ってこと。

物事を新たに始めるには新月がいいというのは知っていたけれど、仕事のプロジェク

トも同じなのだと先日知った。昨日のITの天才くんとの自由なブレインストーミングが

紙の上にどう落ちるのかまだ見当もつかないけれど、とりあえずプロジェクトのタイトル

だけでも今日、紙に書こう。正確には打つ、だけれど。

写真は秋の粉粧楼。

秋の粉粧楼はふんわりとして夢見心地。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

バラつながり*

Barakai

昨日、新幹線が新横浜を過ぎて『次は品川』と言ったとき、そうだ東京駅まで行かずに

品川で降りようと思ったのが敗因だった。品川で降りて山手線のホームに降りてみれ

ば、人身事故で上下線とも止まっているじゃないか。しかも普及のめどはたっていない

という。思えば行きは行きで電車が遅延し、乗り換え駅ではものすごい混雑でホーム

に降りるのに時間がかかり、スーツに大きなショルダーバッグという格好で品川駅の

改札から新幹線のホームまで猛ダッシュして、発車のベルとともに乗り込むという危う

いことをしたと思ったら、帰りは帰りでこれか。洗濯物やお土産でさらに膨らんだ重い

荷物を持って右往左往するのは嫌だったけれど、かといっていつ走り出すともわから

ない電車にじっと乗って待っているような性格でもなし。しばし路線マップを眺めてから

けっきょく京浜東北線と地下鉄を乗り継いで自分の路線まできてみれば。間の悪いと

きってとことん間が悪いわけで、レッドアロー号をはさんで前後は途中までの各駅とき

てる。やれやれ!

重い荷物を持って電車を3本やり過ごす間に、ふと横に並んでいる品のいい老人を見

れば、熱心にバラのカタログのようなものを見ている。手に提げているのはアレンジメ

ント・フラワーの入ったペーパー・バッグ。しばらく黙ったまま私もそのバラの写真を見

るともなく見ていたのだけれど、「バラがお好きなんですか?」と気まぐれに声をかけて

みた。すると、その人は「バラ会に入っておりましてね、今日はその祝会でした」とおっ

とりした口調で言った。なんでも老人ホームの庭にバラを植えるボランティアをしている

のだそうだ。「そんな専門家には及びませんけれど、私もバラをやって十数年になりま

す」と私も言い、そんなところからしばらくバラ談義をした。そうこうしているうちにやっと

電車がきて人に押されながら乗り込み、通路をはさんで向かい合わせに座った。彼は

ふたたびパンフレットに目を落とし、疲れた私はうとうとした。そして乗り換え駅のアナ

ウンスで目覚めると、その人も次で降りようとしているところだった。ホームに降りてか

ら最寄駅を聞かれたので答えると、その方は私の次の駅だった。

そして、私が降り際に「お荷物になってお邪魔かもしれませんがどうぞ」と言って渡さ

れたのが写真の花。実際、私は自分の荷物だけで充分うんざりしていて、彼のくれた

花はたっぷり水に浸されたオアシスに挿さっていてずっしり重かったけれど、いりませ

ん、と言うわけにもいかない。バラ会の名前も教えてくれた。ますます重くなった荷物

を持ってスーパーに入りながら、いつか私もそんなことで人さまのお役に立てるように

なるのかな、と思った。

今日は今日で、午後、ルイさんがバラを届けにきてくれた。

イングリッシュローズとハイブリッド・パーペチュアル!

しかも今回は挿し木苗じゃなくて大苗。

せっかくなので美味しいケーキと珈琲など用意して。

Rui_san_no

そして、バラといえば出張前に届いたのがこれ!

