« ミッド・サマー・ナイト | トップページ | 2番花の季節 »

2008年6月23日 (月)

カフェ・ラグラスで

Laguras

梅雨の晴れ間が続いた先日、カフェ・ラグラスでバラ友ブロガー、ルイ

さんと会った。私が10年以上持っていて、思うように咲かせられない

まま終ったバラ、ジャック・カルチェを今年ルイさんが見事にバラ本通

りに咲かせていたので絶賛したら、「なんならさしあげましょう」とあっ

さりおっしゃるので、それなら代わりにルイさんが欲しいと言っていた

スウィート・チャリオットが2株あるからひとつさしあげましょう、というこ

とになったのだった。

カフェ・ラグラスは家から自転車で20分もかからない水道道路沿いに

あるガーデン・カフェ。まるで個人宅のような庭には、季節の花やハー

ブがとても自然な形で栽培されている。

Laguras_02

Laguras_03

Laguras_04

さてイタリアの食材、これはなんだっけ?

Laguras_05

白い、清楚な花。

Laguras_06

私のほうが少し早く着いたので庭を眺めていたらルイさん到着。

そしてめでたくバラのトレード成立。

このルイさん、ほんとに薔薇時計で生きているような方で、先日行っ

たロザリアンの聖地『草ぶえの丘』が素晴らしいからぜひ行ってくれ

と強力に勧めるのだけれど、なんと片道3時間もかかるんですって。

「バラ見るだけで3時間もかかるなんて嫌ですね。私だったら海見に

行っちゃいます。片道2時間もかからないもの」と言う私の言葉にも

ひるまず、でも行けとおっしゃる。

なら、ツアーでも組んで行きますか? 賑やかに。

ってことで、行きたい人は手をあげてくださいね。(私の気が変わらな

いうちにコメント欄に)。集団行動がとっても苦手なルイさんと私です

が、もうこの際、私が幹事を買ってでましょう。マジです。

そして大変マメでもあるルイさん、「ブログ3周年らしいのでプレゼント

があります」とくださったのがこれ ↓

Laguras_07

たしか姫草でしたっけ。山野草だそうです。挿し木をしたんですって。

バラは手はかかるけど人が思うよりずっと強くて、私と同様タフなサ

バイヴァーだからなんとかやれているけど、こういうか弱そうなのは

私はすぐに枯らしてしまいそうなんですけど・・・。はたして。

そして交換したジャック・カルチェ。

Jacques_cartier_01_2

銅のネームプレートが付いて。

Jacques_cartier_2

「ひとつ花もついているんですよ」とルイさんは言った。

それはもう終わりかけだったけれど、とても強く香った。

私のベランダでもきれいに咲いてくれるだろうか。

私は土地に縛られるのも嫌いなので家が欲しいとかいう願望もあま

りないのだけれど、小さいけれど気持ちの良い庭があって、部屋の

中から緑を眺めてお茶できる環境はいいなと思う。

ラグラスはそんなカフェです。西武新宿線の小平駅から約5分。

近くに来たらお寄りください。

Laguras_08

|

« ミッド・サマー・ナイト | トップページ | 2番花の季節 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミッド・サマー・ナイト | トップページ | 2番花の季節 »