« 装うしあわせ | トップページ | フレンチローズの誘惑 »

2007年4月16日 (月)

雨の朝、突然に

07tsubomi_01

恋が生まれるわけじゃないけれど、

バラの蕾はあとすこし。

07tsubomi_02_1

07tsubomi 

|

« 装うしあわせ | トップページ | フレンチローズの誘惑 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今日は土日に比べると「寒い」ですよね。
薔薇の恋も一休みかな・・・・

投稿: ルイ | 2007年4月16日 (月) 18:41

写真の腕も上がっている。
このみずみずしさが素敵。

面白い物を聴いた。
http://pjgidon.free.fr/chinabossa.html
ボサノヴァを中国語で歌っているの。
作曲もプロデュースもフランス人です。
昨日彼のサックスでイパネマの娘を聴いてきた。

投稿: hanta | 2007年4月16日 (月) 22:42

蕾がもう色づいているのね
我が家はやっと蕾らしきものが見えてきたところ
今年初めて育てるバラ、待ち遠しいですね

投稿: tama.3photo | 2007年4月16日 (月) 23:02

おおーっ、順調に成長してますね!フムフム(^^)
来週中には恋の花咲くこともある・・・って感じ?

投稿: カルロス | 2007年4月17日 (火) 01:30

ルイさま、
今日は昨日にくらべてもさらに寒いです。
冬のコートを早々にクリーニングに出して、ルイさんは今日は何を来て行かれたのでしょう。
この天気が木曜まで続くなんて・・・
blue になってしまいます。

投稿: soukichi | 2007年4月17日 (火) 18:12

hanta さま、
写真の腕が上がってる?
・・・もともといいんだよ(^-^) 嘘。
欲目ってヤツじゃないかあ?

中国語でボサノヴァね。
どんな風になるんだろ?
あまり想像したくないけど。
中国語の、全部口を横に引っ張ったような発音が嫌い。
『サントリー・ウーロン茶』に出てくる女の子みたいだったらいいけどね。「食べよ。妹」(^-^)
ポルトガル語は日本語と同じように、「間」を感じる言語のように思う。
でも、ここのアドレスで何か聴けるのかな?
後で聴いてみます。

いま世界的な日本ブームだって言うけど、ほんとなの?
特にフランス人は昔から東洋が好きだね。
『青いパパイヤの香り』もフランス人監督の映画だったけど、フランス人の手にかかるとアジアもまた全然違った趣になるから不思議。

でも、このコメントにいま答えてるのもシンクロだ。
私はさっきまでジョビン聴いてました。
このひどい雨に、どこか情けないジョビンの声が合うのよ。

投稿: soukichi | 2007年4月17日 (火) 18:25

tama さん、
そりゃあ、待ち遠しいでしょうねぇ。
私も、この3枚目のバラが今期初めて見るバラなんです。
ライラック・ローズ。
ほんとに楽しみなんですけれど、ここのところのこの寒さは何? って感じですね(^-^)
せっかくのバラも凍えそう。

投稿: soukichi | 2007年4月17日 (火) 18:29

古いぜ、カルちゃん。
歳がバレバレだ。

わかってしまう自分が情けない、って
同い年じゃあ、しゃあーないなー

投稿: soukichi | 2007年4月17日 (火) 18:30

綺麗で上品なピンクで、とても元気そうです。
soukichiさんちの、ライラックローズ早いですね。
できるだけ、ゆっくりとながく咲いてほしいですね。
こんな色のサマーセータがいいなぁ~。
京都の御室さくら、もう葉桜でちりぞめでした。
でもお寺の建築物との微妙な調和は、やはり美しさがちがいましたよ。

投稿: みちこ | 2007年4月19日 (木) 08:48

みちこさま、
ちょうどこのライラックローズみたいなスモーキーピンクの麻のワンピースをオークションで落札したばかりです。
7号サイズだから、私に丈が短かったら妹にでもあげられると思って。
上質のコットンのサマーセーターでもいいですね。
ピンクは女性にとってはとても良い色です。
心身ともに健康にしてくれる。

御室の桜、もう散っていましたか。
それは残念。

投稿: soukichi | 2007年4月19日 (木) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 装うしあわせ | トップページ | フレンチローズの誘惑 »