« アンドレ・ルノートルとハニー・キャラメル | トップページ | 残り物に福? »

2007年6月 7日 (木)

バラと暮らす日々

Lovery_more_02

先日ラジオを聴いていたら、某有名ビューティー・アドバイザーの女性

が、「ありきたりの平凡な日常のちょっとしたことにしあわせを感じら

れる人は日々に美しい」と言っていた。本当にそう思う。

スーパーで忙しくレジを打っていても、いつも楽しげで美しい笑顔の

人がいる。でもそんな人はいまやとても稀で、ちょっと買い物に外へ

でかけても、電車に乗っても、何がそんなに不愉快なんですかと訊き

たくなるような不機嫌な顔をした人が多いのに心底げんなりする。だ

からなるべく人の顔は見ないで、窓の外の景色を見ている。流れる

景色をぼんやり見ているうちに、そこはいつの間にか幻想の箱にな

る。時折り言葉が降ってくる。

ベランダではラブリー・モアが咲いた。白い花びらにピンクの覆輪が

入る愛らしい花。下の明るい瞳の薔薇いろさんはなんだったっけか

な。ミニもいっぱいありずぎるとなんだかわからなくなってくる。けっこ

ういい加減な私です。

Miniature_rose_01jpg

見ていると吸い込まれそうな白の迷宮。

ミニとしては大輪のモンテローザ・フォエバー。

Monterosa_forever

蕾のときにこんな赤いバラうちにあったっけ、なんて思っていたのだけ

れど、開いたら上のモンテローザの赤、レッド・モンテローザでした。

Red_monterosa_forever01jpg

私が好きなのはぐるぐる・巻き巻きか、逆に一重のすっきりしたバラ

のようで。下は白のなかの白、と呼びたいようなニフェトス。

開ききって一重の姿もまた可憐。

Niphetos

|

« アンドレ・ルノートルとハニー・キャラメル | トップページ | 残り物に福? »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

我が家は私以外は皆「夜型」で
朝の子供の機嫌の悪さは・・・・凄まじいものです。

頭に来て学校に遅れても起さなかったら
何時しか自分で起きるように成りました。

バラの『好み』分かります!!

投稿: ルイ | 2007年6月 8日 (金) 06:21

ばらを育てていると、買ってきたきり花とはまた違った
愛着がありますよね。知り尽くした友達のような。
たま~に痛い目にあったりして、(^。^)
そろそろ梅雨にはいりそうですね。
紫陽花がいちだんと映える季節、湿気の多い蒸す毎日を
お気に入りのバラや花と暮らすのはほんと、癒されます。

投稿: みちこ | 2007年6月 8日 (金) 09:57

ルイさま、
わかるなあ、それ。
うちは下の子が朝の寝起きが悪くて、いつも不機嫌な顔で起きてくるので、いつか、「朝、気持ちよく挨拶もできない人間は最低だ。それに朝の気分はデリケートなんだから、自分の不機嫌な顔で人まで嫌な思いをさせるのはやめなさい」と言ったことがありましたっけ。
今は前より良くなったけど、でも基本的に朝はテンション低い子ですね。私は超夜型人間だけど、機嫌が悪いってことは日常的にあまりないなあ。人に嫌な思いをさせるのがほんとに嫌なので。

バラの好み、ルイさんのもだいたい把握したと思うな!

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:23

みちこさま、
知り尽くした友達のような、っていい喩えだな。
バラと長年連れ添ってると、ほんとにそんな感じになりますね。
たまに花屋で花を買いたい気分のときもあるけれど、あの消毒臭さと花がもたないのに嫌になってしまう。
私のベランダにもしバラがなかったら実に殺風景なベランダ、殺風景な日常だと思います。
自分の育てる花からパワーもらってます。

投稿: soukichi | 2007年6月10日 (日) 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンドレ・ルノートルとハニー・キャラメル | トップページ | 残り物に福? »