« 乳COBO88パン | トップページ | COBO生活はじめました。 »

2009年7月19日 (日)

難民お料理会*

09nanmin_09_2

もう20年以上も難民問題に取り組んでいるライターのYちゃんから『難民お料理会を

開きます』というメールをもらったのは、これで3回め。

今回のお料理会の内容は、

 すぐそばに暮らす難民と料理をつくってみよう!

 パレスチナ人、マフムードさんとつくるパレスチナ料理の巻

 「難民お料理会」第3弾は在日パレスチナ人のマフムード・アルマフムードさ

 んに教えてもらうパレスチナ料理。マフムードさんを大阪からお呼びしての特

 別版です!

 調理の仕方も面白いチキンの炊き込みご飯、ご存知ケバブ、ヘルシーな豆の

 スープ、トマトサラダにトライします。

 料理の前にパレスチナの歴史をわかりやすく解説するミニ講演もあります!

というものだった。

過去2回は2回とも参加表明しておきながら仕事が入ったりして行けなかったので、今

回こそ参加しようってことで、昨日行ってきました。

場所は私の家から自転車で行けるお隣りの市の公民館の実習室。

今回は盛りだくさんな内容なので少し早めにお集まりくださいという注意書き通り、ち

ょっと早めに着くと、すでにそこには開場を待つ人だかりができていて、なかなか盛況

なのでした。最近、我が家は何も見たいTVがないので、そんなときは東京MXテレビ

の『ザ・ゴールデンアワー』という番組を見ることが多いのだけれど、その中に『ザ・ゴ

ールデンレシピ』というコーナーがあって、ここで紹介される世界の料理がなかなか美

味しそうなんです。というわけで、昨日も期待して行きました。

1時のスタートで、まずは椅子と机が並べられた部屋でスクリーンに移るスライドを見

ながら、『パレスチナ子どものキャンペーン』の北林さんのお話を聞く。

まず何故パレスチナ難民が発生したかということを、時系列に起こったできごとを軸に

話し始める北林さん。けれど、その歴史はとても1時間で話せるような内容ではないと

いうことで、聞いている私はその惨憺たる状況に、人類の歴史って実に徒労の歴史な

んじゃないかと深い疲労感を覚える。それから簡単な質疑応答があって、マフムード

さんの紹介。料理開始。

上の写真はアダスといってレンズ豆のスープを作るマフムードさん。

せっかくなので、長くなるけれどレシピを載せておきます。

09nanmin_06

◆アダス(レンズ豆のスープ) 

 《材料》 4人分

 タマネギ 大1個   ニンジン 大1本      

 レンズ豆(皮のないオレンジのもの) 100グラム 

 鶏肉のスープ(マクルーバで作ったスープ) カップ3杯

 塩 小さじ1  クミンパウダー 適宜   オリーブオイル 適宜

 《作り方》

 タマネギは粗く切り、ニンジンはスライサーで細く千切りにする。レンズ豆は洗ってザ

 ルにあげておく。まずオリーブオイルでタマネギがキツネ色になるまで炒め、そこに

 ニンジンを入れて20分~30分ほど炒める。レンズ豆は鶏肉のスープで煮込み、

 色が変わってすっかり柔らかくなったところに炒めたタマネギとニンジンを入れて混

 ぜあわせ、3回分くらいに分けて丁寧に(ドロッとするまで)ミキサーにかける。

 ミキサーにかけたものを再び鍋にもどして15分くらい煮込み、最後にクミンと塩を

 加えて味をととのえて出来上がり!

09nanmin_05

◆炊き込みごはんマクルーバMakloubaはひっくり返す、という意味)

 《材料》 4人分

 鶏肉 もも肉2枚  カリフラワー 1個(または、ジャガイモ 3~4個)

 ナス 6本      米 4カップ    塩 小さじ1  黒コショウ 1グラム

 シナモンパウダー 2分の1グラム  (分量外:フライ用オイル)

 《作り方》

 鶏肉をひと口大に切り、塩、スパイスを入れたお湯でボイル。ゆであがったら鶏肉と

 スープに分ける(ここから3カップはアダス用に取り分けておく)。ナスは1センチくら

 いの輪切り。カリフラワーを使うなら軸を取って小分けにし、ジャガイモなら皮をむい

 て5ミリから10ミリくらいの輪切り。ナス、カリフラワー or ジャガイモはキツネ色にカ

 リッと揚げる。炊飯器の容器の内側にオリーブオイルを塗り、あらかじめ研いでおい

 た米を底と側面に薄く敷く。そこへ、鶏肉、ジャガイモ or カリフラワー、ナスの順番に

 敷き詰め、お米を入れる。スープを(ミルフィーユ上の側面に穴が開かないように)静

 かに入れ、普通に炊く。焚きあがったら大きなお皿にひっくり返して盛りつける。

09nanmin_08

(蛍光灯の下なので色がきれいに出なかったのだけれど、これは私の班が作ったの

です。崩れずにきれいにひっくり返りました。まるでケーキみたい。そしていい匂い!)

