« もうちょっとなのに・・・ | トップページ | 渡辺文男トリオ@サムタイム »

2008年4月29日 (火)

今年のいちばん!

08louis_xiv

今年いちばん最初に咲いたバラはルイ14世でした。

黒バラと呼ばれる深い赤。濃厚な香りのオールドローズ。

薔薇っていいね。』のブロガー、バラ愛好家のルイさんがそのハンド

ルネームにしたバラ。ルイさんといえば、まるで薔薇時計に合わせて

生活しているような方だけれど、今年1月にお手製のゴミ箱(実はま

だペイントしてない!)を持って来てくださったとき、帰り際に『それで

は次はバラの咲く5月頃に』と言われたきは5月なんてまだずっと先

のことのだと思っていたのに、もう5月だ。早い!

というわけで今日、ルイさんから頼まれていた『のだめカンタービレ』

のセレクトCDを作りました。

のだめカンタービレ selection ♪

Nodame_cd

収録したのは、以下4曲。

セレクトCDといっても私は曲の第2楽章だけ、なんていうセレクトは

嫌なので、全曲入っています。

1.ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第8番ハ短調 Op13.『悲愴』

  バックハウス(カーネギー・ホール・リサイタル集より。)

  これはドラマが始まってすぐのシーンで、酔っ払って自分の部屋

  のドアの前で潰れて寝ていたのをのだめに拾われて、翌朝半覚

  醒のなかで千秋がうっとり聴き惚れた曲。ゴミ溜めのような部屋

  ですごい寝癖のままピアノを弾くのだめと、美しい第2楽章のコン

  トラストが凄かった!

2.ベートーヴェン 交響曲第7番

    カルロス・クライバー指揮 ウィーンフィル・ハーモニー

  ピアノ科だった千秋が初めて指揮した、そしてラストに指揮した涙

  々のベト7。ガーシュインの曲とともに、ドラマのテーマソング。

3.モーツァルト ピアノ・ソナタ ニ長調K.576

    ミエチスラフ・ホルショフスキー

  この曲は今年のお正月にやったスペシャル・ドラマの中で、のだ

  めが初リサイタルで弾いた曲のひとつ。溌剌と弾けるようなピアノ

  の音とともに、のだめの指から真珠の珠が飛び散ってましたね。

  あれは実際には誰が弾いていたんでしょう?

  ちょっと気になるところ。

4.そしてボーナス・トラックは(笑)、同じくホルショフスキーによる

  モーァルトの幻想曲。TVで紹介されていたこの曲の最初のフ

   レーズを聴いた瞬間、私はこのピアニストの音に捉えられてしま

     ったのでした。以来クラシックにハマること数年。そのきっかけと

     なった珠玉の1曲。

いつも録り終わった後はちゃんと再生できるかどうか確認するのだけ

れど、そうして聴いていたら、息子が「これ聴いてクラシックが退屈だ

なんていう人はバカだね」と言うので、「そうだね。実にもったいないこ

とだよね」と言いました。大抵の人が退屈な音楽の授業で嫌いになっ

てしまうのだろうけど、何によらず最初の出会いは大切。でも最初の

印象が駄目でも、後になってそれを覆すような出会いと経験に恵ま

れた人は幸せだと思う。ベートーヴェンの悲愴の第1楽章がそうとう

気に入ったらしい息子はギターでコピーするのだとか。「ショパンはや

ってる人いっぱいいるから、僕はこれにする」なんて言っていたけど、

どうなりますことやら。

そんなわけで我が家は今日はクラシックDAY。

夜は息子とJAZZライブ。

|

« もうちょっとなのに・・・ | トップページ | 渡辺文男トリオ@サムタイム »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

早速「車の中」で聞いてます。

バラにクラシック・・・・・だと
フリルの付いたシャツでも着てそうな
イメージがしますね。

投稿: ルイ | 2008年5月 1日 (木) 06:47

そうきちさん、おはようございます!
薔薇とクラシック音楽とくると、部屋にはピアノがあって、大きなお庭のある家というイメージでしょうか。

クラシックって、CDで聞いていても、背筋がぞくぞくする感覚がありますね。
あの感覚が好きです。

投稿: q-harada | 2008年5月 1日 (木) 09:47

ルイさん、
クルマの中で、ですか?!
それはちょっと合わないんじゃないかな・・・coldsweats01
クラシックってすごくダイナミックレンジだから、クルマの中で聴いてもディティールまで聴き取れないと思うし、部屋の中で大音量で聴くのが1番いいと思います。
特にこのラインナップだとね。
クルマの中だったらもっと疾走感があって心がアッパーになる音楽がいいんじゃないですか?

投稿: soukichi | 2008年5月 1日 (木) 23:21

haradaさん、
クラシックっていうとフツーの人はどうしてもそういう画一的なイメージになっちゃうのかなあ?
私はそういうイメージには捉われないです。
貧乏学生のシャビィなアパートの窓から聞こえてくるアリア、なんて
ポエティックでいいじゃないですか。
なんにでも、できるだけ制限を加えないほうが面白いと思う。

そしてやっぱり音楽はCDよりライブ、生の音が1番です!
オケのあんな大音量を聴くことなんて、日常じゃ無いですもんね。

投稿: soukichi | 2008年5月 1日 (木) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうちょっとなのに・・・ | トップページ | 渡辺文男トリオ@サムタイム »