« シャルロットも満開 | トップページ | ナエマ »

2009年5月23日 (土)

しましまちゃんが咲いた♪

09perle_des_panachees

村田ばら園から我が家にきて2度目の初夏を迎えたストライプのバラ、ペルル・デ・パ

ナシェが咲き始めました。どうしても欲しくて、直接村田ばら園に電話して手に入れた

バラ。最初に電話したときには出荷できるまで育ったものがないと言われて、2年越し

できたバラ。なんで私はそんなに、しましまストライプが好きなのか???

もともと、とてもスロー・スターターのこのバラ、春先はうわっと葉っぱがいっぱい出て

きて、今年はどうなることかと期待したけれど、よく見たらブラインドが多くて少ししか

蕾をつけませんでした。咲き始めはこんな風 ↑

・・・ と思ったら、翌朝は一気に咲き進んでいて、こんなになっていました。↓

09perle_des_panachees01

散開型、というかポンポン咲きというか。

花径はまだ小さい。本来はもう少し中輪のバラじゃないかと思うけれど・・・

イングリッシュローズの安定感からするとオールドローズは株が熟成するまでに時間

がかかる。オールドほどではないけれど、それに似たところがあるのはフレンチ。

苗を買って翌年最初の春から完璧な咲き方をするものもあれば、まったくもって見る

も無残なものもあり。私にとってはオルソラ・スピノーラがそれで、かろうじて去年の秋

ああ、あなたはこういうバラなんですか、という花を1回だけ見せてもらったほかはこ

の春も全滅で(思い切ってゲンコツ剪定したのに!)、これを買ったのは間違いだった

かと思い出す始末。それにしても今日も風がものすごく強い。年々、自然が猛威を奮

い始めたように感じているのだけれど、そう思うのは私だけ? 激しい風に咲いたば

かりの重い頭を右に左に振られているバラたち。風がやむ一瞬を狙って、キツイ態勢

でカメラを構えているのは酔狂な私。

そう、今日ショックなことがありました。前にマダム・フィガロと言ってアップしたのはマ

ダム・フィガロじゃなくて、今季初めて咲いたソニア・リキエルさんでした。今朝、このバ

ラを見て気づいたの、スマートな株立ち、重ねが気持ち浅くてシンプルな花形、限りな

く白に近い淡いピンク。そう、あなたがマダム・フィガロでした。

09madame_figaro03

ソニア・リキエルが本来もっと強いピンクのはずなのが、あんなに淡い咲き方をした

ものだから間違えたのでした。

そして、つやっつやの女優顔、ライラック・ローズ。

09lilac_rose

風に煽られて花びらが傷んでしまったけれど、もっと咲き進むとこんな風 ↓

09lilac_rose02

09lilac_rose01

このバラの色が苦手という人がいます。その気持ちはよくわかる。

確かに春バラのときの、このバラのエネルギーはちょっと重い。

でもこのバラは秋がいいんです。もっとライトなライラックピンクで、春とはまるで違う

印象。秋風に揺れるふわふわの花びらはまるで清水翠のスキャットのごとし。

いつも書いているけれど、大人のピンクです。

そして咲き始めのときのコーラルピンクが印象的なクイーン・オブ・スウェーデン。

まるでオレンジ・シャーベット。

09queen_of_sweeden03

一気に駆け抜けたバラのシーズンもそろそろ終わりです。

もう寿命なのか、今年まったく元気がないコンスタンス・スプライ、先ほど書いたオル

ソラ・スピノーラを抜かせば、まだ咲いてないのはナエマくらいでしょうか。

もう蕾は解けかけていて、明日の朝には開きそう。

|

« シャルロットも満開 | トップページ | ナエマ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

淡い色が濃くなったり、逆だったり、咲きはじめと終りがまったく違う印象になるのは育ててる人しか知らない事でしょねconfident

去年ローズカフェで見た、今にもほどけて風にさらわれてしまいそうなゆるーく咲くバラ(名前は知りません)をとっても欲しくなったんだけど、花のボリュームから考えて狭いベランダには不向きだしなぁ。
最近ではパーフェクトに咲かないバラを育ててみたい気持ちのほうが強くて、これはよくない傾向だろうかね…?

投稿: Mariko | 2009年5月24日 (日) 09:21

やあ、マリちゃん、
去年ローズカフェで見たバラはたぶん『タモラ』だと思うよ。
いま突然思い出した(^-^)
狭いったって、うちにくらべたら全然広いし日当たりはいいし、それに絶対数が少ないじゃん。欲しいなら買えばいいのに。
それよかね、よくない傾向とは思わないけど、実際スペースに限りあるベランダで、1年かけてまともに咲かないバラを抱えるってのはどうかと思うよ。
うちのオルソラ・スピノーラときたら、蕾はたくさんつくのにひとつだってまともに咲かないし、横張性で場所はとるし、おまけにものすごい棘だらけなの。
少々、嫌になります。
鉢植えってところがすでに難しいんだけれど、オールドは非常に不安定で、今年みたいにウドンコが出ない年ならいいけど、ウドンコに弱いのが多い。樹形も気まぐれ。花もよかったり悪かったりまちまちで、よっぽど気が長いか、ルイさんみたいに難しいほど燃えるってタイプじゃないと無理だと思うなあ。
きちんと愛情さえかければ毎年素晴らしい花を見せてくれるってのがどんなにありがたいことか。
君はまだバラ歴浅いからねえ・・・

投稿: soukichi | 2009年5月28日 (木) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルロットも満開 | トップページ | ナエマ »