« それぞれの冬 | トップページ | クリスマス・モードのぺこた »

2007年12月 6日 (木)

新譜が届いた。

Rapture

子供の頃、世の中の人が毎日平気で普通に生きているのが(いられ

るのが)心底不思議だったけれど、死について考えて眠れなくなるよ

うなこともあったその頃の私が本気で心配していたことは、そんな自

分がいつかは発狂するんじゃないかということだった。後になって脳

生理学の本か何かを読んだら、「人間の脳というのは何重にもプロテ

クトされていて、かなりの精神的ショックやダメージを受けても簡単に

狂ったりはしないようにできている」と書いてあって、いつしかそれが

自分の持論のような、支えのようなものになってしまった。

今日、朝1から現実的な問題で精神的にひどく苛まれるようなことが

あって、その数時間が過ぎたら一気に睡魔が襲ってきた。これは私

だけのことなのか、いつか心理療法家にでも会う機会があったら聞

いてみたいと思うけれど、精神的な苦痛を感じている最中やその直

後に、異常な睡魔がやってくる。ときどき人が目の前にいても眠って

しまいそうになるほどに。小さな子供が泣きながら寝てしまう『泣き寝

入り』にも似ているけれど、これっていうのも一種の、というか明らか

な自己防衛本能なのじゃないだろうか。知っている人がいたら教えて

欲しい。昼間はなんとか耐えたものの、夕方になって耐え切れずにう

とうとしていたら玄関のチャイムが鳴って、Amazon から新譜が届い

た。箱を開けてアルバムを手に取ったら、私は本当にこれが聴きたか

ったんだという気持ちが湧いてきた。

竹内直の最新アルバム『Rapture』。

もちろん、いつだって聴きたくてCDを買うのだけれど、そのいつもの

気持ちともちょっと違う。封を切って聴き始めたら、この人の出す音

は今の自分に最もフィットする音なんだとわかった。物理的にも精神

的にもゆとりのある生活をしていて、興味の赴くまま何でもチョイス、

あるいは手に入れられる人は別として、厳しい制限のなかで現実的

なプライオリティーとは別に人が本質的に求めるものというのは、そ

の時その人に最もフィットしたものなのじゃないかと思う。音楽であれ

絵画であれ文楽であれお能であれ。ゆとりのない生活をしている私

は今やただのつきあいで何かを見たり聴いたりするということがほと

んどなくなって、人づきあいもかなり淘汰されたけれど、それが良い

ことか悪いことかは別として、私にとってはとても自然なことと思う。

表面的で意味のない会話とか相槌なんてものは無用だ。

いつか私に、「今より経済的に困ってCDが買えなくなったらどうする

?」と訊いた男の人がいたけれど、そんな質問自体私にとってはナ

ンセンスで、そんなことを考えたからって気持ちが下るだけだし、私

の考えはそうならないように努力するだけだ。ケーキが無くても生き

ていけるように、音楽が無くても生きていけるかもしれないけれど、

私は音楽を聴くことだけは何があっても手放さない。泳ぐことも私に

合っているから手放さない。おおかたのことは手放してもいいけど、

このふたつのことは手放さないでいようと思う。そのためにできるこ

とはしよう。

この間、ラジオを聴いていたらイヴァン・リンスが出てきて、「音楽を

やっている人、また音楽を志す人へ。音楽は人生の支えとなり、こ

の地球をも救えるものです。どうかこれからも音楽を続けてください。

そして音楽を聴く人へ。音楽は人に最高の喜びを与え、病を治す最

良の薬です。これからもずっと音楽を愛し続けてください」なんてこと

を言っていて、なぁ~んだ、私がいつも言ってることじゃないか、結局

私は自分と同じような人が好きなのか、と思った。

人にとって心の支えとなっているものは、意外ととっても小さなことか

もしれない、と思う。誰かが言ってくれた一言、とか、ひとつの音楽、

とか。

この『Rupture』には横浜JAZZプロムナードに行ったときに聴いた

『Eternally』も、民謡こきりこ節をJAZZアレンジしたという『Kokiriko』

も入っていて、私にとってはまさに今いちばん聴きたい音源となった。

帯に『圧倒的なパワーと包容力』とあるように、強さと優しさ、安らぎ

を感じる音であるとともに、アルバム全体を一貫して貫いているテン

ションがあって、甘くない音も気に入っている。JAZZプロで買ったア

ルバムももう何度も繰り返し聴いて、そのフレージングをそらで反芻

できるほどになってしまったけれど、きっとこのアルバムも同じように

何度も聴くことになるだろうと思う。

|

« それぞれの冬 | トップページ | クリスマス・モードのぺこた »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

僕がキレて怒鳴りつけると、たしかに子供たちはひとしきり泣いて...やがて眠ってしまいます。
soukichiさんが子供の心を保って、清らかに育ったってことでは?

あ。
なんかいつも主題に対するコメントじゃなくて申し訳ない~

投稿: みーまりぽん | 2007年12月 8日 (土) 18:17

みーまりぽんさま、

ってことは、つまり私がガキってことかな?
確かに前にも「危険なのは君のその童心(子供心)だ」なーんて言われたことがあったなあ・・・


清らか。
私が実際に清らかかどうかは別として、いつも清らかでありたいとは思ってます。
歳をとるごとに山の上のきれいな水のように澄んでいたいと・・・
時によどんじゃうときもあるんですけど。


それから、みーまりぽんさん全然です。
ここは記事を読んで感じたことならなんでも好きに書いていいとこです。過去の古い記事であろうが、記事に関係なく連想したことであっても。これからもよろしく。

投稿: soukichi | 2007年12月 9日 (日) 22:02

あ、私も、何かに追い詰められたり 困難な状況に追い込まれた時ほど、よく眠れるというか、妙な睡魔に襲われますよ。
寝ることによって現実逃避をするっつうか。(ーー;)
何年か前にウチの娘が不登校になったときなんざぁ一日20時間くらい眠ってました。
苦痛を感じるときに襲ってくる睡魔は、やっぱり苦痛を逃れる為の防衛本能なのではないかと。
私も一度専門家の意見を聞いてみたいですね。


そしてそして、さすが!そうきちさん。もはや竹内直さんのNEWアルバムを購入されたのですね~
それにしても、、、この頃の私ときたら まったく音を聞く気になれなくて、音楽絶ち?をしてもうすぐ1ヶ月もすぎようとしています。
そのうち聞きたくなるだろうからさして気にしていないけれど、これも何かの啓示なんですかねぇ???

投稿: roro | 2007年12月11日 (火) 09:39

あ、roroちゃんもやっぱりそう?
人は眠れば回復するっていうのが本能でわかってるし、DNAにも刻まれてるんでしょうねぇ。


それから、やっぱり人の意識は繋がってるね。
今日、その竹内さんのCDリリース記念ライブで新宿ピットインです。
ほんとはそういうことに関係なく昨日サムタイムに行きたかったんだけど、前日3時間しか眠ってなくて超睡眠不足で、夕方になってきたらもう眠くて眠くて、(今年の私の悪いとこで)行こうかどうしようか迷ってるうちに時間が過ぎちゃったの。
roroちゃんが今月来られなくなって残念です。
平日のサムタイムなら終電が12時2分まであって、私もあそこでラストまでダラダラしてられるのです。
君とダラダラしたかったぜ。
で、年末のカモメには行けそうもないので今夜行くことにしました。
私は新宿ピットインはあまり好きじゃないんだけど、でも1人で行くにはいいかもね。目立たなくて。
また楽しんできま~す♪


私は相変わらず音楽漬けだよ。
これもひとつの現実逃避でしょうね。
roroちゃんのも、それは何かの反動なんでしょう。
時間がくればまた音が欲しくなるんじゃないか?
そういえば秋山さん、やっとレコーディング終ったそうです。
発売までにはまだもう少し時間がかかるみたいだけど。
豪華ゲストを迎えてのアルバムだから、きっと良いんじゃないかなあ? 楽しみだね♪

投稿: soukichi | 2007年12月11日 (火) 11:41

そうきちさん、家の旦那は時々私に投げかける疑問。人は死んだらどうなるんだろう?って。子供の頃から考えるとおかしくなると言うのだけど、考えたって仕方ない。と私は言う。気が狂ってしまうほど考え込まないタイプだと思う。彼は。眠れないという人が不思議な我が家族は、やっぱり考え込むと眠くなってしまうタイプだと思います。私はなんだか眠れないな~と思うと金縛りにあうので、そのまま眠ってしまって夢だったか金縛りだったのか解らなくなってしまいます。近頃はPCをいじっていても眠っている事があります。追い込まれてるのかな~?それから昼ごはんを食べたらいつの間にか眠ってる。相変わらず馬鹿だな~と笑ってくれ!

投稿: angelseed | 2007年12月11日 (火) 17:55

angel さま、
私が気が狂いそうなくらい考えてたのは思春期より少し前の子供のときです。今は夜中にシリアスなこと考えるのもやめてる。およそ非生産的だからね。そういうことは昼間、お日様がまだ出ているときに考えるに限るよ。
あなたの旦那様の質問に、私ならかなり正確に答えられると思うけど、ブログ上ではいろいろと面倒臭いから書かない。
angel さんは霊感があるタイプだもんね。
私は直感はあるけど霊感はない。
みんなには「ある」と言われるんだけどさ。
無くていいや。気持ち悪いの嫌だから。
あ、私もお昼食べた後が1番眠いよ~
最近じゃ家の中でもユニクロのフリース着てるから、もうどこでだって(ダイニングの板の間の上だって)眠れます。野生の動物状態。
あかんね、こんなことじゃ。
私の方こそ笑ってくれ!

投稿: soukichi | 2007年12月13日 (木) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれの冬 | トップページ | クリスマス・モードのぺこた »