« ファーストローズ | トップページ | ビーさんのマラサダ!(???) »

2009年5月17日 (日)

バラに降る雨

09duchesse_de_brabant

いつかも、これとおなじタイトルで書いたことがあるような気がします。

そう、花に嵐は桜だけの常套句ではないのです。

全てが完璧に思えた今年のバラも、蓋を開けたら突然の雨続きと急激な気温の寒

暖差、それにひどい強風で、今年はきれいに咲いてくれるだろうと思っていた粉粧楼

のつぼみもすっかりボール化してしまい、今日すべて切り落としました。

花はいつでも受難です。

上はうなだれて咲く、緑の葉っぱも鮮やかなドュセス・ドゥ・ブラバン。

下はまるで頭に寝癖をつけたやんちゃな女の子、ルイーズ・オディエ。

09louis_odier05

こちらは昨日に引き続きヘリテイジ。雨に打たれても完璧な花形。

09heritage_04

私の大好きなジェーン・オースティンも咲き始めました。

今年はこのジェーン・オースティンによく似た(親戚関係にある)イヴリンの完璧な姿は

まだ撮れていません。私がベランダに出ていく頃にはすっかり咲き進んで花形が乱れ

ているか、暑さや強風で萎れてしまっているかなのです。好きなバラだけに残念。

09jane_austin

クイーン・オブ・スウェーデンも次々と開花。

09queen_of_sweeden02

バラの時期は毎年、自分1人で見ているだけじゃもったいないから誰かを家に招ぼう

と思うのだけれど、そう思っている間にも次々とバラは咲き進み、結局いつも誰も招

ばないうちに終わってしまうのです。

それくらい、あっという間の5月です。

|

« ファーストローズ | トップページ | ビーさんのマラサダ!(???) »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
画像検索からたどりつき、写真の美しさと、お手入れが行き届いて健康そうなバラの咲き姿に感動しました。lovely
信州のうちの庭では、バラの開花はもう少し先。でも1番咲きは、やはりルイ14世でしたよ。

投稿: 美也子 | 2009年5月19日 (火) 09:38

すばらしい美しさですね。

見事に咲かせるための努力とか苦労とか
たくさんあるんだろうな、と想像します。

それにしても美しい!
(こういうときはうまく表現する言葉がみつからず、もどかしいです。笑)

投稿: ble | 2009年5月21日 (木) 00:13

美也子さま、
はじめまして(^-^)
ありがとうございます。
よくそんな風に言ってくださる方はいるんだけど、自分では不思議だったりします。
ブロガーにはプロの写真家の方もいっぱいいるし、バラをやっててバラもプロ並み、写真もプロ並み、なんてすごい方もいらっしゃるので。
私なんて全然・・・と思います。

信州は子供の頃に叔父が住んでて、夏休みに何度か妹と一緒に行きました。
山で虹鱒を釣ったり・・・。楽しい思い出。
いいところですよね。
それにバラ作りには東京なんかよりずっと気候的に合ってると思います。
きっと素敵なバラをお作りなんでしょうね。
私もまた覗かせていただきますね。

投稿: soukichi | 2009年5月21日 (木) 00:40

わーお、ble ちゃん、お久しぶりぃ~
(と、なんだかオ○マのお姉さんみたいですが。もう夜も遅いので。)

ble さん、いつもみんなに言ってるんだけどね、そうでもないの。
慣れちゃえばね。
要所要所を押さえとけば、そんなに神経質に毎日世話しなくてもバラはちゃんと咲いてくれる。
特にイングリッシュローズの安定感といったら、初めてバラを買った人でも最初の春から見事にカタログで見たようなバラを咲かせられる。
デヴィッド・オースティン様様です。

そして、これまたいつも言うのは、ベランダにたった1鉢でもバラがあるだけで、生活の質って変わるの。
星の王子様みたいな気分になれる。
ま、私はいい歳して夢見る夢子なんですが・・・(苦笑)

で、これを言ったのは、え~と、脚本家の誰だったかなあ?
女の人には常に花か男が必要なんですって。
男の人がいなかったら花、花がなかったら男、両方だったらベスト。
いつまでも若く魅力的でいるためには。
これってわかる気しません?
彼女のことは別段好きじゃないけど、うまいこと言うなぁと思ったの。
さて、はたしてble さんはどちら?
(聞くまでもないか・・・smile

投稿: soukichi | 2009年5月21日 (木) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファーストローズ | トップページ | ビーさんのマラサダ!(???) »