« 一重のバラが咲きだした | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ② »

2007年5月26日 (土)

今年もまたローズカフェのバラ①

2007rose_cafe_2   

去年、友人と初めてローズカフェに行ったとき、手前の坂を上りながら

向かい風に乗ってフレッシュなバラの香りがしてきた時の驚き。

それで、長年バラをやっている私の横で静観しながら「バラにだけは

手を出すまい」と思っていた友人も、ついにファーストローズを手に入

れるまでになったのでした。そして今年もローズカフェのバラのことを

頭のどこかで気にかけていたら、その友人から「明日ちょっと行って

みようか。国分寺でゲランドの塩も買いたいし」とメールが。何によら

ず日常の忙しさに紛れて旬を逃してしまいがちな生活にあって、行こ

うと思い立ったときに動けるのは大事なこと。また思い立って、それっ

と出かけられるのも近所の友達ならでは。

・・・ そんなわけで、また今年も行ってきました旬のローズカフェ。

坂を上りながら「今年もするかな?」と言っていたら、風に乗ってバラ

の香りがしてきました。う~ん、いい香り。これだ、これだと言いなが

ら一目散に歩くと、去年の1.5倍くらいのヴォリュームになったピエ

ール・ド・ロンサールのアーチが迎えてくれました。開店前だというの

に、すでに店の前には長蛇の列が。旬のウルトラピーク時のカフェで

静かに落ち着いてランチをするなんてとうてい無理と最初から思って

いる私たちは、ちょこっとお庭だけ見せてもらって帰って来ました。

以下、今年のローズカフェのバラ。厳選したつもりがかなりの枚数あ

るので、2回に分けてアップします。バラに興味のない方はスルーし

ていただいて、好きな方だけ、ローズガーデンを散歩するように見て

いただけたら嬉しい。

2007rose_cafe_01

誰が育てても、たとえそれが初めてのバラであったとしても期待以上

の花で感動させてくれる強健でタフなピエール。大きな花なのに、完

全にうつむかないところがいい。足もとには薄紫のクレマチス。

2007rose_cafe_02

花でいっぱいの、芳香浴ができる気持ちのよいテラス。

2007rose_cafe_03

テーブルに覆いかぶさるようにして咲くイングリッシュローズ。

こうなると、食卓に花、どころじゃありません。

2007rose_cafe_06

階段横も花・花・花。

2007rose_cafe_05

ローズカフェのHPを見ると、これでも最高時より気持ち落ち着いたの

かな、という感じの下のガーデンの様子。去年来たときよりバラの株

も宿根草も充実して、生き生きと野放図に育ってます。

2007rose_cafe_15

下から見上げたバラのアーチ。

白のプロスペリティーと原種の一重のつるバラかな。

2007rose_cafe_16

今年もまた会えた。そのままブーケみたいなバラ。

2007rose_cafe_17_2

一応、写真を撮るときにネームプレートを探して確認しながら撮った

のだけれど、大半は忘れてしまいました。

2007rose_cafe_11

純白のセミダブルのすっきりした花びらに金色のしべが美しいこの

バラは、たぶん『ザ・ナン』。デコラティブなバラの中にあって、楚々

とした美しさ。

2007rose_cafe_22

そして対照的に、これもイングリッシュローズ?と思うようなはっき

りした赤、超房咲きのバラ。これはなんだろう?

2007rose_cafe_10

|

« 一重のバラが咲きだした | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ② »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、こんばんは!
ローズカフェのピエール、すごいですねえ!
28日休暇が取れていれば、このバラを生で見れたと思うと残念でしょうないです。
それにしても、お店とはいいつつ、これだけのバラを育てられるのは大変で、かつ、咲いたときの感動も大きいでしょうね~
うちの近くにもこういうカフェがあると、毎週でも行ってしまうかもしれないですね。

投稿: q-harada | 2007年5月26日 (土) 19:17

今が一番華やかな「ローズ・カフェ」
以前坂の中ほどから香るバラの香りに期待を込めて登ったことがありました
開店前から並ぶ人に圧倒されて入るのをためらいそうでした
友人に並ばせて私は付近を散歩です
小高いこの一角はバラのお山でした
ローズ・カフェの周辺はどこもバラらだらけ
きっとここのオーナーのご指導で周辺にも広がっていったのかなあって思いましたよ

投稿: tama.3photo | 2007年5月26日 (土) 23:12

なんだかもの凄いことになってるんだなぁ。
僕がこのあいだ行ったときとはまるで別世界です(当たり前か)
ほんとすばらしくて目眩がしそう(^^)
もしも自分の家にこまでバラがあるっていうのはどんなだろう?とても想像できないね。

投稿: カルロス | 2007年5月27日 (日) 00:26

harada さん、ほんとに残念でした!
でもいまルイさんがお仕事が忙しくてテンパってるみたいだから、harada さんが来られてルイさんが来られないとなると、ルイさんが
がっかりしたかもね。
ローズカフェでのバラ談義は、またの機会にぜひ実現させましょう。

私もローズカフェに初めて行ったときは、きっとたくさんの方でお庭のメンテナンスをしてるんだと思ったんですけれど、なんとマスター1人でやってるそうです。
なんていうか、マスターのやり方ってすごくスマートなんですよね。
苦もなくこれだけのことをやってしまう。
むしろバラより、繁忙時はカフェの運営の方が大変かも。
お食事もとってもおいしいんですよ。
またの機会を楽しみに♪

投稿: soukichi | 2007年5月28日 (月) 23:56

うん、tama さん、きっとそうだと思いますよ。
あれだけいい香りと美しい花を見せられたら、庭のある人なら誰でもちょっとはやってみたくなるんじゃないですか?

私たちはピークのときは中でお茶をするのもランチをするのもあきらめて、300円払って(お庭の入り口に小箱があります)お庭だけ見て帰って来ます。この日もそうでした。
前にブログにもアップしましたけれど、国分寺駅近くに『ほんやら洞』っていう喫茶店があるので、いつもそこでランチします。
先日は友人がチキンカレー、サラダ、ビール、珈琲がついたセットを
オーダーしてましたけど、ビールがおいしいのでびっくりしてました。ビールも珈琲もついて900円。
tama さん、これっていいでしょう?
お試しくださいませ(^-^)

投稿: soukichi | 2007年5月29日 (火) 00:08

カルロスさま、
あら、そうお?
カルちゃんなら、とことんやるかと思ったけど。
○○区のバラ名所目指して。
だってイギリスに行ったら個人宅のお庭がこんな風よ。
目指せ! カルロス・イングリッシュ・ガーデン!

投稿: soukichi | 2007年5月29日 (火) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一重のバラが咲きだした | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ② »