Bath_time_goods

WAYS SHOP からメールマガジンがきて『薔薇色のバスタイムセットプレゼント』とあ

ったので応募したら、見事当選してしまったのでした。

『DRアロマバス ビューティーを入れたお風呂で温まった後は、マジックソープ・ローズ

とオーブリー ボディウォッシュタオルで、顔・髪・体を洗い、お風呂から上がった後は、

ラヴェーラ・ワイルドローズ オーガニック・フェイスケアキットでお肌のお手入れ。ロー

ズ尽くしの贅沢なリラックスタイムになること間違いなし!』という素敵なしろもの。

プレゼントにもたまには応募してみるもんですねー♪

出張に行く前からすでに疲労していた私は、帰ったらバラ風呂に入ってやるーと思い

ながら出かけたのでした。さらに出張から帰ってきたらバラにまつわる素敵な贈り物

がもうひとつ! これはまた作ったらここにアップしようと思います。

そんなわけで、バラつながりのここ数日。

季節はいよいよ冬で、バラも冬支度が始まります。

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

Close Your Eyesで

09crose_your_eyes

この週末、金・土と初の大阪出張でした。

長年、大阪の友人とつきあってきて、しかもこの4年は一緒に仕事までしていながら、

大阪は初めて、というほうがちょっとおかしい気もするけれど、でも本当にこれが初め

ての大阪。

昨日、新大阪の駅で実際に会うのは初めての同僚の笑顔に迎えられ、到着した梅田

のオフィス。今日、午前中までに3つのミーティングと、昨夜は接待(といってもこれま

た30年来の友人まじえての不思議な宴)を終えて、今日の午後は待望の自由時間。

大好きな京都に寄ってきました。

といって、古都をのんびり散策するだけの時間は無し。

東京を出る前、同僚に「京都ではどこに行きたいですか?」と訊かれて、思いついたの

がここでした →  Close Your Eyes

前から、いつか機会があったら行ってみたいと思っていたお店。

私がここ数年来もっとも信頼しているパワーストーン・ショップ。

しかも京都三条柳馬場に移転してリニューアルオープンしたばっかり!

石好きの人にとってはまさにトレジャーランドみたいなお店です。

私が今回ここへ来たかったのはもちろん、いつもネットショップでしか見たことのない

お店や石を見たかったこともあるけれど、ここのオーナーでサイキックのソフィーママ

さんが書いているブログの中の『ヒューマンエネルギーと心、肉体について』を読んだ

からというのが大きかった。(興味のある方はそちらを読んでいただくとして)私は2年

くらい前からもうずっと右肩の痛みが治らなくて、最近は首・肩・肩甲骨の凝りもかなり

慢性化していたし、このままだといつか病気になるんじゃないかと思っていた。それに

加えて最近のストレス。日に日にいま自分がやっていることは本来自分がやるべきこ

とではないのではないかという思いが募ってきて、いったいどうしたものかと考えあぐ

ねる日々。もし自分にもこのブログに書かれているようなエネルギー・ブロックが起き

ているとしたら、それがどこなのか知りたいし、タイミングがうまく合ってソフィーママに

会うことができたら、エネルギー・リーディングしてもらいたいと思っていたのでした。

(というか、いま思えば、お店に行きさえすればそういうことになるのではないかという

気がしていたのですね、なぜか。なぜでしょう。)

職場の友人と2人でお店に入って、それぞれ思い思いに好きなところを見ているうち、

レジの前に置かれた浄化スペースが目に入って、「ここに自分のブレスを置いてもい

いですか?」と聞いた。目の前にいた男の店員さんが「どうぞ、どうぞ」と言うので、左

手にしていたブレスをはずしてさざれの水晶の上に置くと、店員さんが「あ、これはうち

のだ!」とおっしゃるから、「はい。今日はこれしかしてないけど、他にも持ってますよ」

と言うと、どこで買ったか、今日はどこから来たのか、なんて話になって、そのうちその

方が「ちょっと待ってて、いまソフィーママを呼んでくるから」ということになり ・・・・・・

はたして、奥からソフィーママさんは現われました。

いつもネットショップでお写真を拝見したり、毎日のようにメールマガジンを読んだりは

していたけれど、いざ実際にその方が目の前に来るとなんだか不思議な感じ。向かい

合って立ったら、天井からいっぱい下がったライトのせいなのかソフィーママさんのエ

ネルギーのせいなのか、一気に体温がバーっと上昇して熱くなってしまいました。

おまけに自分でもわけもわからずウルウルしてくる始末 ・・・・・・

そしてソフィーママさんを呼んでくれたのはやはりオーナーで彼女の旦那さまのクロア

イパパでした(^-^) 驚いたことに2人を目の前にするとまるで双子のようにそっくり!

なんでも、この3次元空間では今度の結婚で5度めの(!)縁になるのだとか。

まさしく正真正銘のソウルメイトなんですね~~ 羨ましい!

そして、そのソフィーママさんに「エネルギー・リーディングはしてもらえますか?」と聞

くと、「こんな場(お店)だから落ち着いて詳しく見ることはできないけれど、ざっとなら

いいですよ。せっかく遠くから来てくださったし」と、快く引き受けてくれました。

実はソフィーママさん、リニューアルオープンにともなうここのところの激務で急性中耳

炎になってしまって、耳鼻咽喉科に行ってきたばかりなのでした。私は申し訳ないのと

ありがたい気持ちでいっぱい!

