« みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく | トップページ | 雨よ、降れ! »

2007年7月 1日 (日)

2番花の季節②

07duchesse_de_brabant_11

バラを愛するブロガーさんのお庭では、どこもきっと今頃は2番花で賑

やかだろうと思う。私のベランダも1番花のときほど花数は多くないけ

れど、今年2回目の旬を迎えた。上は、本当にいつも咲いているとい

う感じのドュシェス・ドゥ・ブラバン。1番花が1年で最も充実した花だ

と言われているけれど、2番花には2番花のまた違った趣があってい

いし、逆に1番花の頃にはうどん粉病などでいまひとつだったバラが

耐性をつけて良くなったりして、バラの楽しみは尽きない。

下は、淡く、透き通りそうなピンクのヘリテイジ。

07heritage_24

07heritage_23

ヘリテイジの右に見える黄色の蕾はシャルロットで、左の大きなピン

クの蕾はライラック・ローズ。

07heritage_22

ヘリテイジとは姉妹のような白のローズマリー。

07rose_m07

金色のしべが美しい。

07rose_m06_3   

シャルロットも次々に咲き続けている。

07charlotte_04

ライラックローズ、シングルと房咲き。

07lilac_rose_11

07lilac_rose_12

昨日、近所の友人のところにバラを届けに行ったら、いま1番かわい

いのはグラミス・キャッスルだと言っていた。私が駄目になりそうなの

を復活させた、とっても小さくてかよわいグラミス。イングリッシュロー

ズで最高の白バラ。

07gramis_castle_03

07gramis_castle_04_1

その友人に相変わらずアブラムシに悩まされいると言ったら一言、

「多すぎるのよ」と言われた。言われなくてもわかってるんですけど

ね。でも、ここに引っ越して来た頃は鉢こそ大中小様々だったけれ

ど、なんと40もあったのだ。それに今まで十数年バラをやっていて

こんなにアブラムシが出たのは初めてです。最近はいろいろなこと

を試しているのだけれど、その中で最も有効だったのは、噴霧器に

いつものように竹酢液を入れて、そこにショウガの擂り下ろし液を入

れて水で希釈したものを葉裏にかけたとき。これはアブラムシに効

いただけじゃなくて、葉っぱも元気になった気がする。安価で簡単。

お試しください。それからアリを見たら迷わず即座に駆除すること。

いまでもアブラムシが全然いなくなったわけではないけれど、だいぶ

良くなってきたし、てんとう虫やクサカゲロウなどの益虫も増えてきま

した。そして大好きなイヴリンももうすぐ!

07evelyn06

|

« みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく | トップページ | 雨よ、降れ! »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、おはようございます。
二番花が綺麗にさいてますね~
うちのほうは、二番花がなかなか綺麗に咲いてくれない状況です。スリップスが多くて、花びらが茶色に変色しているのが多いんです。

アブラムシ避けの、竹酢液+しょうが汁をうちでも試したいと思います!

投稿: q-harada | 2007年7月 1日 (日) 09:02

まだみなさん、2番花を楽しんでいらっしゃるのね。
うちは今週昨日までずっと雨だった。
maximaも咲き出したのに、見ないうちに雨で散らされた。
Mary Roseも開きかけの蕾が散らされそうだったから切って中に入れた。でもその一輪のMary Roseと2輪のMaximaの花びらだけで
キッチンがいい香りです。
ヘリテージやっぱり綺麗ね。
白いグラミスキャッスルもやっぱりいいわあ。
オールドローズさんたちはたくさん蕾をつけて色づいています。
お天気がよければ、数日のうちにお見せできると思うんだけど・・・
ところでお疲れ気味のようね。無理を重ねすぎると思わぬくらい堪える年頃になった私たち。
どっかで体も心もひと息入れられるといいねえ。
貴方の大好きなひまわりもそちらではぼちぼちなのでは?
どうかそうきちさんが、ひまわりみたいなbigスマイルでいられますように

投稿: lehto | 2007年7月 1日 (日) 13:29

夏のバラは花びらが傷みやすいのに
ほんとう綺麗に咲いて、見ていてホットします。
家では木が伸びて上のほうにばかり咲いて、薬剤散布も
大変です。先日はキャタツから落ちそうになり、気をつけないとと思っています。
イングリッシュローズはさすが、花姿といい色といい
品格があるものね。アプリコットがかかった大輪の
エブリン香りも素晴らしいし楽しみですね、私も来年
植えてみようと思っています。

投稿: みちこ | 2007年7月 1日 (日) 18:34

harada さん、こんばんは。
スリップスってどんなのでしたっけ?
よく花の中にいる、黒くて細くて小さいの?
あれって花を変色させるんですか?

私は今年はほんとにアブラムシで苦労しました。
やれることはずいぶんいろいろやりました。
なんだかもう疲れました。
もういっそオルトランを撒いてやろうかと思ったけれど、それだと益虫や良い菌まで無くなってしまうと思って思いとどまっています。
今年は暖冬の上に、暑くなるのが早かったから、虫のオンパレードみたいですね。
harada さんもあまりスリップスがひどいようなら、最低限の薬剤散布は仕方がないんじゃないかなあ。

しょうがパワー、ぜひ試してみてください。
自分にかかると、肌がカッと熱くなりますけど。

投稿: soukichi | 2007年7月 2日 (月) 23:49

lehto さん、
せっかく開きかけたバラたち、雨で散っちゃったなんて残念ね。
東京もついに梅雨っぽくなってきましたよ。
早くから真夏の水不足が深刻に心配される状況だったから、降った方がいいんだろうけどね。
それにこないだまで、6月の暑さとも思えない暑さだったしなあ!

どうもありがとね。
花屋には最近は1年中ひまわりが置いてあるけれど、さすがにまだ近所では見かけないかな。
元気なのよ。
毎日アホなこと言って笑ってるのよ。
確かにちょっと疲れてるけどね。
ほんとにいい歳になったわよねー
lehto さんは私より若いけどさ(^-^)

投稿: soukichi | 2007年7月 2日 (月) 23:57

みちこさま、
ほっとする、なんて言ってくださってありがとう。
今年はこの花を咲かせるのにほんとに苦労したから、そう言ってくださる方がいると嬉しいです。
この次植え替えるときには、もう最初からニームパウダーを入れて植えようと思います。
バラ自体に抗体を作るしかありません。

みちこさんの家は、もう本当に庭師さんに頼んだほうがいいくらいのプロのお仕事ですから、大変ですね。
私にはとてもあれはやれません。
2つのローズガーデンに野菜畑なんて・・・
たかが自分が愛でるためのバラにこんなに苦労するなら、売り物の野菜を作る農家の人たちの苦労はいかばかりか、と思いました。
簡単に自給自足とはいきませんね。
脚立だけじゃなくて、自転車も気をつけてくださいね!

投稿: soukichi | 2007年7月 3日 (火) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく | トップページ | 雨よ、降れ! »