« バラと暮らす日々 | トップページ | りんごの話と唐辛子液 »

2007年6月 8日 (金)

残り物に福?

Queen_of_sweden

毎年のように作出されるバラの新品種。

去年、2006年作出のイングリッシュローズの最新品種の中で最も

人気だったのは、クイーン・オブ・スウェーデンだったようです。

素直にまっすぐ伸びてゆく性質なので狭いベランダで育てるには最

適品種、として『ベランダガーデン』のharada さんのところで何度か

アップされていたこのバラ。最新品種は通常の苗より高価なのだけ

れど、もう大苗の販売時期もラストとなって、あるHPを見ていたら値

下げ価格で売っていて、折りしも旬のローズカフェで見事なバラを見

てきたばかりだったこともあって、思わず買ってしまいました。

上は届いたときに付いていた花。

もう終りかけの花で、それほどきれいではないのだけれど、きっと花

の様子がわかるようにと切らずに発送してくれたのだと思います。

本来のクイーン・オブ・スウェーデンは、細いステムの上に淡いピンク

のディープ・カップ咲きの花を付ける、凛として清楚な感じのバラ。

2番花が咲くのが楽しみです。

そして、いつもバラをオーダーするときに、配送料のことを考えるとつ

いひと株では納まらず2株以上頼むことになってしまって、それが増

える原因でもあるのだけれど、下はクイーン・オブ・スウェーデンと一

緒にオーダーしたシャリファ・アスマ。こちらも花が付いてました。

Sharifa_asma

箱を開けたときにとても良い香りがしたのは、このバラだったよう。

とても強いフルーツ香です。現在、このバラはすでに次の蕾が上がっ

てきているので、もうじき花が見られそう。

・・・・・・ というわけで、相変わらず私のバラの日々は続くのです。

ラストに手に入れたバラ、残り物に福はあるかな?

|

« バラと暮らす日々 | トップページ | りんごの話と唐辛子液 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

今の時期、soukichiさんをはじめバラを愛する
ブロ友さんちで沢山のバラの画像を毎日楽しみに
拝見しているんだけどまだまだ凛が知らなかった品種が多いのねぇ・・
もしかしたら数ある花のでも一番品種が多いのがバラの
花なのかも知れませんね。

残り物に もうすでに福があるじゃないですか♪
こんなに素敵なクイーン・オブ・スウェーデンと
シャリファ・アスマをお家に呼べただけでも福だよ♪

投稿: 凛 | 2007年6月 9日 (土) 07:40

薔薇狂いのsoukichiさん
かわいい福が舞い降りてきましたね
いったいいくつ薔薇があるのかなあ
ベランダを開ければふわ~って部屋の中まで香りが広がるんでしょうね
我が家もミニバラたちがまた咲き始めましたよ

投稿: tama.3photo | 2007年6月 9日 (土) 10:13

えーーーっ!またニューフェイスが!
かなり病気じゃないですか?そうきち…じゃなく、「バラきち」だね(笑)シャリシャリシャリファはうちの近所のDIYで1200円で叩き売りしてたよ。教えてあげればよかったかな?

投稿: カルロス | 2007年6月 9日 (土) 22:54

えーーーっ!またニューフェイスが!
かなり病気じゃないですか?そうきち…じゃなく、「バラきち」だね(笑)シャリシャリシャリファはうちの近所のDIYで1200円で叩き売りしてたよ。教えてあげればよかったかな?フフッ(^^)

投稿: カルロス | 2007年6月 9日 (土) 22:54

ありゃりゃのりゃん!↑なぜ2回送られる?
一部ちと違うけどもね。(^^)/

投稿: カルロス | 2007年6月 9日 (土) 22:56

クイーン・オブ・スウェーデン遂にデビューですね。

お嫁に出す予定は?
その節は絶対にブログで募集せず
直接教えて下さい。

投稿: ルイ | 2007年6月10日 (日) 03:37

おひさしぶりっこです。
次々と咲いてますねえ。
それも好みが似てるから、どれをみてもいいなあ、いいなあ・・の連発です。
Gueen of Sweedenも気になってたのよ。
今年は6月になって好天の高温続きでね、薔薇の成長が目に見えて早いよ。
もうオールドローズはたくさん蕾をつけてる。
例年夏至の頃に咲くピンピーネフォリアももう咲き出した。
温暖化は怖いけど、薔薇に関してだけは嬉しいかも・・。

投稿: lehto | 2007年6月10日 (日) 08:50

凛さま、
そうですね(^-^)
でも先日友達が言っていたんだけど、バラを実際に育ててみると、
ずっと一緒に暮らしていけるのとそうじゃないのがあるって。たとえカタログでいいと思ってもね。
彼女はバラを始めてまだ1年なんだけど、もうそんなことがわかったのかって思いました。
ほんとにそういうのがあるんですよね。
これはなんて説明したらいいかわからないけれど。

バラは歴史がとても古くて、しかも今に至るまでこれだけたくさんの品種ができてきたってことは、それだけ人に寵愛されてきたからだろうと思います。
たぶん他の花にはない、バラだけが持つ魅力があるからだと思う。

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:37

tama さん、
ほんとにいったいいくつあるんでしょうね?
数えたことないんです。(笑)
香りのいいバラが1輪咲いてるだけで、その香りは部屋まで入ってきます。それはほんとにいい気分です。
自然の色の力ってほんとにすごいですよね。
花の色から元気をもらってます。

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:43

今さら何をおっしゃるカルロスさん。です。
私はとうに人が認めるバラきちです。
毎日飽きもせず(本当はうんざりしてるけど)バラに付いたアブラムシを取ってると、自分は妄執病じゃないかと思うよ。
仕事を間違えました。

カルロスさんの家の近くまで往復する交通費を考えたら、このバラもそれと同じくらいの格安で買ったと思うな。
スタンダード仕立てみたいな特別なバラは別として、私はバラ苗に3000円以上出したことはないし。

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:50

ルイさま、
気が早いですね(^-^)
まだ来たばかりなのに。

それにこれは出さないと思うなあ。
これからはベランダで育てるのは、ポット植え向きのコンパクトなバラのみにすることにしました。
花がきれいでも香りがないバラはやらない。
そう決めるだけでずいぶん淘汰されて、もうイタズラに心迷うこともなさそうです。

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:55

lehto さん、やっほう!
こちらこそご無沙汰です。
なんだかこのところ仕事でPC漬けだったりプライベートでいろいろ心配なことがあったりして、自分の記事のアップがやっとで、みんなのところに行けない日々でした。ごめんね。

そう。好みが似てるもんね。
近くに住んでたらとよく思うよ。
気温が高いせいで確かにバラの生育は良いのだけれど、でもその分、今年は虫もすごいです。
少々うんざりしてます。
lehto さんの庭もこれから次々とバラが開花するのが楽しみだね!

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラと暮らす日々 | トップページ | りんごの話と唐辛子液 »