« 催し物のお知らせ | トップページ | ついに開いた! »

2007年5月 4日 (金)

今日のバラ

07bordeaux_3

異常なほどの暖冬で、一気に早まるかと思われた今年の春バラの

開花も、4月の寒の戻りの急激な気温の寒暖差で、結局は平年並

みか、もしくは去年より遅れそうな気配。

早々とつぼみを付けた我が家のベランダのバラたちも、明日には

咲きそうな風情を見せながら、なかなか開いてくれない。もうライラ

ック・ローズの1番花など、ちゃんとした開花は見込めないんじゃな

いかという様相を呈している。

いまベランダで咲いているのはミニチュアローズとオールドローズ

だけ。上の写真はミニバラのボルドー。まさしくボルドーワインのよ

うな深い赤のバラで、非常に多花、いまから晩秋まで咲き続ける。

オールドで一番先に咲いたのはドュシェス・ドゥ・ブラバンで、次が

アルシュディック・ジョセフ、そして3番目、いま咲いているのはレデ

ィ・ヒリンドン。このバラはイングリッシュローズのジェーン・オースチ

ンに良く似た細長い蝋のようなつぼみで、枇杷のようなアプリコット

いろが素敵なのだけれど、春の花は黄色が強く出た。

07lady

細い枝の先に大きな花がうつむき加減に咲くところは、典型的なティ

ーローズ。このバラは秋のほうがより整っていて、香りも強いように

思う。真冬に限りなく白に近づいてからも素敵なバラです。

07lady01jpg

|

« 催し物のお知らせ | トップページ | ついに開いた! »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、こんにちは。
そちらでもバラがぼちぼちを開花してきてますね。
レディ・ヒリンドンって繊細なバラで、前から気になってる一つなんです。

ミニバラのほうも、たくさんの花がちゃんとそろって咲いているので豪華ですねえ。
うちのミニバラって、蕾がいっせいに開花することがなくて、順番に開花していくので、こういう風な写真を撮るのが難しいですね。

投稿: q-harada | 2007年5月 5日 (土) 17:34

harada さん、
いつもどうもありがとう。
レディ・ヒリンドンは深大寺植物園で見てひと目惚れして母に買ってあげたバラだけど、でも鉢では少々扱いにくいかもしれません。
うどん粉にとても弱いし、思うような色・形になかなかなりません。
本当は地植えで伸び伸びと育てるバラなんだと思います。
三角のこんもりとした低めのブッシュに育ったレディ・ヒリンドンに、
枇杷いろをした細長い蝋びきのようなつぼみがたくさん付くとき、まるでアンティークの燭台のように素敵ですよ。

いっせいに花が咲くときね、でもharada さんちにはものすごくいっぱいつぼみを付けたピエールがあるでしょう。あれはけっこういっせいに咲くと思うな。
ピエールがいっせいに咲いたところはまた見事ですものねえ!

投稿: soukichi | 2007年5月 6日 (日) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 催し物のお知らせ | トップページ | ついに開いた! »