09nanmin_07

09nanmin_01

◆ケバブ

 《材料》 5人分

 ラム・ミンチ(冷凍) 500グラム   パセリ みじん切り 大さじ2

 タマネギ 1個    オリーブオイル 大さじ2    塩 小さじ1

 パプリカパウダー、ブラックペパー 適宜

 《作り方》

 パセリはあらかじめ細かいみじん切りにして計量しておく。タマネギもごく細かいみじ

 ん切りにする。材料をよく混ぜ合わせ、親指ほどの太さ、形にして、オーブンで15分

 焼く。

09nanmin_03

◆トマトサラダ

 《材料》 5~6人分

 トマト 大2個    ドライミント 5グラム(手で粉状に細かくしておく)

 ニンニク 2分の1かけ(ごくごく細かいみじん切り) 

 オリーブオイル 大さじ2   塩 適宜   レモン (お好みで)

 《作り方》

 トマトを4ミリ角くらいの細かいサイコロ状に切り、ニンニクもごく細かく刻む。

 トマトをボウルに入れ、そこにドライミントを手で揉んで細かな粉状にしてかける。

 そこへ水をひたひたに入れ、塩とオリーブオイルを入れて味をととのえる。

 最後にお好みでレモンを絞ってふりかけ、酸味を調整する。

そして全て出来上がったらテーブルに運んで器に盛って、いただきます!

09nanmin10

さてさて、これだけ盛りだくさんの料理を要所要所でマフムードさんにレクチャーされな

がら勝手知らない厨房で作るものだから、もうみんな大わらわ。しかも他の班は8人も

いるのに、うちの班だけ何故か3人(しかも小さい声で言うと私よりだいぶ年上と思わ

れるのにタマネギのみじん切りもできない女性と、包丁も持ったことなさそうなぼおっと

した男の子)しかいないものだからもう大変。もう炊飯器のスイッチを入れないと試食

の時間が無くなりますよ! とか急かされながら、途中ほかの班から助っ人も入って、

なんとか出来上がって最後に席に着きました。

肝心のお味はというと、どれも思ったより身体にやさしそうな自然な味でおいしかった

です。特にマクルーバ(これは野菜を揚げるのがちょっと面倒だけど)と、レンズ豆の

スープは自分でも作ってみたいと思うし、きっとやってみるでしょう。マクルーバはうち

の班はカリフワワーだったけれど、これはジャガイモのほうが断然おいしかった。

そして意外なおいしさだったのがトマトサラダ。サラダに水をジャブジャブ入れるという

のもドライミントを入れるというのも日本の感覚では??ですが、これがあっさりしてい

て、おいしいの。これは暑くて乾燥した国で食べたらなおさらおいしいでしょうね。

ただし、いいドライミントを手に入れるのは難しいかも。

この日の食材はほとんどが国分寺にあるろばやさんという自然食品のものを使ってい

るので、ほとんどがオーガニックという贅沢さ。ドライミントは確か清里ファームのもの

だったかと思うけれど、ドライミントを揉んだ手のなんといい匂いだったこと!

唯一、私が食べられなかったのがケバブ。この手のはもっとスパイシーで、しかもハン

バーグ並に捏ねないとおいしくないんじゃないかと思う。パサパサした味のしない棒状

のひき肉、ってな感じで私は駄目でした。マフムードさんによると、この日の肉は少し

水っぽ過ぎてケバブには合わなかったということ。たぶんもっとフレッシュな粗挽き肉

が必要なんでしょうね。

食事をしながら、またマフムードさんとパレスチナ難民についての話や質疑応答。

講演入れて全部で4時間以上。

あまりにも考えるところが(いろんな意味で)多すぎて、私はとても楽しかったとは言え

ないのだけれど、いろいろ勉強になりました。特にマフムードさんが『日本には差別は

ないと思っている人が多いけれど、そんなことはない。ものすごくある』と言った言葉。

川村カオリさんがハーフだということでティーンエイジャーの頃まで凄絶ないじめにあ

ったことは前にTVで見て知っていたけれど、宮沢りえさんやマフムードさんの娘さんを

例にあげて話されたことは身にこたえました。そして『身ぐるみ略奪されても教育だけ

は人から奪うことはできないから、我々には教育が必要なんだ』と言った言葉。

マフムードさんの娘さんは日本では教育が受けられないから国に帰したそうです。

そしてパレスチナ子どものキャンペーンの北林さんが言った『自分にできること』と

いう意味で、『最近は消費者が食の安全についてずいぶん考えるようになったけれど

これからはもっと視点を広げて自分が買ったものの利益がどんなことに使われるのか

まで考えて、どこで何を買うのかを選択してほしい』と言ったことですね。某ファーストフ

ードショップの世界中の店の土曜日の売り上げが、イスラエルの戦闘資金になるのだ

とか。・・・ 考えてしまいます。

私のデザイナーの友人は、たかがサンプルをひとつ作るにしても昔とは違う、それが

いらなくなったらゴミになるということを考えたら、とてもハンパな気持では作れない、

と言っていたけれど、今ははつくづくぼんやり生きてちゃいけない時代なんだなぁ、と

思います。先日のCOBOスクールでも激しく思考がめぐってしまった私ですが、またも

や頭がぐるぐるしてしまいました。

といって、結局のところ私は私にできることをやるしかないんですけど。

|

« 乳COBO88パン | トップページ | COBO生活はじめました。 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

ガザは 本当に悲しいです。イスラエルはまるで ナチの亡霊に取り憑かれたように ナチにそっくりですね。少しでも悲しみが減ることを 祈っております。某ファーストフードって何処ですか?後でこっそり 教えてください。

投稿: jose | 2009年7月26日 (日) 21:46

joseさん、オーライ。
後でメールします。
でもユダヤ人は絶対に!!ナチを許さないだろうけど、彼らもまたナチみたいなことをやってるね。
私は祈りとともにホ・オポノポノをします。

投稿: soukichi | 2009年7月29日 (水) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乳COBO88パン | トップページ | COBO生活はじめました。 »