« 海岸美術館に行ってきた | トップページ | 6月は »

2007年6月 1日 (金)

海を見ていた午後

Chikura_no_umi_11

子供の頃から海が好きだ。

気持ちよく晴れた日にはいつだって海に行きたいと思う。

昔から通い慣れた懐かしい駅を降りて歩くこと数分、視界の果てに海

が広がったと思った瞬間、私は肩から重い荷物をおろしたような気持

ちになる。私の帰るべきところはここなんじゃないかとさえ思うくらい

だ。昔から海の近くに住むのが夢だった。でも、いざ海のある町に行

くと、そこはたいてい寂れて閑散としていて、町育ちの私が本当にこ

んなところで暮らせるかとも毎回思う。結局は街で暮らして週末を海

辺のウィークエンド・ハウスで過ごす、なんて、きわめて東京人的で

贅沢なところに考えが落ち着いてしまう。かといって海では何も贅沢

なことはしない。ただ半日ビーチに座って、海を眺めているだけだ。

海岸美術館を出た後、「海岸美術館に来たからには次に行くのは海

でしょう」などと言いつつ、受付の女の子に房総半島の地図をもらっ

て海に向かった。途中、舗装された車道を下ってゆくと桑の木がたく

さん生えているところがあって、完熟して黒くなった実をなんのためら

いもなくもいではバクバク食べるhanta さん。少々道に迷いつつ歩くこ

と40分余り。いささか疲れたところにやっと海が見えた。

これが千倉の海です。

Chikura_no_umi_01

この時期はビーチにも観光客は少なくて、いるのは地元のサーファー

ばかり。ここは内房なので外房ほど波は高くなく、こんな子供のサー

ファーもいる。こんな小さいときから週末ごとに波に乗ってたら、大人

になる頃にはかなりうまくなってるだろうなあ。

少年よ、私は君が羨ましい。

Chikura_no_umi_10

小さい波が来るだけだから、その波に乗るのはそれほど難しそうに

は見えないし、たとえばハワイのハナレイ・ベイなんかでサーフィンし

ているような人から見たら、ここはお子ちゃま向けの海なんじゃない

かと思うのだけれど、実際は波に乗るのはそれほど簡単ではないら

しい。彼らが飽きもせず何度も沖に向かってウミガメの子供みたいに

パドリングしてゆき、海にぷかぷか浮かんで波待ち、そして波に乗っ

たと思った途端にクラッシュ、というのを繰り返しているのを、こちらも

飽きずに眺めているうち、前日の睡眠不足と今日の疲れもあいまっ

てなんだか眠くなってきた。視界に広がるブルー、それに心地よい風

を受けながら波の音を聞いていると、まるで脳内マッサージをされて

いるみたいに気持ちよくなってくる。もうこのままここで寝てしまいた

い、と思った。それではしばしここで海モード。

Chikura_no_umi_08

Chikura_no_umi_04

Chikura_no_umi_05

Chikura_no_umi_06

Chikura_no_umi

Chikura_no_umi_07

Chikura_no_umi_03

Chikura_no_umi_12

海はいつまで眺めていても飽きない。見ているそばから刻々と色が

変わってゆくし、ひとつとして同じ波はないから。

海を眺めているうち2人ともすっかり無口になってぼぉっとしてしまい

気がついたらもう4時半だった。「日が長くなってよかったね」なんて

言うhanta さんだ。日が長くなったって、1日24時間なのは変わらな

いんだぜ。1人で行動しているときにはしっかりしているのに、誰かと

一緒だとすっかり人まかせになってしまうのは実に私と同じらしい。

帰りに海の真ん前にあるカフェでお茶をした。なんて素敵なロケーシ

ョンなんだろう。ガラス張りのエントランスの向こうに海が白い波を立

てているのが見えるだろうか。

Seaside_cafe

なかなかセンスの良い店です。

Seaside_cafe_01

房総いちごのパフェ! エクセレント! 大のいちご好きの私。

生クリームがそんなに甘くなくて、すごくおいしかった。

Seaside_cafe_02

カフェを出て千倉の駅まで歩く途中に、海辺の生活を満喫していると

思われる若いファミリーに出会った。とってもナチュラルに生きてる感

じが伝わってきて、心底羨ましかった。人はよく老後の夢について語

ったりするけれど、夢の照準は若いときにこそ当てるべきなんじゃな

いかと、今になって思う。東京まで電車に揺られることまた4時間あ

まり。この次は安房白浜にも行こう。

|

« 海岸美術館に行ってきた | トップページ | 6月は »

フォト日記」カテゴリの記事

コメント

hantaさんとご一緒だったのね♪
凛が学生時代の4年間を過ごした相手は
サーファーだったので家の煩かった凛は
そりゃ~苦労して(ゼミの合宿とか女友達と
海に行くとかってウソをついて)海に付いていったものです・・
日本の海はショボイようでも実際に海に出て
波に乗れるまでは結構大変みたいよ。
凛は浜辺で日がな一日日焼けを楽しみながら
海を眺めていたっけ♪今でも海を見るとその当時に
あっという間にワープしちゃいます。
イチゴのパフェ、とっても洒落た盛り付けね♪
>夢の照準は若いときにこそ当てるべきなんじゃないかと・・
凛も同感です。

