« ラストの1枚もらいっ! | トップページ | お掃除月間 »

2008年11月19日 (水)

冬のはじまり

0811winter_sky_01

朝起きると大気がいきなり冷たい。

本日、典型的な西高東低の冬の晴天なり。北風強し。

真っ青な空にすごい早さで形を変えながら飛んでゆく白い雲がきれいだ。

0811winter_sky_2 

外に出ると舗道は落ち葉だらけ。

風が吹くたびバサバサと雨のように葉っぱが降ってくる。

その降り方は秋の哀愁なんて通り越してもうマンガみたい。

その下をニットをいっぱい重ね着した老人がカートを押しながらよたよた歩いてくる。

77歳の父は今年の夏を越すのもキツそうだったけれど、この冬を越すのはもっとキ

ツイだろうな。夏を愛せるのも冬を愉しめるのも、若くて健康なときだけか。

この町にはトロルがいて、夜半から翌日にかけて舗道を埋めつくすほどに降り積もっ

た大量の落ち葉を、いつのまにか跡形も無くかたずけてくれる。引っ越したばかりの

頃はその仕事の鮮やかさにびっくりした。まるでマジック!

私は大量の落ち葉の上を小さなこどもと手をつないで歩くのが好きだったのだけれど。

でも最近はトロルもだいぶ寄る年波らしい。そんなマジックも見られなくなった。

小さな息子の幼稚園では毎年この頃は大量に集めた落ち葉を焚いて焼き芋をした。

大きな銀杏の樹の下で。園児たちの騒ぎ声と煙の匂い。

あるとき息子はふざけていて着替えが遅くなり、みんなに迷惑をかけたからといって

罰としてこの焼き芋行事に参加させてもらえなかった。私は小さい頃の食べ物にまつ

わるさみしい記憶ってずっと後々まで残るから、お仕置きはもっと別の形でしてくれた

らいいのになぁ、なんて思ったものだ。

町中の木々という木々から葉っぱがぜんぶ落ちて、もう掃き集めるものもなくなったら

それがほんとの冬のはじまり。

私も年老いたひとの心をほんわりあっためるようなマジックを考えなきゃ。

0811ochiba

|

« ラストの1枚もらいっ! | トップページ | お掃除月間 »

season colors」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラストの1枚もらいっ! | トップページ | お掃除月間 »