« ルイさんのふたつめのバラ | トップページ | 松田幸一@吉祥寺まんだら2 »

2007年5月15日 (火)

アプリコットの妖精

07jayne_austin01jpg

私が初めて手にした1994年版のデヴィッド・オースチンのバラのハ

ンドブックは、しばらく私を夢見心地にした。それまで私が知っていた

どのバラとも違うニュアンス。自然で豊饒な、香り豊かなその世界。

そのハンドブックの中で私が最も気に入ったのは、グラミス・キャッス

ルとコンスタンス・スプライとジェイン・オースチン。特にジェイン・オー

スチンは小さな写真だったにもかかわらず、その淡くて微妙な色合い

と、ロゼットのまわりをふわふわと取り囲むシフォンのようなデリケート

なニュアンスに魅了された。その姿はまさにアプリコットの妖精みた

いだった。

07jayne_austin02

そのハンドブックはいまでも持っていて、ときどき取り出しては眺め

る。第一印象というのはとても強いもので、実際にはなかなかその

写真通りには咲いてくれないのだけれど、今年もきれいなアプリコ

ットを見せてくれた。

07jayne_austin05

写真だとイヴリンととても似ているように見えるけれど、イヴリンと違う

のは、それほど花が大きくないのと、イヴリンほどピンクがかっていな

くて全体にアプリコットなのと、その香りだろうか。

いまでもイングリッシュローズの中では最も好きな系統のバラ。

07jayne_austin

|

« ルイさんのふたつめのバラ | トップページ | 松田幸一@吉祥寺まんだら2 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

これもまた綺麗なバラですねぇ。
濃いアプリコット色のバラっていうのはなんだか心穏やかになりますね。違う?
ジェイン・オースチンっていうのはデヴィッド・オースチンのムスメかな?違う?

投稿: カルロス | 2007年5月17日 (木) 00:15

うん、カルロスちゃん、
穏やかってか、しあわせな気持ちになるね。
で、確か娘だったと思うよ。
あの人、バラの名前を身内で固めてるから。

あ、そういえば今夜、例のブルースハープ聴いてきました。
よかったよ!
今度カルちゃんも行こうぜー

投稿: soukichi | 2007年5月17日 (木) 00:30

しばらく~。
soukichiさんに、聞きたいと思っていたことが
有るんだ。
私も母の日にバラとカーネーションのバスケットを
もらったの。
花が終わったら何とか元気に保たそうと思うのよ。
花は咲いている内に切った方が良いとか、書いて
いたでしょ。
それにミニバラなんだけれど鉢が小さいから
少し大きな物に植え替えた方が良いのではとか
思っています。いつ頃すれば良いの?

ちなみにお花はモンゴルの息子から。
お菓子も別のモンゴルの息子達から。
さくらんぼが義理の息子から。
で?本物の息子は「待ってくれ」って。
待ってやろう。

投稿: hanta | 2007年5月17日 (木) 10:57

追加

え~~~!松田さん行ったの?
彼に声かけた?
次は私も行けると良いな。青山へ一緒に行こうよ。

さて、グランディーバ、抱腹絶倒。
確かな技術に裏打ちされたコメディバレエ。
始まった途端ににやにや始めて、
最後までにやにやしたり、大声で笑ったり。
是は一人では勿体ないです。
またすぐに行きたくなっちゃった。

投稿: hanta | 2007年5月17日 (木) 11:02

日本的に言うと橙色、茶系になるのでしょうか。
イングリッシュローズには案外多いカラーですよね。
soukichiさんの愛情をいっぱいうけて、綺麗に咲きましたね。ベランダはバラの香りにつつまれて・・・・・。
此方は2回目の雨嵐が昨夜から今朝までつづきました。
まだときたまゴーと強い風が、通り抜けてゆきます。
バラの季節には、毎年春の嵐はやってくる悪いヤツ。
ヘリテージが大きく咲いてきているのに、頭が垂れてしまいそうです。(-_-メ)

投稿: みちこ | 2007年5月17日 (木) 14:14

hanta さま、
今日は久しぶりに話せて楽しかったです。
やっぱり私はメールより電話のほうがいいや。
書き言葉って時にまどろっこしくて。

バラは根を崩さずに少し大きめのテラコッタ(素焼き)の鉢に植え替えて、花がピークを過ぎてきれいじゃなくなってきたら枝に5枚葉3枚くらいつけたところで切る。
花が全部終ったところで肥料をあげて、水遣りは表面の土が乾いてきたらやる。やりすぎないように、完全に乾いてしまわないように。
でも、バラはどちらかというと乾き気味で管理する方が良いです。
日当たりの良いところに置くのは基本だけれど、コンクリートの上に直だと真夏は日焼けして駄目。
もし梅雨時にうどん粉が出たり、真夏に葉ダニにやられてきたら、
病虫害両方に効くスプレーがあるからかけたほうが良いけれど、猫がいて駄目なら木酢液か米酢を薄めたのをスプレーする。
こんなとこですね。

あのね、いまコメント見て気づいたのだけれど、昨日ライブの帰りに
電車の中からhanta さんの携帯にメールしたよ。
気づかなかった?

グランディーバ、
私もいつか行きたい!!

投稿: soukichi | 2007年5月18日 (金) 00:37

追伸:
hanta さんは息子がいっぱいいていいね!

投稿: soukichi | 2007年5月18日 (金) 00:39

みちこさま、こんばんは!
ジェーン・オースチンはカタログでは黄色系に分類されているのだけれど、うちでは黄色に咲いたことがなく、いつもアプリコットです。
昨日、吉祥寺の花屋で見たライラックローズは細い株で、花色も淡くてピンクに近いライラック色でした。
私のライラック・ローズとはかなり雰囲気が違ってた。
バラって土や肥料や日照など、環境でかなり個体差がありますね。
バイオゴールドを使っていると花色が濃くなる気がするんですけれど、どうでしょう?

うちのイングリッシュはそろそろ1番花が終りそうです。
東京も昨日の夜から今日半日強、ときどき強い降りでした。
みちこさんのヘリテイジ、だいじょうぶだったかな?

投稿: soukichi | 2007年5月18日 (金) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルイさんのふたつめのバラ | トップページ | 松田幸一@吉祥寺まんだら2 »