投稿: | 2007年6月 2日 (土) 05:59

6月にはいりましたね。
田植えもほとんど終わり、家の田園風景もがらりと初夏のいろどりです。
少し肌寒いような、さわやかなブルーの海に
あのぎらぎらとした、情熱的な海ではなく
まだ春のなごりを感じるような美しい映像です。
このイチゴパフェで現実にもどりました。美味しそうですね、量もすごいし、これだけでおなかがいっぱいになりそうだ。

投稿: みちこ | 2007年6月 2日 (土) 21:27

写真素敵!
これを見ていると一週間前なのに、懐かしくて、
この海の青さにグッと来ちゃう。
それほどあの海が、居心地が良かったということかも。
2枚目の鳥は鳩よね?すごく素敵~。
桑の実を取って食べたの今の今まで忘れていた。
soukichiさん「食べるの~~~?」なんて驚いて
いたね。蚕でなくても食べて良いのよ。
ましてあんなに立派な桑の実は鎌倉ではお目にかかったことが無い。

妹さんの手術、そんなに簡単に出来ちゃうのね。
ちょっと安心しました。
昨日勉強した所を、DVDにして明日送ります。
ちょっとはお役に立てるかな?と思ったので
ダビングしてもらいました。


投稿: hanta | 2007年6月 3日 (日) 23:38

凛さま、
海ですごした凛さんのその4年間は素敵な思い出ね。
まるでユーミンの歌みたいです(^-^)
でも凛さんはいつも見てるだけ?
自分ではやってみたいと思わなかった?
実は私は何を隠そう、サーファーおやじを狙ってたのだ。サーファーおやじと結婚すれば、必然的に海の近くに住めるじゃないですか。
で、今回も海を眺めながら考えた。
もし私も(サーフィンを)やらなきゃならないことになったらやるかな?って。で、多分チャレンジだけはするだろうな、ってね。
そのためにも今のうちに泳力をつけとこうとか。
実にアホらしい妄想でありんす♪

若いことが全てじゃないけど、若くなきゃできない、若くなきゃ楽しめないことがあると思うのです。
あたしはいい歳になりすぎましただ。

投稿: soukichi | 2007年6月 5日 (火) 00:29

みちこさま、
初夏の頃っていちばん夏への期待が膨らむときじゃないですか?
去年の今頃を思い出します。
私の期待は見事に裏切られたけど(^-^)

みちこさんのおっしゃるとおり、ほんとにこのいちごパフェでお腹いっぱいになりました!
帰りにこれを食べといたお陰で、帰りの4時間なんとかお腹がもったようなもの。
朝6時台に家を出て、家に帰り着いたのはもう10時半でしたから。

投稿: soukichi | 2007年6月 5日 (火) 00:41

hanta さま、
海、気持ちよかったね。
ほんと帰りたくないくらいでした。
また行こう。
桑の実は子供の頃、学校から蚕をもらって飼わされて、蚕のエサ用の桑の実を取りに行った思い出のせいで、私の頭の中では桑の実=蚕、と直結なのです。
蚕の色と形と触感までありありと思い出してしまった。人の記憶というのはすごい。

DVD、なんだかわからないけれど、どうもありがとう。お手数かけて。
例のお薬はさらに調べていったらいくつか禁忌事項があって、妹はそれにひっかかる可能性があるのでもう少し検討が必要みたいです。

投稿: soukichi | 2007年6月 5日 (火) 01:21

うわ~!この苺パフェ豪華だニャン!!パフェは一人では食べきれないので、あまり頼まないけど、苺パフェは別です。特にこんなに苺いっぱいだと、頼んじゃいますよ。
 海は、直ぐそこにあるんだけどなかなか行かないな~。海が好きでこの町に嫁に来たんだけどな~。

投稿: angelseed | 2007年6月 5日 (火) 23:47

angel さま、
え、そうなの?
彼が好きで、じゃなくて?
はは、もちろんその両方よね(^-^)
毎日海辺で暮らしてると、灯台下暗しになるのかな?
私なんか仕事にならないかもね。

angel さんもいちご好きでしたね。
このいちごパフェ、めっちゃおいしかったよ~♪
メニューには『季節のパフェ』と書いてあって、季節的にはもうマンゴーだったようなのだけど、訊いたらぎりぎりあったのでオーダーしました。至福のいちごパフェ。これで600円は安いよね。
コージー・コーナーで食べたらもっと小さくて850円はします。
私も滅多に食べないけど、無性に食べたくなるときってない?
私はハーゲンダッツ・カフェがお気に入りです♪

投稿: soukichi | 2007年6月 8日 (金) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海岸美術館に行ってきた | トップページ | 6月は »