« 休日の朝のファンタジー | トップページ | うちのカフェ飯/豆腐ハンバーグと豆乳味噌汁 »

2008年2月18日 (月)

ミネストローネ

Minestrone

ちょっと前のことになるけれど、先日ブログで知り合った新しい友達

に会った。彼女はまたまたMちゃんだ。

若い女の子と会うにはお洒落なカフェでしょう、ということで、前にや

っぱり年下の女の子から教えてもらった『何を食べてもおいしい』と

評判の高円寺の某カフェに行った。私がそこに行ったのは数年前

に2回だけで、たしかにそのときは雰囲気もよくてお料理もおいしか

ったと記憶していたけれど、今回は何かが違う。まずランチ時という

時間帯のせいか近所の奥様連中が来ていて、たった4人とは思えな

いほど騒がしい。大声で喋っては少々品のない笑い声をあげて、カ

ウンターの中で料理をしている男の子はそれが不快なんだか、不機

嫌な顔で料理をしている。「日替わりランチはかなりお時間いただき

ますが」というエクスキューズ付きでやっと出てきたランチは、ワンプ

レートに鶏のつくねと温卵とレタスをちぎっただけのサラダが載ってい

て、どうしてこれにそんなに時間がかかるのかわからない。つくねは

タレのせいで一瞬おいしいと思ったけれど、つくね自体に味がついて

なくてパサパサしていて固い。それにお皿に温卵を載せて、どうやっ

てお箸で食べろというの? これなら自分で作った豆腐ハンバーグ

の方がずっとおいしいや、と思い、がっかりしたと同時に自分の料理

に自信を持った次第。お店ってなんでもそうだけれど、オープン当初

の(初心に満ち溢れた)良い感じを維持するのは難しいと思う。

そんなところからMちゃんと料理の話になって、「Mちゃんは料理は

するの?」と聞いたら、最近やっと少しするようになって、先日ミネス

トローネを作ったという。「ミネストローネなんて簡単じゃん。にんにく

のみじん切りとベーコン炒めて、切った野菜をトマト缶とブイヨンで煮

ればいいだけだもんね」と言ったら、「私にとっては難しかったです」

と言うので、「それはやらなさすぎだよ」なんて笑ったのでした。

でも東京で時間に不規則な仕事をしながら1人暮らしなんかしていた

ら、そうそう毎日料理なんかしてられないかもなぁ、と思う。主婦の私

だってときどき3食作ることに疲れて、もうミリ飯でいいとか宇宙食で

いいとか思うもんね。

Mちゃんはまだ28歳で、女の子の28歳といえば何かと悩める年頃

なんだろうなあ、と思う。仕事とか恋愛とか結婚とか。自分が本当に

したいことは何か、とか。でも、そう思ってから私にはそのリアルタイ

ムの28歳の気持ちはわからないんだよな、とも思う。その頃すでに

私はもう結婚していて1児の母だったから。強いて言えば25歳くらい

のときの感じか。私は26で結婚したけれど、少々不謹慎な言い方を

すれば、そのとき結婚しなくてもよかった。ただそのときは私はうるさ

い母親から離れて早く自由になりたかったし、6年もつきあった人と

別れたりしたら、私の20代が全く無意味になってしまうように思えた

のだ。いま思えば全然そんなことはなかったのだけれど。

Mちゃんが、「いまつきあってる人はいないんです」と言うから、「そり

ゃいいね!」とにこにこして言ったら目をまんまるくされた。だってそう

じゃないか? 本当にやりたいことがあるなら1人でいるのが1番い

いし、もし何かに迷っているなら、そんなときに誰かと知り合ったって

ただ逃げになるだけ。恋愛がもたらす感情はポジティブなものだけじ

ゃないし、時にストレスになることも、いつの間にか相手にスポイルさ

れてしまっていることもある。渦中にいるときにはなかなか認めたくな

いことではあるけれど、手放してみたらはっきりわかったし、そういう

点では今の私は実にすっきりしている。最もクリエイティブでいたいと

思ったら、1人でいるのが1番いいよ。

Mちゃんはもう少ししたら自分探しの旅に出るそうだ。インドへ。


私が先日作ったミネストローネは、いつもより野菜もベーコンも小さく

切って、キャベツを入れるかわりに豆を入れた。この日は切れていた

ので諦めたけど、いつもはパルメザンチーズをかけて。大きなお鍋に

たくさん作って2回目はショートパスタを入れたり、リゾットにしてもい

い。何かで『ミネストローネ』と引いたら、『イタリアのお母さんが作る

ヘルシーな野菜スープ』と出てきた。しあわせな朝のミネストローネ。

下はその日、帰りの電車を降りる間際にMちゃんにもらったボディ・ソ

ープ。私にとってほとんどいいことばかりのスイミングも、この時期だ

けは困ったことがあって、プールの後は異常に肌が乾燥して痒くなっ

てしまうのだ。そんなプールの後に、純粋な石鹸成分だけのこのソー

プを使ったら、なんだかずいぶん良いようです。

Thanks! Mちゃん。

Bodysoup

|

« 休日の朝のファンタジー | トップページ | うちのカフェ飯/豆腐ハンバーグと豆乳味噌汁 »

おうちごはんがいいよね!」カテゴリの記事

コメント

 『カフェに行こう』と旦那と出かけることも多くなったけど、旦那様はやっぱりおば様方が窓から見えると、「やめよう」というよ。私も平日のランチはそんな感じだとおもう。3,4人のおばちゃま方のひとりとなって嫌がられてるのかな~?気をつけなきゃです。でもカフェってあのおば様ランチ族によって支えられてるんだよな~。と思う。難しい。

投稿: angelseed | 2008年2月22日 (金) 22:41

angelさま、
難しい? そうお?
私は別に難しいとは思わないなあ。
自分のしていることを他人の目に照らして(つまり、ちょっと客観的になって)美しいか美しくないか、考えてみればいいだけじゃないかな。
ほんのちょっとのことだよ。
お喋りや笑い声の声の音量を少しコントロールするとか、そういう他人への配慮。
いい感じに年をとってるか否かというのはルックスだけのことだけじゃなくて、そういう日々のちょっとした積み重ねだと思う。
お互い無神経なオバタリアンにならないように気をつけましょう。

投稿: soukichi | 2008年2月24日 (日) 23:54

わーいhappy01

私だ~shine

ミネストローネ
見た目も味も(想像)
負けました!!!
美味しそう!!

最近は
チヂミを作りました
・・・料理か?

そうきちさんに撮られると
より、輝き。増してますねdelicious

投稿: 睦美 | 2008年2月26日 (火) 23:13

睦美ちゃん、やっほう~!
チヂミ、おいしいよね。
私は大根餅が作ってみたい。
大好きです、あれ。

私もこのミネストローネの写真はできあがりを見て、
なんて幸せ感が漂ってるんでしょ、と思いましたlovely
なんでだしょ。

投稿: soukichi | 2008年3月 1日 (土) 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日の朝のファンタジー | トップページ | うちのカフェ飯/豆腐ハンバーグと豆乳味噌汁 »