« 今季、不調だったバラ | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ① »

2007年5月24日 (木)

一重のバラが咲きだした

07sakuragai_01

一重のミニチュアロース、桜貝がいっぱい咲き始めた。

去年は異常な日照不足と、葉ダニにやられて全滅だった桜貝だけれ

ど、冬に強剪定したのが良かったらしい。

その名のとおり、桜貝のようなピンクがかわいらしいバラ。

07hanadayori

これも去年は全滅だった『花便り』。

今年はやっと咲き始めた。

これは上記の理由に加えて、テラコッタいっぱいになってしまったの

を無理に株分けしたのがいけなかったらしい。以来、以前のようには

咲かなくなってしまった。本当はもっと大きくて縁が濃いピンクで彩ら

れた花が鉢いっぱいに、ひらひらとこぼれるように咲くのだけれど。

今はこんな花。まるで苺の花のよう。

07hanadayori_01

一重のバラには素朴なかわいらしさと、どこか和の雰囲気があって

好きだ。イングリッシュやオールドといった巻きの厚い大きくて豪華

なバラの中にあっては、リズムが生まれる。

これならバラがそれほど好きではない人でも、他の草花と同じように

そばに置いておけるのじゃないかと思う。

小さな葉っぱは葉ダニが付きやすく、いったん付いてしまったら短く

剪定してしまうよりほかないので陽射しが暑くなって空気が乾燥し始

めたら要注意だけれど、葉ダニを付かないようにするには葉裏に水

を散布すること。葉ダニは乾燥した環境で発生するからだ。

そんなことに気をつけて、花が終ったら切る、ということを続けている

と、繰り返し何度でも咲いてくれる。

|

« 今季、不調だったバラ | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ① »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

ほんとうに桜貝のような、手のひらで包んでみたい哀愁おびた綺麗なミニバラですね。家のミニバラも成績が悪く
ぱらぱらと咲き出しています。赤、黄、ピンクと咲くのですが、もうミニバラは止めようかとおもっていたのですがこの桜貝に合い、またまた食指が動きそうですよ。
込み合った枝は、ミニバラでもすっきりしてあげないと駄目のようですね。こんもりと育てようとしたのが、失敗したようです。(^。^)
短いバラの季節、明日はどんなバラとの出会いが待っているのでしょうか。

投稿: みちこ | 2007年5月25日 (金) 11:08

みちこさま、
私はハイブリッドティーとフロリバンダはもうやめようと思ってます。
あの直立性の株立ちは狭いスペースで鉢栽培をするには適していると思うけれど、どうも強健すぎて風情がなくてかわいくないし、フロリバンダはきれいだけれど香りがないし。
その点、やっぱりミニチュアはやめられないんですよね。
日本人作出のこういう素朴なバラがあるので。

先日、バラ友さんのブログで、バラの株もとの葉っぱはむしり取って株元にも陽が当たるようにしている、というのを聞いて私もやっています。ミニチュアにもやってみたんですが良いみたいです。
葉っぱが繁っていると見た目にはきれいなんだけれど、どうしても病虫害にやられやすくなるので、すっきり風通しよくしてやることが全てのバラにとっていいような気がします。

投稿: soukichi | 2007年5月25日 (金) 22:42

 一重の薔薇もいいね~。苺や林檎の花に似てるね。葉ダニは乾燥してるといけないのね。私湿っぽいほうがいけないのかと思ってたわ。勉強になりました。

投稿: angelseed | 2007年5月25日 (金) 23:45

angel さま、やっほー!
湿りすぎてるとなりやすいのがうどん粉で、乾燥してるとやられるのがハダニだよ。
梅雨の季節は加湿になり過ぎないように水遣りを控えて、暑く陽射しが照り返すようになったら涼しい時間に水遣り&葉面水散布をするといいですよ♪

投稿: soukichi | 2007年5月28日 (月) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季、不調だったバラ | トップページ | 今年もまたローズカフェのバラ① »