« 邂逅 | トップページ | 七夕の夜 »

2009年7月 6日 (月)

7月のバラ

09queen_of_sweeden04_2

7月、雨の月曜。

私のベランダではバラの2番花がポツポツ咲き始めた。

今朝はクイーン・オブ・スウェーデンがふたつ。

春の1番花にくらべると、ひとまわりかそれよりもっと小さいくらいの花。

今日はひどく寝不足。

それというのも昨日、遅い夕食の後にたまたま合わせたチャンネルでやってたテニス

の試合がウィンブルドン男子シングルス決勝だったから、さあ大変!

うっかり見始めてしまったらもうこれが終わらない終わらない ・・・

ウィンブルドン5回の覇者であるフォアハンド・ウィナーのロジャー・フェデラーと、高い

打点から鋭い角度と200キロのスピードで予測不可能なサーブを打つビッグ・サーバ

ー、アンディ・ロディックによるフルセットマッチ。両者一歩も譲らない激闘を繰り広げ、

なんとファイナルセットだけで大会記録となる77ゲーム、トータルタイム4時間18分!

まいりましたね。終わったのはもう午前3時前です。途中まで一緒に見ていた息子も

「後でどっちが勝ったか教えてね」と言って先に寝てしまう始末。でも最後まで見ずし

ていったいどうして寝られましょう???

私は終始、挑戦者であるロディックを応援していて、最後まで事によったら勝ち目はあ

ると思いながら見ていたのだけれど、まるでこちらのそんな思いに応えるかのように、

どんなシーンでも諦めずにボールにくらいついていくロディック!

結局、壮絶な試合を制して最後に勝ったのは王者フェデラーだったけど、本当にどちら

が勝ってもおかしくない、素晴らしい試合でした。頂点まで上り詰める人というのはど

んな世界でも一流で、人格も素晴らしいのだと思うけれど、試合後の2人のコメントも

よかった。ロディックにはぜひ再びウィンブルドンに戻って、この次こそ勝ってほしいと

願いつつ、長い観戦を終えたのでした。

それにしてもVIPシートに並ぶ歴代優勝者の顔ぶれと貫録もすごかったけど、放送席

にいた、すっかり白髪老紳士と化したマッケンローにもびっくりしたし、時の変遷を感じ

ましたねぇ・・・

09queen_of_sweeden03_2 

・・・というわけで、私は今日はいささか眠い月曜日だけれど、明日は七夕にして満月

の最強の願い叶えデーということで、先ほど雨の中ちょこっと出て行って、近所で立派

な笹を調達してきました。

大きなバラ鉢に挿した笹は、ただいま涼しげに揺れております・・・

Sasa_2

|

« 邂逅 | トップページ | 七夕の夜 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邂逅 | トップページ | 七夕の夜 »