« 今年最後の・・・ | トップページ | コスモス畑で »

2008年10月19日 (日)

思い出の味

Matsutake

金曜日にすごいゴージャスなものをもらっちゃった。

仕事のミーティングが終わって駒場の路地を歩いていたら、友人が「これ、あなたにあ

げる」と袋を差し出すから「なあに?」と訊いたら、「マツタケ」と言うではないか。

「この時期、毎年取引先からもらうんだけど、これすごくいいマツタケだよ」って言う。

「そんな、せっかくあなたがいただいたんだから、お家に持ってお帰りなさいな」と言う

と、「ぼく帰るのあさってだから、ホテルの冷蔵庫なんかに2日も入れておいたらせっ

かくのマツタケが駄目になっちゃうからさ、持って帰ってお子さんと食べて」

そう言うので、遠慮なくもらって帰って来た。帰りの電車の中で袋の中をチラッと見たら

『特選 松茸 高島屋』というのしが付いてる。高島屋の特選マツタケかぁ。取引先が

わざわざ医者の友人にくれるんだから、よっぽどいいマツタケなんだろうなあ。

家に帰って玄関に入るなり、「おーい、マツタケだぞ!」と言った。

まるで深夜に飲んで帰った親父が寿司折りを持って帰って来たようである。

ひゃぁ~、まつたけぇーーーー!wobbly

うちのこどもは2人ともシイタケ嫌いなのである。でもマツタケならいいわけ?

竹のかごを開けたら大きいのが2本、小さいのが1本に青いスダチが3個入っていた。

こんな立派なマツタケ、近所ではお目にかかったことがない。さすが高島屋。

百貨店の某有名器店で働いていたときには、秋になるときまって土瓶蒸しの器が店

頭に飾られた。楓や栗などの秋らしい絵が描かれた清水焼の雅な土瓶とお猪口。

とても欲しかったけれど1年に1回使うかどうかもわからない高価な器は買えない。

今それがあれば憧れのマツタケの土瓶蒸しを作るところなんだけれど ・・・

自分たちだけで食べるのもなんだかもったいないので父をよんだ。

電話したのがもう午後遅かったので父は最初面倒くさそうにしていたけれど、せっかく

だからとやってきた。

マツタケは切る前に香り立ちが良くなるように軽く火であぶり、あんまり薄く切ると食感

が無くなるというので豪勢に分厚く裂いて準備したお米の上にのせた。ご飯が炊ける

ときのマツタケのいい匂い!

残り1本はせっかくスダチもついていたので、シンプルにあぶり焼きしたのを同様に厚

めに切って、半分に割ったスダチとともに焼き締めの四方皿にのせた。

マツタケごはんと焼きマツタケ、どちらも、これぞマツタケ、という味だった。

マツタケごはんを食べながら、父が「マツタケは思い出に残る味だよね」と言った。

がーん、思い出に残る味かぁ ・・・。確かに思い出になるくらいの頻度でしか食べたこ

とないよなあ。私のなかで思い出になっている味というと、マツタケでしょ、伊勢海老で

しょ、ふぐ刺しでしょ、北海道で食べた激うまウニ・いくら丼でしょ ・・・

くーっ、まったくもって庶民だなあ!

「今の会社がなんとかなったら、マツタケくらい、お母さんがバンバン買ってあげます」

と豪語したら、「でもマツタケも毎日食べてたら飽きるんじゃないかなぁ・・・」と下の娘

がおっとりと言う。毎日って・・・。「いくらなんでも毎日じゃありません!」

これじゃまるでサザエさん一家だ。やれやれ。

そんなわけで、ものすごく久しぶりにマツタケを食べた。

たいそう美味しゅうございました。

料理した写真はない。だってすぐに食べちゃったんだもんね。

|

« 今年最後の・・・ | トップページ | コスモス畑で »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

おお!マツタケ。
何年も食べてないなぁ。
味も香りも忘れたくらいだ。
豪勢に食べられて良かったね!

投稿: hanta | 2008年10月21日 (火) 20:53

hanta さま、
うん。おいしかった。
でもマツタケなくても生きていける。
もっと安くておいしいものもいっぱいあるし。
こういうものはたまーにちょっと食べるから価値があるんだよね。

私は炭火であぶったシイタケにお醤油ジュッとかけて食べるのでも充分。
焼きタケノコもいいなあ。
う~む、食欲の秋ですなぁ・・・

ハンタさんちには素敵なバーベキュー・セットがあるからいいねえ。

投稿: soukichi | 2008年10月22日 (水) 00:35

なんとまあ、豪勢な(笑)

昨夜出張で岩手県のホテルに泊まったら、その辺で有名な産地があるらしく、
○○産のマツタケ!!というチラシが置いてあった。
何万円、なんてものだから、チラシを見ただけでした(笑)

食べたいなあ・・・・・・
食べに行っちゃおうかな(笑)

マツタケで拾い物をしたのは、
3年前かな、琵琶湖のほとりにある湖東三山に紅葉を見に行ったら、
地元のおばあさんが、今日で店じまいだからと、
びっくりするような安い値段で売ってくれて、
ほくほくしながら飛んで帰ってきたことがありますよ。

そんときは「いい男は得だな・・・・・」なんて思いながら帰ってきたが、
家で鏡を見て、「そんなわけないねえ・・・・・・・??」
なんで・・・・??
と思ったものでしたなあ(笑)

投稿: 四季歩 | 2008年10月22日 (水) 22:06

四季歩さま、
・・・あっという間でした。
思い出に残る暇もなかったかも!(笑)

いつかTVでフィンランドの森にマツタケを探しに行く、というのをやってました。
そうしたらほんとに森の中にマツタケがいっぱいで取り放題!
フィンランドの人はマツタケを食べないんですって。
かさはちょっと開いてて、日本での価格は国産にくらべたらかなり落ちるってことでしたが、料理してしまったらお味のほうは有名料亭のものと比較してもどっちがどっちかわからなっかったくらい。
その取材は現地の新聞にも載って、ついに北欧産のマツタケ上陸か??
と思いましたが、まだ見たことありませんねぇ・・・
中国産はもはやともかく、味・品質が同程度で安いなら、北欧産でもいいのにね。

「いい男は得だな・・・・・」
って思っちゃうところが実に四季歩さんらしい??smile

投稿: soukichi | 2008年10月24日 (金) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後の・・・ | トップページ | コスモス畑で »