そして、めでたく(?)自分のエネルギーの滞りがどこで起きているのかを教えてもら

い、プラーナ管をきれいにエネルギーが通り、オーラが今より大きく広がるのを確認し

てソフィーママさんが選んでくれたのが、この石。

Pinkmetamorphosis

ピンク・メタモルフォーゼス。

の花が開花するときのように穏やかで、ゆっくりと優しいエネルギーに満ちた石。

実はソフィーママさんが最終的にこの石を選んでくれたのにもびっくりでした。

なぜかというとこれはネットショップではずっと完売になっている石で、私にとってはま

るで幻のような、惹かれながらも長いこと手に入れられなかった石だからです。

けっきょく、というか、やっぱり人は潜在意識では自分に足りないものが何かわかって

いて、自然とそれを求めているものなんだなぁ~ と、納得してしまいました。

最後は私も友人もソフィーママとハグしてお別れ。

私はますますウルウルしてくるのを隠しながら、お2人の写真を撮らせてもらってその

場を去りました。

お仕事的にもプライベートでも収穫のあった濃ゆーい2日間。

「明日からまた良し!!」みたいな思いで東京に帰ってきました(^-^) 感謝。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

最後の文化祭

09nougeisai_2

毎年、なぜかきまってお天気がよくなくて寒くなる娘の文化祭。

今年はやっとお天気に恵まれた。

高校生活最後の文化祭は、朝から気持ちよく晴れて10月中旬の陽気。

大きなエコバッグをさげて学校に向かう。

門のところで娘の描いたポスターを見て教室に入ると、生徒が収穫して作ったという梅

ジュースで迎えてくれた。それと、ソースせんべいならぬ青梅ジャムせんべい。

土曜はプールの前に来て、ささっと教室をのぞいて売店で果物だけ買って帰ったのだ

けれど、今日は順番待ちの列に並んで苔玉(こけだま)作り体験をしてきました♪

09kokedama

洗面器に入った材料(土)をかき混ぜ、形よく束ねた野草を左手に持って右手で根元を

丸めた土で包んだら、係のPTAがシート状になった苔を適当にちぎってぐるりと巻いて

くれる。そしたら、それまで丸かった土がとっくりみたいな形に。ほんとはまんまるの苔

玉にしたかったんだけど・・・ coldsweats01 (しかも、けっこうデカイ。)

しかし、気を取り直して苔玉を黒のミシン糸でぐるぐる巻いてゆく。

しっかり巻けたら、できあがり!

ほんとはお皿も手作りのものが付くはずだったのだけれど、残念ながら先着何名かで

終わってしまったそうで、これは夏のあいだ蚊とり線香を載せていたお皿です。

以下、自分でも作ってみたい人のために苔玉の作り方*(もらったプリントから)

*********************************************************

《材料》  ケト土、ピートモス、バーミキュライト、ミズゴケ

《寄せ植えの植物》  リュウノヒゲ、フッキソウ(季節の野草、根つきで)

《くるむための苔》   ハイゴケ、スナゴケ(ゼニゴケは不向き)

《その他用意するもの》  黒のミシン糸 バケツ 水 ハサミ

* 作り方手順

①ケト土、ピートモス、(どちらも軽く一握り)、バーミキュライト(半握り)、

 ミズゴケ(一握り)をバケツの中で水を加えて混ぜ合わせる。

②寄せ植えする草をバランスよく組み合わせる。

③②の根のまわりを丸くなるように包む。(大きくなりすぎないように)

④③の土のまわりを苔で包み、ミシン糸で苔が崩れないように何周でも気が済

 むまで巻きつける。

⑤バケツに張った水につけ、泡が出なくなったら水が吸い終わった証。

 お皿に置いて完成!! 

 (苔の表面が乾いてきたら、上と同じ手順で水にひたす。)

*********************************************************

思うような形にはならなかったけど、なかなか楽しい作業でした♪

こんなことも家でやろうと思えば1個分の材料だけ手に入れるというわけにはいかなく

なって、きっともう私のことだから(苔玉作家のように)たーくさん作って友達に配って歩

かなきゃならなくなりそうなので、貴重な体験です。

下は昨日買った鬼ユズ!

09oniyuzu

こんなの初めて見ました。

なんちゅーブコツでブサイクでデカイやつ!

でも香りはユズのいい香りです。

(アホな私は金運にいいかもと思って)玄関に置いてます。

そして製菓・製パン部の子たちが作ったメロンパン♪

並んで買うこと30分!

