« 11月の薔薇② | トップページ | 田舎雑煮 »

2007年11月19日 (月)

生姜湯の夜

Shougatou

風邪がぶり返して症状が最もピークで寝ていた午前から午後のわず

か数時間の間に何度も電話が鳴って、仕事の電話かと思っていたら

妹が会社から電話していたのだった。今年は春から彼女の病気のこ

とでずいぶん振り回されたから、今度は何事かと思って電話をすると

妹は妙にテンションが高く、彼女の声が痛む頭にビシビシ響いた。

なんでも昨日の夜、父がお風呂場で倒れて救急車を呼ぶ騒ぎになっ

たのだと言う。搬送された病院で検査をしたところ脳にも心臓にも異

常がなくて事なきを得たけれど一応ご報告、と言うのだ。ただ、ある

症状から胃潰瘍か、あるいは年齢的に言って胃がんの可能性も考え

られるから、検査した方がいいと言われた、ということだった。聞いて

いるだけでその時に私にはとてもこたえて、やれやれ、よりにもよっ

てこんな時に。まいったな、と思う。よっぽど妹と私が合わないのか、

それとも家族のことっていうのはどこかで連動してしまうものなのだろ

うか。自分がいつになくひどい風邪をひいていて、移してはいけない

からすぐには行けないこと、治ったら自分が父を病院に検査に連れて

ゆくことなどを言って切った。それが水曜。

そしてやっと風邪からも立ち直って2週間ぶりでスイミングに行った日

の夜だ。3時半に帰ってその日2度目の食事を普通にして何事もな

かったのに、夕飯の後、デザートのリンゴを食べているときにそれは

突然来た。ものすごい腹痛! 息が止るかのような激痛に慌ててトイ

レでうずくまると、一気に全身から汗が噴出して、着ているものがぐっ

しょりしてしまう。それから激しい下痢・・・。トイレから出て床に倒れこ

んだときには、もう顔面真っ白だったようだ。大げさじゃなく、ほんとに

死ぬかと思った。さすがに息子も驚いて、その日は代わりにキッチン

の洗いものをしてくれた。私はお風呂で温まって早く寝たけれど、腹

痛で夜中に何度も起きて眠れないまま。結局、翌朝目覚めても腹痛

は治まらず、血便が出たときにはさすがにもうこれはいよいよ病院だ

と思う。ネットで少し調べて、子供の頃、自分が腸が弱かったことなど

思い出す。なんとか子供の朝食の支度をしてバイトに送り出し、午後

まで眠る。目覚めてやっと動けそうだったから近所の病院の救急外

来まで行ってみたけれど、あいにくその日の当直は外科の先生しか

いなくて診られないという。他の病院の名前も挙げられたけれど、他

に行く元気はなかったので、結局家で夕方まで寝ていた。

それからなんとか暮らしている。あまりの激痛だったので食べること

が怖くなってしまってこわごわしているところはあるけれど、子供の頃

の経験から腸が悪いときは油物は摂っちゃいけないと知っているから

3度の食事はなるたけ油を抜いて刺激物は摂らず、温かいものをゆっ

くり食べるようにして。結局それでなんとかなっている。何が原因だっ

たのかはわからない。今朝になって友人の医者から来たメールによ

れば、私の腹痛は風邪からきたノロウイルスじゃないかってことだっ

た。それにはラクティス(乳酸菌生成エキス)がベストだけれど、無け

れば生姜の入った葛湯もある程度は効きます、とあったから、またも

やツムラの葛湯を買って来た。

先日、数年前の日記代わりにしていた手帳をシュレッドしていて見つ

けた『空亡』(くうぼう)という言葉。いわゆる『天中殺』とほぼ同義語

なのだけれど、なんとそれによると私は去年と今年がそれに当たって

いるのだった。前回、つまり12年前の空亡年の空亡月に家庭のカタ

ストロフィーに襲われた私としては、注意のために次のことが書かれ

た記事を切り抜いて手帳に貼っていたのだと思うのだけれど、そんな

こと全然気にしていなかっただけに、ちょっと驚いた。あらためてそれ

で今年はこんなに大変だったのかと思うのと同時に、この12年間の

様々なことが一気に思い出されて、なんだかひどく感慨深かった。借

家の老朽化にによる立ち退き請求や寒い暮れの引越し、会社の経

営不振による度重なる失業や、母の病気と死、それから子供の問題

本当になんていろいろあった12年だろう。そしてあろうことか私の相

手も私と同じ空亡の持ち主なのだった。だから自分が最も辛いときに

は、やっぱり相手の安否のことを考えずにはいられない。なんて因果

なことだろう。私がいま思うのは、これが終るまでのあと2ヶ月強を、

なんとか無事に乗り越えることだ。空亡明け、子年の来年は、数字で

言えば1と同じ。流れが変わる新しい年のスタートを、気持ちよく迎え

たいと思う。

ちなみに『空亡』とは怖れるべきものではないということです。ただそ

の時期を知って、それに備えるのはいいことではないかと思う。

このサイトに、自分の空亡の割り出し方が載っています。参考まで。

|

« 11月の薔薇② | トップページ | 田舎雑煮 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事