« 生さんからの葉書② | トップページ | バラと暮らす日々 »

2007年6月 6日 (水)

アンドレ・ルノートルとハニー・キャラメル

Andre_lenotre_01

人生には間違いがつきものだけど、間違い多き我が人生だと思う。

今日のこのエントリの場合、何が間違いなのかというと、バラの咲い

てない時期に次々とナーセリーから送られてくる魅力的なバラの写

真の誘惑に負けて、ついうっかり我が身のベランダ事情のことも顧

みずに買ってしまうことにあるのだけれど、去年の冬に京成ローズか

らこのふたつのバラを買った時の記事を覚えてらっしゃる方もいるか

も。その記事を見ると、その時点から自分の狭いベランダでは持て余

すかもしれないと書いているのだから、もう、しょうがない。

・・・ というわけで、このところ何やら忙しくてバラの写真の整理がで

きないままになっていたので少し前の写真になるけれども、アンドレ・

ルノートルとハニー・キャラメルが咲きました。

上がアンドレ・ルノートル。かなりの大輪です。このバラはアプリコット

ピンクの花色と、数々の賞を受賞したという香りに期待して買ったの

だけれど、期待したとおりの素晴らしい香りでした。ある朝、ベランダ

の窓を少し開けていて、食卓で何やらすごく良い香りがするのでベラ

ンダに出てみたら、このバラが一輪咲いているだけだった。

いまは下のような房咲きで美しく咲いています。年々、株が充実する

ごとに、まだまだ変わってゆきそうなバラ。ちなみに京成ローズから

のこのバラの詳細を載せておきます。

****************************************************

系統:四季咲き大輪系 アンティークタッチのハイブリッド・ティー

作出国:フランス メイアン社 2001年

花色 淡杏色 花形:剣弁ロゼット咲き 花径 12cm

樹高:1.2m 樹形:直立性  香り:強香

やわらかい杏色の大輪花を次々に咲かせる芳香の素晴らしいグラン

ディフローラタイプ。花名は17世紀につくられたベルサイユ宮殿のフ

ランス式庭園の設計者に由来します。2000年ローマ国際コンクー

ル金賞受賞、2000年イタリア・モンツァ国際コンクール銀賞および

芳香賞他2賞受賞、2000年マドリード国際コンクール芳香賞他1賞

受賞、2000年ジュネーブ国際コンクール芳香賞受賞、2000年ベ

ルギーコルトライク国際コンクール金賞受賞

Andre_lenotre_02_1

そして、こちらはハニー・キャラメル。

どこかグラハム・トーマスを思わせる、深くて鮮やかな黄色。

花の形はクラシカルで、開くごとに印象が変わり、花弁数の多さに驚

く。このバラも非常に多花性で、いまは1本の枝の先にたくさん蕾を

付けています。同様にナーセリーからの詳細を以下に載せます。

Honeycaramel02

Honeycaramel

Honeycaramel03

系統:四季咲き中輪系 アンティークタッチのフロリバンダ

作出国:オランダ インタープランツ社 2006年

花色:キャラメル色 花形: 丸弁ディープカップ咲 花径: 5~6cm

樹高: 1.6~1.7m 樹形: 半直立性 香り:微香

こくのあるキャラメル色とディープカップの花形が、大変個性的かつ魅

力的な品種。カップ咲きの中は、小さな花弁がぎっしりつまっていま

す。伸長力がある高性種です。まるでキャラメルの甘い味と匂いが漂

ってきそうな色合いと可愛らしい風情で庭の中に1本はほしい品種。

Honeycaramel01jpg

さて、なぜ詳細を載せたかというと、どちらも強健で素敵なバラなれど

我が家の狭いベランダにはちょっと不向きで窮屈でかわいそうな感じ

なのです。なので、欲しい方がいらっしゃったらお譲りしたいと思いま

す。ただし、ハニー・キャラメルが10号鉢、アンドレ・ルノートルはもっ

と大きい鉢に入っている都合上、お送りすることは無理なので、クル

マで取りに来てくださる方に限ります。植物はどんなに大事にしてい

ても枯れるときは枯れるものだと経験的に思うので、もらったものを枯

らしてはいけない、などというご心配は無用です。私としてはカルロス

さんかtama さんあたりににもらっていただけるとありがたいのだけれ

ど、いかがでしょう? もちろん無理は言えないので、他にも欲しい方

がいらっしゃったら、右下『メールを送信する』より、メールでご連絡く

ださい。よろしく♪

|

« 生さんからの葉書② | トップページ | バラと暮らす日々 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

あらら、まだまだ出てきますね!
アンドレとハニーちゃん、いい香りがこっちまで漂ってきそうなバラ(^^)
アンドレってピエールとそっくりだね。大きな花っていうところもね。
・・・で、これ手放してもいいの?しかも僕に?
そりゃ嬉しいお言葉です。でもそれは僕にとってはかなりの重圧です(^^:)25メートルのプールを満たした水よりも重い感じだ。
とっても責任を感じてしまって気後れしてしまいますがな(* ̄▽ ̄)o
そうきちさんの、その気持ちだけありがたく受け取りますよ。

投稿: カルロス | 2007年6月 7日 (木) 22:52

ありゃ、カルちゃん。
いつになく神妙で、妙に大げさだね。
あなた様の広くて日当たりのいいベランダにはちょうどいいと思ったんだけどなあー
でも了解。
つまりカルちゃんはあくまでバーチャルがお好きってことよね。

投稿: soukichi | 2007年6月 8日 (金) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生さんからの葉書② | トップページ | バラと暮らす日々 »