« 知ってるつもりの猫の気持ち | トップページ | 野川の桜ふたたび① »

2008年4月15日 (火)

四月のベランダ

08spring_garden_02

私の今のベランダです。

バラはすっかり伸び放題。また今年もジャングル化してきましたcoldsweats01

毎年のことだけれど、暖かくなってからの植物の成長の早さにはほ

んとに驚かされます。クレマチスなんか、朝見たときと夕方では数セ

ンチも違っている。うっかりすると、長かったときの自分の髪みたい

にあっという間に絡まっていて、ほぐすのが大変。

バラを剪定したばかりの頃はこれにあとフレンチを2鉢増やそうなん

て思っていたのに、今となってはただの幻想となり果て、足の踏み場

もなくなったベランダに出るたび服のあちこちをバラの棘に引っ掛け

られて、ため息をつくのです。

窓の外の、遠くの桜もすっかり葉桜になりました。

代わって手前のミニチュア・ローズが色とりどりの花を咲かせるのも

もうすぐ。

08spring_garden_03

ベランダではアマリリスが2度目の花を咲かせています。

花後に茎を根元から切ったらまたいつの間にか新たな茎がにょきにょ

き生えてきて、最初と変わらぬ大きな花を咲かせました。

花はやっぱり室内より陽の光の下で見るのが美しい。

08spring_garden

母にあげたバラを実家から引き上げてきたときに、鉢に自生していた

スミレがまた今年もこんなところから顔を出しました。

08spring_garden_01

このところの雨でちょっとウドンコがついてしまったけれど、粉粧楼の

つぼみ。

今年、私のベランダで1番に咲くのは粉粧楼かドシェス・ド・ブラバン

かルイ14世かルイーズ・オディエか? はたして。

08spring_garden_04

|

« 知ってるつもりの猫の気持ち | トップページ | 野川の桜ふたたび① »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

粉粧楼 房咲きしそうですね。
我が家の粉粧楼は「一枝に一輪」って感じです。


クレマチス
支柱から出るくらい伸びたら、もう伸びなくて
良いよと
先端をピンチしてます。
花数は多少少なくなりますが
それでも結構、見ごたえが有ります。

投稿: ルイ | 2008年4月18日 (金) 16:04

ルイさん、
ほんとにルイさんの言うとおり!
ついこないだまでは全ての株が絶好調で一点の陰りもなく・・・って感じだったんですが、このところの雨で私のベランダは例年通りウドンコが蔓延してきました。やれやれ!
今年はこの粉粧楼もいい感じだなあと思っていたんだけど、さてウドンコに負けずにきれいに咲けるか?
もうバイタル頼みですねcoldsweats01

そっか。
クレマチスはそれ以上伸ばしたくなかったらピンチすればいいのね。
私はもうジャックと豆の木みたいに、どこまでも望むまま伸ばしてました。ははは・・・(力ない笑い)
お陰でフェンスが隠れる勢いなんですけど・・・

投稿: soukichi | 2008年4月19日 (土) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知ってるつもりの猫の気持ち | トップページ | 野川の桜ふたたび① »