09melon_pan

でも、その甲斐あっておいしいメロンパンでしたheart

昨日と今日で買ったもの、2個入りメロンパン、たくさん入ったキウイ、さといも、鬼ユズ

みかん、そしてミニサイズのガーデンシクラメン2株。

大きなエコバッグが必要なはずです。

家に帰って夕方、近くのホームセンターに行ってシクラメン用の鉢を買って移したら、

なんとあつらえたみたいにぴったりでした。

これからの寒い季節にはこんな色が部屋の中に欲しくなります。

09gardenshikuramen

すっかり暗くなってから帰宅した娘は、「あー、なんだかあっという間に終わっちゃった

なあ・・・!」とつぶやいてました。

楽しかった高校生活も残りわずか、あと数ヶ月を残すばかり。

| | コメント (2)

2009年11月 2日 (月)

秋の果実

Zakuro

前に私がザクロがほしいと言ったのを覚えていてくれたのか、きのう娘がザクロを持っ

て帰ってきた。友達がくれたのだとかで、学校の果樹園にあったザクロ。

とっても大きくて存在感のあるザクロで、濃いピンクと緑のコントラストがきれいだった

のでキッチンに置いて眺めながら料理していたら、いつのまにか中からワラワラとアリ

ンコが出てきて慌てました。慌てて近くにあった茶筒を落として床にお茶をばらまいて

しまう有様。アリンコくらいでビビるなんて、まったくもってヤワです。料理の途中でアリ

を退治したり、床に撒いてしまったお茶を掃除機で吸ったりして、てんやわんや。

でも、その後きれいに洗ってふたつに割って、ルビーみたいな実を一粒食べたら甘か

った。

私が野生の果物がほしいといえば、それは酵母の素材として。

量的にはちょっと足りなかったけれど酵母に仕込んでみました。

Zakuro_01

何やらちょっとイクラみたい???

そして今日はブロガー友達のみちこさんから宅配便第2弾が届いた。

こんどはユズ! ・・・ 葉っぱ付きです。

09yuzu

箱の中に入っていた手紙には、「葉っぱ付きも面白いかと思って・・・」とありました。

たしかに、こうして枝についたままのユズはキレイ!

でも、うっかり触るとユズにはバラなんてもんじゃない、すごく鋭いトゲが付いているの

で要注意です。これも洗って、さっそく酵母にしました。

09yuzu_cobo01

そういえば、おととい食べた玉子雑煮に入れた鶏肉は、ユズ酵母につけておいてから

入れたので、できあがりはほのかにユズの香りがしました。

ふろふき大根にかけるユズ味噌、お魚を焼くときの香味、これからの冬の食卓にユズ

は大活躍しそうです。みちこさん、ありがとう!

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

リハーサル♪

091101rehearsal

息子が行っているミュージック・スクールでは1年に1回発表会があるらしいのだけれ

ど、去年はまだ力量不足ということかお声がかからなかったのが、今年はかかった。

突然、スクールのスタッフから出演依頼があって慌てる息子。

出るか出ないか検討して、いついつまでに返事をくださいと言われ、数日後に電話を

して、今度はやる曲を決めといてくださいと言われ、すぐに『So What』と答えていた。

マイルスのかっちょいー曲。

私も物事を決めるときあまり迷わない方なんだけど、この人も迷わないんだなあ。

見に行っちゃおうかなあ?smile と言ったら、すかさず「今年はやめてくださいね」と釘を

刺された。それを、やっぱりミュージック・スクールのヴォーカル科で先生をしている友

人に言ったら、「でも、1回めこそ見たくない?」と言う。

ま、そうなんだけどさ。でも子供が嫌がることはしない主義だから、今年は行かない。

それこそ変装して(?)行ったところで、すぐにバレるだろうしさあ・・・

バックをやってくれるのは全員先生ということで、つまりプロ。しかも秋山さんとのツイ

ン・ギターなのだそーだ。聞いただけでも緊張しそうです。

あとはドラムとベースのシンプルな編成。息子はトランペットかサックスが欲しかった

みたいだけれど、たしかにSo What をやるには地味な編成かな。

しかし、超緊張しーの息子、数日前からお腹が痛いのだそうだ。

私も緊張しーだからよくわかるけど、そんなんでほんとにだいじょうぶなのかあ???

まだリハーサルなのに?


・・・ というわけで、息子はさっきギターかついで出かけました。

本番は8日、新宿ピットインです。

どうなりますことやら。

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »