« 新しい月 | トップページ | 秋のティーローズ »

2007年10月 2日 (火)

依存症

Louis14_02

急に只 寝息が欲しくなって冷凍庫にキーを隠したのです

夢の隙に現を殺し 闘う不条理なレッグカフ

・・・ 今朝の二時


シャーベッツのロゴが溶けている黄色い車の名は『    』

明け立ての夜を強要る品川埠頭に似合うのです

・・・ 今朝の五時

あたしが此のまま海に沈んでも何一つ汚されることはないでしょう

其れすら知りながらあなたの相槌だけ望んでいるあたしは

病気なのでしょう


甲州街道からの渋滞が激化して日本の朝を見ました

覚醒を要する今日と云う厳しい矛盾に惑うのです

・・・ つい先も

どれ程 若さの上でまるで雲切れの笑顔を並べど変わりませぬ

孤独を知る毎に あなたの相槌だけ望んでいるあたしは

あなたの其の瞳が頷く瞬間に初めて生命の音を聴くのです

天鵞絨の海にも仕方のないことしか無かったら 

あたしはどう致しましょう


翻弄されているということは 状態として美しいでしょうか

いいえ 綺麗な花は枯れ醜い過程が嘲笑うのです

・・・ 何時の日も


(椎名林檎『勝訴ストリップ』より『依存症』)

****************************************************

新しい月になって志を立てたと思ったら、ひとつの言葉に捕まってし

まった。

久しぶりに聴く文学的なその響き。

どこまでも言葉フェチときてるのだから始末に悪い。

もともと、およそ堅固なものより危ういものに惹かれるこの性格。

それこそが人生の間違いなんだからと思うものの・・・

直感はとっくに危機察知能力を働かせているのに、未知の扉をみつ

けてしまったら開けずにいられない。好奇心は止められない。

人の心ってやつは、なんて面倒で厄介なんだろう・・・・

それで聴こえてきたのが椎名林檎の歌だ。

彼女の歌の魅力はその歌詞のオールド・ファッション的文学趣味に尽

きる。かつて血なまぐさい伝説の数々を生んだ新宿ゴールデン街あ

たりにたむろす文人たちがいかにも好みそうな・・・

彼女の歌って痛くて、その痛さが快感だったのに、芝居になったら白

けちゃう。

私の好きな御宿の海にも仕方のないことしかなかったら、あたしはど

う致しましょう。

|

« 新しい月 | トップページ | 秋のティーローズ »

モノローグ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
体調悪かったようですが、もう大丈夫?
夏の身体から秋に慣れるのには、繊細な貴女には負担が
少し重いのかもね。そのてん私は丈夫にできているみたい。
音楽や美術鑑賞が特に恋しくなるのは、この季節の持つ
魔法の力でしょうか。
ちょっとした心に響く言葉や文字の綴りで、感傷が高まり
生きているってことが、素晴らしく思えてきて。・・・・秋ね。
今度の東京行き、季節も丁度いいからローズ・カフエさん
によってきますね。

投稿: みちこ | 2007年10月 3日 (水) 07:09

みちこさん、
おはようございます。
季節的なことより、今年は春から娘の受験や息子の進路のことがあって大変だったのと、息子が全日制の学校に行かなくなったことで
毎日ひとつ屋根の下にいることになって、私は3食の食事の支度から始まり、思うように仕事ができなくなったストレスのほうが大きかったなあ・・・
最も扱いづらいハイティーンの子供と一緒にいるのはストレスです。あと、これは仕方がないけれど、彼の弾くエレキギターの音ね。
これはキッツイ。
昨日も仕事道具持ってどこかにエスケイプしようかと思いましたよ。
今日はこれから私が難聴になった引き金であるストレスの原因を
片づけに行きます。
う~、お役所は苦手です。

東京にいらっしゃるのは来週でしたよね?
私もいまのところ全ての土曜日に予定が入ってしまいそうで、スイミングにも行けそうになくて、どうしようかと思っています。
おつきあいできなくて悪いけれど、ローズカフェ、今度はたくさんバラが咲いているといいですね(^-^)

投稿: soukichi | 2007年10月 3日 (水) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい月 | トップページ | 秋のティーローズ »