« 人生の午後3時/バド・パウエルの思い出 | トップページ | 風に揺れる可憐 »

2007年10月28日 (日)

20年目の・・・

Andromeda_04

人を駄目にして動けなくするのは、不安や怖れ、心配などといったネ

ガティブな感情。長いこと今の生活をやる間にそういったものの手放

し方や感情のコントロールはずいぶん上手くなったと思うけれど、うま

くいかないこともある。

そういうとき私がすることは、まずハッピー・ハーブ(セントジョーンズ・

ワート)を1粒。それから身体を動かすこと。単純作業に没頭するこ

と。お陽さまを浴びること。掃除をすること。音楽に埋没すること。

今朝、また夢で目覚めた。最近、頻繁に見る夢。私の夢は色から感

触から味に至るまでとてもリアルで、目覚めた一瞬はそれが夢かどう

かさえわからないくらい。夢の中にはいつも出てくる家があって、私

は夢の中でさえその家が出てくるともうほっとするくらいになっていて

それはまるでこの世と対をなして実存するパラレル・ワールドのよう

だ。夢の中では不安が安堵にとってかわる。この1年ほど音信普通

だったSとやっと連絡がついて、普通に穏やかに会話するシーン。

目覚めて、出ないことをわかっていて携帯と自宅に電話をかけてみ

るけれど、どちらも繋がらなくなっていてよけい心配になる。

台風一過の澄み切った青空の下、干しきれないくらいの洗濯物を干

していて、ふいに気づいた。日付が変わるとき前の記事をアップした

ときには何も考えてなかったのに、今日は私の結婚記念日だ。結婚

生活が無事に続いていれば20年目の。去年の今日は、式の日に私

の控え室にいて、メイクされる私の後ろで鏡を見ながら「○○のメーク

私のふだんのメークより薄いわぁ」なんて言っていた友人と、高校の

修学旅行以来初めて一緒にする旅の地にいて人生の不思議を思っ

たものだけど、なんだ、それであの記事か ・・・。人の記憶は写真な

んかよりずっと鮮明だ。強風のなか、午後の陽射しいっぱいに翻っ

ていた白いヴェールの・・・

いま私のバックではジスモンチの切々たるピアノの調べが私の心に

静かなヴァイブレーションを送っていて、曲のタイトルは『1人の天使』

ああ、なんて素敵なんだろう ・・・

今日は天気がいいから衣替えをやってしまおう。

|

« 人生の午後3時/バド・パウエルの思い出 | トップページ | 風に揺れる可憐 »

モノローグ」カテゴリの記事

コメント

おばんです。そうきちさん!
やっと、ブログを見れました 涙

仕事の異動やらイベントやらで
心も身体もぐったりしてパソコンを
今日久々にあけました^^;

今日の夢が、やたら昔の友人出演と。
7年ぐらい音信不通の友達から
突然の電話。いつも夢に出てくる
二階建てのボロボロのアパート。

そんな夢が気になりながら
見たそうきちさんのブログ。。。
またリンクしました 笑

私も電話してみようかな・・・

投稿: 睦美 | 2007年10月29日 (月) 19:52

睦美ちゃん、お疲れ!
相変わらず忙しそうだね。
販売業はこれからが掻き入れ時だもんね。
身体に気をつけて無理しないようにしてください。

またシンクロした?
目覚めてからもはっきり憶えてる夢って気になるものよね。
しかもそれが音信不通の相手が出てきたりする夢だったりすると・・・
第六感(シックス・センス)ってヤツかな、なんてね。
電話して、音信不通だった時間が一気に解消されたらHAPPYだと思うけど。
気になったときはすぐに連絡してみるといいと思うよ。

投稿: soukichi | 2007年10月30日 (火) 22:04

お久しぶりです。いろいろバタバタでコメントできなくて・・・
そうきちさんは浮上した?

私も夢、物心がつく前から総天然色の臭覚触覚つきです。
だから子供の頃の思いでは夢だか現実か分かりません。
今でももちろんそうで、電話をとってからまってぃに「これは現実?夢?」って聞くこともあります。
ずい分大人になるまで他の人の夢に色がついてないことを知りませんでした。
だって自分は細かい半襟の刺繍の色柄まではっきり憶えていて、
あぁ、いい柄だったなあなんて起きてから思うんですもの。
そうきちさんも同じタイプらしいから一つ質問。
今まで誰も私と同じと答えた人はないのだけど・・・
夢の中での視点はどこですか?
第三者的に映画かなんかを見てるみたいに自分の姿も登場人物として見えますか?
それとも現実と一緒で自分の姿は手や足などからだの一部分は見ることができるけど、
顔は見れないですか?
私は現実と一緒で自分の顔の表情なんかは見えないよ。
だから現実と全く同じものの見え方なんだけど・・・・

悪夢も多いよ。
よく叫びだして、まってぃになだめてもらいます。

たかが夢っていえないくらい夢の世界の存在の大きい私は、夢についても興味深々です。

投稿: lehto | 2007年11月 3日 (土) 01:19

lehto さま、
こちらこそご無沙汰!
どうも難聴以来、心身ともになかなか本調子にならなくてねぇ。
やらなきゃならない仕事が全然思うように進まず、歯がゆい思いをしておりました。
今週はやっとはっきりしてきたので遅れた分を取り戻すべく、部屋中資料だらけにして仕事三昧の日々。
うん。先日の夕方、突然何かが底をついた感じがして、やっと浮上しました。不思議だよね、そういうのも。突然、流れが変わったのがわかった。

さて、まず質問の答を先に言うと、私もletho さんとおんなじです。
まったく現実と変わらない視点。
子供の頃はよく、朝起きるなりタンスの引き出しを開けて(夢の中で)買ってもらった洋服を探し始めたりしました。
先日見た夢の中では、なんかすごーく美味しいものを食べたよ。日本じゃないどこかの国で。あれはイタリアかなあ~。食べたのは濃厚なチーズの味のする焼きたてのパン。また食べたし。

私がこの暮らしになって最初に困ったのは、夜中に悪夢に目覚めてしまったときです。
最近はそれはないからいいけど・・・

私も夢のメカニズムには興味あるなあ・・・

投稿: soukichi | 2007年11月 3日 (土) 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生の午後3時/バド・パウエルの思い出 | トップページ | 風に揺れる可憐 »