« 2番花の季節 | トップページ | みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく »

2007年6月28日 (木)

梅雨の晴れ間

07carlotte05

高原の朝のように爽やかな梅雨の晴れ間の朝に、涼しげに揺れてい

るレモンイエロー。シャルロット。

07carlotte06

春先の1番花はうどん粉病で開かなかった粉粧楼も咲いた。

秋のピンクの花とは違って夏の粉粧楼は、綿のような白。

07funshourou_01

|

« 2番花の季節 | トップページ | みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

バラの苗も買うときは高いけれど、年に何度も咲けばお得な花かも
粉粧楼、名前から察すると中国ぽいような
ふんわり儚げな花びらなのね

投稿: tama.3photo | 2007年6月28日 (木) 22:41

粉粧楼って秋に咲く花と夏に咲く花では色が違うのね。
じめじめと鬱陶しい時期 他のブロ友さんちの
バラも終わり気味なのだけど
soukichiさんちのバラは次々と美しく開花していますね。

投稿: | 2007年6月29日 (金) 05:33

あるときは中国の高貴なお方の婦人、
あるときは現在の息子のパトロン・・・
これが私に見える前世だって。
私っていつの世もヤツの面倒を見る運命に
有るらしい。
そしてヤツはいつの世もイラストや
風刺画を描いていたんだって。面白いね~~。

投稿: hanta | 2007年6月29日 (金) 23:26

tama さん、
そのとおりです。
年に何度も咲いて、花によっては絶え間なく咲き続けて、枯死するか人にあげてしまうかしない限りは、それが何年も続くんですから。
食べてしまうことやすぐに飽きてしまう服を買うことにくらべたら、安いもんだと思います。
粉粧楼はおっしゃるとおり、チャイナ・ローズです。
チャイナ・ローズはどちらかというとルーズな散開型のバラが多いけれど、ルイ14世、なんて魅力的な黒バラもあります。
バラの楽しみは尽きません。

投稿: soukichi | 2007年6月30日 (土) 17:02

凛さま、
もう腰は良くなられたんですか?
ごめんね。
最近なんだか私はブログ離れしていて、ほとんど誰のところにも行ってない状態でした。
書きたいことはいくらでもあるのだけれど、何かをやろうと頭で順番を考えただけで疲れを感じてしまってね。
すべては身体の代謝が落ちてるせいです。
ちなみに今週のTVはビリーちゃん旋風で、初めて私もビリーズ・ブート・キャンプというのを見たけれど、あれはふだん何も運動をしてない人がいきなりやってできるものじゃないし、続けるのは無理そうだなって思いました。ありゃ、キツイぜ。
またきっと一過性のブームで終るんだろうなと思いました。

バラはどれも春と秋ではかなり印象が違いますよ。
それがまた面白いところ。
今年はアブラムシにとても苦労しているけれど、何かしらずっと咲き続けてくれています。
腰、一度やると癖になるっていうから、くれぐれもお大事に!

投稿: soukichi | 2007年6月30日 (土) 17:18

hanta さん、
どこで見てもらったの?
前世占いは最近、私のまわりでもよく聞くよ。
私はなんて言われるのかなあ?
前世で私はいったいなんだったんだ?
これだけ自由が好きってことは、前世は独房で獄中死した囚人、
とかね(^-^)

投稿: soukichi | 2007年6月30日 (土) 17:22

ああ、有りうるね~。
うちのスタッフはいつも周りの人の面倒を見る
羽目になるのだけれど、彼女は前世で周り中の人を
振り回して面倒を見てもらっていたのだそうです。
今はそのお返しなんだって。
逆に何時でも本当に自由が好きな人で来たと言う事も
考えられるかもね。

投稿: hanta | 2007年7月 1日 (日) 00:09

hanta さま、
お金がなくても何がなくても、心は自由じゃん。
逆に心の自由さえない世界に行ったら、そこは本物の牢獄だよね。
私の前世は何なのかなあ・・・
知りたいような知りたくないような。
ちなみに私の友人はアボリジニだそうだ。
実にぴったりなんだよね。

投稿: soukichi | 2007年7月 2日 (月) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2番花の季節 | トップページ | みろりちゃんとG.H.Nineに秋山さんを聴きにゆく »