« COBO meets カスピ海ヨーグルト♪ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »

2009年9月22日 (火)

君にさよならを

09onjyuku_14_2

女友達からきた手紙の最後には

  9月の連休のどこかで海に行きませんか?

  海で逝く夏にさよならを言いたい気分。

と書いてあった。

その手紙をもらったとき私はとってもプアで、ほかの誰かだったらパスするか延期して

もらうところだったのだけれど、彼女からともなればそうはいかない。

時刻表を調べて前の日にチケットを買い、近所の雑貨屋でかわいいホーローのマグ

カップをふたつ調達して、久しぶりにサーモスのポットに珈琲をつめた。

09onjyuku_03

(なんだか信じられないけれど)10年ぶりの御宿だ。

懐かしい、御宿。

9月の海。

09njyuku_01

海では基本的に何もしない。

裸足に砂のあたたかさを感じながら、日がな風と陽にさらされて、頭を波の音でいっ

ぱいにして、ただ海を眺めているだけ。

ただそれだけで贅沢な一日。

09onjyuku_09

友達はここでデリートしたいことがあるらしかった。

私はここには思い出がいっぱいありすぎて。

ここへはいったい今まで何度きたことか。

その思い出のひとつひとつがぜんぶキラキラしていて。

最初からひどく不安定な船出だったけど、あの頃あたりまえに思い描いていた未来は

粉みじんに砕けて、波にさらわれる砂のお城のように今は跡形もなくて。

09onjyuku_10_2   

でも手探りでも自分の足で歩きだしたいま、それだってもう嘆くことはないんだ。

まして「僕にとって君は4番目のプライオリティー」なんて言われながら、誰かとつきあ

うことも2度とない。

友達によれば人を好きになってるときの私のオーラはすごいらしい。

そしてそれはどうやら今は薄まってるらしいけど、でも今の自分にはそんなものなくて

もいいかな、と思う。今は恋より仕事でやっとめぐってきたチャンスを掴まなきゃいけ

ないときだし、それに人を好きになって傷つくのはもうまっぴら。

09onjyuku_07_2

ビーチで女友達が『サンシャイン・ロマンス』を聴いている。

私の頭には『フェアウェル・フェアウェル』が流れていて。

09onjyuku_08

  あまい記憶にFarewell  さよならを♪

  きれいな言葉にFarewell  口づけを♪

09onjyuku_11

シートをたたんで帰ろうとしたとき、雲の切れ間からとつぜん光が降ってきた。

この景色を胸に刻めと言わんばかりに。

さよなら! 今年の夏。

明日は秋分の日で、いよいよ秋だ。

*********************************************************

10年ぶりだから変わっていても当然だけど、御宿の駅はすっかり様変わりしていた。

09onjyuku_13

そして変わらないのは、いきなり視界が開けて飛び込んでくるこの景色。

09onjyuku_06_2

|

« COBO meets カスピ海ヨーグルト♪ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »

season colors」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、
ボクのずっと昔のブログを遡って読む人がいて、あなたがくれたコメントに共感したとメールをもらいました。つい懐かしくなって、久し振りに、ボクもこちらにお邪魔しました。
御宿は、ボクにとっても、様々な思いが残っている海です。
オンジュクと聞くだけで、胸が一杯になる気がする。
もう一度、ボクも、さよなら夏の日、と遠い夏に呼びかけました。
ボクは、相変わらす、グチャグチャと煮え切らないブログを続けています。

投稿: | 2009年9月28日 (月) 02:00

秀さん! なつかしい!happy01
でも、そんなことってあるんですねぇ・・・
奇特な方だな。
私も秀さんのブログから生まれた人間関係があって、大事にさせていただいてます。
人の縁って不思議ですね。

グチャグチャと煮え切らないブログ、ですか?
でも、いつかね、物書き詩人のボスと新宿の交差点を渡りながら喋ってて、ボスがあんまり女々しいことを言うものだから、「ボスはほんとに女々しいな! 私と性別入れ替わった方がいいんじゃないの?!」と言ったのね。
そうしたらボス、「確かにお前のほうが男っぽいよ!でもな、女々しいって言葉は男のためにある言葉なんだよ。女に女々しいって言っても話にならないだろ」と言ったの。
はぁ、なるほど、って納得しちゃいました。

女は(肉体的な)力、という点では男にくらべてぜんぜん非力なんだけど、子供を産む性という意味で、特に母親になってしまった女は守ることにおいては男以上にブレイブだと思うんです。
私だって人が思うほど強くなんかなくて泣き泣きやってるんだけど、泣き泣きでもブレイブに生きなきゃならないのは、運命なんじゃないかなあーと思います。
・・・ というわけで、私はせいぜい雄々しく(?)生きます(^-^)

御宿の海は私にとって最もリラックスできる場です。
ひなびた駅なのに、駅を降りるとどんな季節でもリゾートの匂いがして、肩の荷をおろしたような、ホッとした気分になって、帰って来たって感じがします。
これってなんなんだろうな?
海って、愛でいっぱいの存在なんですよね。
COSMIC LOVE。

投稿: soukichi | 2009年9月28日 (月) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COBO meets カスピ海ヨーグルト♪ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »