« ラビさん。 | トップページ | ジョアンに花束を »

2008年10月26日 (日)

キャンセルの日

Cloudy_day

昨日、プールで泳いでスイミングクラブを出たところで携帯を見たら、メールが2つ入

っていて、ひとつはSちゃんだった。Sちゃんのメールは短いものだったけれど、そこ

からはいま彼女が置かれた状況と心情がストレートに伝わってきて、思わず曇り空を

見上げて、目をつぶって深いため息をついた。メールには「いっぱい話したいことがあ

るの。大声で泣きたいこともあるけど、今回はキャンセルさせてください」と書いてあっ

た。それだけで充分だった。

それで今日の海行きはキャンセルになった。

でも、今日は目覚めたときから雨だったから、これでよかったのだと思う。

海にはもう2年も行ってない。私の好きな海にはもう何年行ってないだろう。

昔、Sと真冬の海に行ったことがあるけれど、あそこは波も風もとても激しくて、せっか

く2時間半もかけて行ったのに、わずか数時間しかいられなかった。あのとき撮ったポ

ラロイド写真は、今も部屋のどこかで眠ってる。これからどんどん日が短くなって寒くな

ることを思えば、今日が海に行く最後のチャンスだったかもしれないけれど・・・

今日は、雨のせいで娘が友達と行くはずだった近所の秋祭りも中止になった。

そして。夕方いつものようにJ-Waveの『サウジ・サウダーヂ』を聞いていたら聞えてき

た、ジョアン・ジルベルト来日コンサート中止のお知らせ。

ちょうど、「ついに来週だな」と思っていたところだったので、とても驚いた。

思わずやっていたことの手を休めて、すぐに一緒に行く予定だったMに電話すると、M

は私以上にショックを受けていたようだった。まだ未就学のこどもがいるからなかなか

自由ままならないMにとって、11月のジョアンのコンサートは心のよりどころだったの

だそうだ。私だって同じようなものだ。ヘンゼルとグレーテルのお伽話のなかで、ヘン

ゼルが森の中で道に迷わないように撒いた石ころにも似た、途切れながらも点在する

幸せの種を拾いながら歩いてるような日常なんだもの。

ジョアンのライヴは寒い冬に向かう前の、今年最後のビッグなイベントだったのに・・・

これが若い頃のジョアン・ジルベルトだったら「まったくドタキャンして」と思うところだけ

ど、自分の父親と同じ御歳77歳の老人と思えば、体調不良による中止も大いに考え

られるところで、文句も言えまいね。

さっきカレンダーを見て知ったのだけれど、来週は3連休だ。

キャンセルになったコンサートの代わりにムサビの芸術祭にでも行こうか。

それともYちゃんが関係しているらしい原っぱ祭りにでも?

|

« ラビさん。 | トップページ | ジョアンに花束を »

ある日のこと」カテゴリの記事

コメント

そーちゃん
e+で確認したところ、中止になったのは横浜公演のみで、東京公演は2日間とも12月に振り替えて行われるって。
うわあぁぁぁぁ…

投稿: Mariko | 2008年10月27日 (月) 08:31

マリちゃん、ほんと? ああ、よかった・・・
よかったね。
楽しみが1ヶ月伸びただけか。
何があったか知らないけれど、あたしゃ昨日は招聘元まで心配しちゃったよ。
メモリアル・グッズ付きのプレミアム・シート22000円だって完売してると思うのに、いったいどれだけの赤字になるの? 世界的な経済恐慌が起こりそうなこの時期に、って。
実際、興行がドタキャンされたことで大赤字をこうむって倒産してしまった人を知ってるだけにさ。

それにしても横浜公演のチケットを買ってた人たちはかわいそうだなぁ・・・

投稿: soukichi | 2008年10月27日 (月) 23:42

しばらく。
相変わらずいい写真を撮ってますね。
ジルベルトびっくりしたよ~~~。
でも東京公演はあるのね。
よかったこと。

最近頭が勝手に次々とアホなアイディアを浮かべてます。
これも長年の成果でしょうか?
これが上手く仕事に繋がるといいねぇ。

また。

投稿: hanta | 2008年11月 2日 (日) 18:21

一度ダメだとあきらめたのに、行けるというのは、
二度嬉しい、すごく楽しくなると思いますよ。
私にも分けてちょうだいな。

この季節になんですが、
桜見物は・・・・・・・?

寒桜です。

今日テニスしてたら、コート脇の寒桜が満開でした。
家にカメラ取りに戻って撮影してきました。

テニスの夜間照明でライトアップしてるので、
熱燗片手に、夜桜見物も(笑)

投稿: 四季歩 | 2008年11月 2日 (日) 19:58

hantaさん、
お元気そうで何より(^-^)
アホなアイディアが次々浮かぶって元気な証拠だよ!
その中のひとつでも仕事につながるといいね。
私も最近はかわいいニットを見つけるたびにハンタさんのこと思い出してるよ。

投稿: soukichi | 2008年11月 6日 (木) 23:10

四季歩さん、
どうもありがとう。
でもジョアンの場合、実際ステージに姿現すまで心配なのよ

寒桜、(というより、あれは四季桜かな)はうちの近所でも咲いてます。
でも桜はやっぱり春がいい!
圧倒的だものね。
寒桜はそれこそ詫び寂びの世界ですね・・・

私の憧れはお酒が飲めるようになって、『センセイの鞄』に出てきたみたいな
小さな飲み屋にふらっと行けるようになることかな。
どうも無理そうですけど・・・

投稿: soukichi | 2008年11月 6日 (木) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラビさん。 | トップページ | ジョアンに花束を »