« コンビーフのトマトソース・ペンネ | トップページ | 超ミニサイズ! »

2009年6月14日 (日)

めちゃめちゃカッコイイ!!/TERRA FIRMA

Steve_grossman_2

のっけからおバカなタイトルでごめんなさい。

これ、このCDをかけたときに私が毎度言うせりふです。

このCDもどれだけ聴いたか、というか、どれだけ聴かされたかわからない。

だからここにアップするのも今さらって感じもしないでもないけど、おバカといえば今日

ラジオからいきなり流れてきたチープ・トリックの『I WANT YOU TO WANT ME』を聞き

ながら「いやあ~、懐かしい!やっぱこのロビンの甘ったりぃー声は最高だよねん

なんて言っていたら(なんたって女子高生時代のアイドルなものですから)、いくらもか

からないうちにDJの声がカブっちゃって、フェイドアウトしちゃったもんだから欲求不満

になりまして、「えーい、ちゃんと聞いてやるぅー」とCDを探し始めたのだけれど、なぜ

かこういうときに限って見つからないんですね。

そこで代わりにかけたのがこのテラ・ファーマ!

「代わりにこれって・・・」

と息子は絶句していたけれど、それだけストレス感じたってことです。

でもって音が鳴った瞬間に私が発したのが『めちゃめちゃカッコイイ!』

世の中にはロックだけがロックだと思っている人がいるけれど、それって違うんじゃな

いの? 思うにロックって生き方の角度のことでさ、いわゆるJAZZプレイヤーだと思

われているミュージシャンの中にもロックな人はいっぱいいるよ! と、私は思う。

スティーブ・グロスマンもその1人。

このアルバムを聴くとJAZZというよりほとんどロック、ほとんどファンクなんだけれど、

中にはふしぎーな雰囲気のフュージョン(その名も『非情な女』!)なんかも入っていて

非常に多彩。ノリノリで聴いてるとあっという間に終わっちゃって、ほんとに7曲も入っ

てるの? と思わずライナーを見てしまうほど。

「このキーボードもカッコイイよね、誰?」と息子に聞いたら、すかさず「ヤン・ハマー。

ジェフ・ベックなんかともやってる人だよ」と返ってきた。なるほど。

グロスマンを聴いていると、この無頼さがほんとにいいよな、と思うのだけれど、実際

『最後の無頼派』と呼ばれているそうです。無頼、って言葉も今じゃ死語でしょうけれど

ね。なんたって草食系男子全盛の今ですから。

そういえばいつかサムタイムで、我々が座っているテーブルに来てくれた直さんに息

子は興味津々で聞いてましたっけ。

「スティーブ・グロスマンに師事されてたことがあるんですよね? グロスマンって、ど

んな人でした?」

う~~ん・・・ と考えてた寡黙な直さん、「そうだなあ・・・ ある部分ではものすごく才

能のある人だと思うけど・・・ でも、一言で言うと変人だね」

変人。変人ね。

さもありなん、て感じだけれど、竹内直さんの昔のものすごく無骨でアナーキーな音、

そして今の奔放にして圧倒的な内からの爆発力を感じさせるアウト・プレーなんかを

聴いていると、直さんだってけしてただの『いいひと』ではなかろうと、実は思っている

私なのです(多分きっと当たってます)

真夏の屋外JAZZフェスでこんなのが聴けたら場内熱狂間違いなし!

梅雨時のウェットな気分を唐揚げにしてくれる最高の1枚!

・・・ お勧めです。

STEVE GROSSMAN / TERRA FIRMA

Steve_grossman_001

|

« コンビーフのトマトソース・ペンネ | トップページ | 超ミニサイズ! »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンビーフのトマトソース・ペンネ | トップページ | 超ミニサイズ! »