« 雨の朝、突然に | トップページ | 今年いちばん最初に咲いたのは »

2007年4月19日 (木)

フレンチローズの誘惑

Conpanion_plants_01

やっと陽が射してきた。

月曜の朝から降り始めた雨は、途中やんだりしながらも実によく降

った。それにこの寒さ! 昨日今日あたりは2月の気温に逆戻りで

街ではダウンを着ていた人もいたとか。我が家もときどきストーブを

つけたりしながらここ数日を過ごした。せっかく開きかけたバラのつ

ぼみもフリーズ状態。明日は晴れてまた気温が上がると言っていた

けれど、どうなんだろう。

そして、このところ私のベランダは、しょっちゅう配置変えをしていると

ころ。前に『ベランダ日記』のルイさんが、『限られた狭いベランダにバ

ラの鉢を並べることは、船底に効率よく荷物を詰めるのに似ている』

と言っていたけれど、蓋し名言。まさにそんな感じで、ベランダに出て

は、どんどん伸びてくるバラの枝を眺めながら悩むことしきり。

Conpanionplants01jpg

壁やフェンスを背にして、背が高くなるバラを。西には黄色系のバラ。

基本的にはバラは日当たりの良い場所が良いけれど、直射日光が

当たると褪色する紫のカーディナル・ドゥ・リシュリューは夕方には半

日陰になる東に。雨があたるとすぐにうどん粉になって蕾がボール化

する粉粧楼は軒下近くの雨があたらないところに。花は可憐だけれ

ど、枝は太くて横張り性、棘が鋭くて引っ掛けると大変なことになるマ

チルダはコーナーに。といった具合。とはいえ、どのみち狭いベランダ

なので、こう増えてしまうと、どうやったって全てのバラに公平に日照

率を確保するのは不可能に等しい。悩める日々です。

Conpanionplants02

そんな折、先週いつもバラ苗を買っているアルシス・ローゼスから、

『ギヨ社とデルバール社の新苗についてのご案内です』というメール

が来た。ギョーとデルバールのバラといえば、いままでホームペー

ジやブログや雑誌などで目にするだけだった憧れのバラ。(そういえ

ば何度か行った光フラワーさんにもカタログが置いてありました。)

これもまた気とか波動につながる話だと思うのだけれど、バラという

のも不思議なもので、イギリス人が作ればイギリス的なクラシック、

日本人が作ればどこか和の趣、そしてフランス人が作れば、かくも

フランスの芳香あふれるフレンチ・ローズができあがるのだと感心。

そのフランス名のエレガントで美しい響きもさることながら、花色も花

姿も(そしてきっと香りも)もうニュアンスにあふれた素敵なバラ。

Conpanionplants

さっそく、アルシスから同じメールをもらった友人からは「あなた、ま

たフランスのバラ買ったでしょう?」と突っ込みを入れられたけれど、

とんでもございません。買いたいのは山々だけど、もう今だってベラ

ンダいっぱいでどうしようかと思ってるのに、今年の新苗だって結局

キャンセルしたっていうのに、買えるわけないじゃありませんか。

ああ、こんなことなら去年の秋、ハイブリット・ティーもフロリバンダも

買うんじゃなかったと後悔しても時すでに遅し。

せめて写真でその花姿でも眺めてうっとりしようと思って買った本が

昨日、届いた。この本は各バラ園、種苗会社の協力をもとに、今年

実際に販売が予定されているバラをブランドごとに掲載したもの。

薄いけれど、とても見やすいディレクションになっています。

New_roses_2007

 ここから買えます →  New Roses 2007

そして、現在ギョーとデルバールのバラが買えるサイトはこちら ↓

   フレンチローズ特別代理店 花ごころ

ちなみに、今日の写真はバラの鉢に一緒に植えたコンパニオン・プ

ランツで、上からイングリッシュ・ラヴェンダー、ローズゼラニウム、

カモミール、そしてレースラヴェンダー。ローズゼラニウムは本当に

バラみたいな香りがします。

|

« 雨の朝、突然に | トップページ | 今年いちばん最初に咲いたのは »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

本当にこの2,3日寒かった。
風もひどかったしね。

ローズマリーってこんな花が咲くの?
ノースポールかと思った。
(時々花の名前知ってるね、わたし)
こんなに花を可愛がるsoukichiさんに
私の庭をプレゼントしたい位。
私の庭、既に草が・・・

投稿: hanta | 2007年4月20日 (金) 00:04

こんばんは(^^)
そうきちさんの代わりにギョエー・・・じゃないや、ギヨーのバラ、4鉢オーダーしときました(^^)/楽しみじゃ!

そういえばバラってその国の雰囲気がしてますよね。不思議だけどね。

投稿: カルロス | 2007年4月20日 (金) 00:27

hanta さま、
あ、まちげえた。
いまhanta さんのコメント読んで気づいた。
これ、ローズマリーじゃなくてカモミールだよん。
すんまそん。直しました。

草ぼーぼーの庭もいいもんです。
草ぼーぼーの庭で遊ぶ猫を見るなんざ、和みます。
ただ夏は蚊が来るのだけが困るざんすな。

草取りって経験あるけど、猫の額くらいの庭でもけっこう大変だよね。夏は取っても取ってもすぐに生えてきて伸びるしね。

投稿: soukichi | 2007年4月20日 (金) 00:49

カルロスさま、
ぎょえ~
やっぱりフレンチローズ買ったのね。
何買ったの?
おせーて、おせーて。
まあ、届いたらすぐにアップしてちょ。

投稿: soukichi | 2007年4月20日 (金) 00:51

1枚目、バラの根元のラベンダーがいい感じに撮れてます
バラにフレンチもあったなんて
どこまで深いんだ、バラ!
私は花をゴチャゴチャと色々取り混ぜの庭でいいかな
統一感は全然ないんだけどね
連日の雨で雑草のほうが蔓延っている庭になってしまたので野良仕事もしなくては・・・

投稿: tama.3photo | 2007年4月20日 (金) 10:02

>イギリス人が作ればイギリス的なクラシック
日本人が作ればどこか和の趣、そしてフランス人が
作れば、かくもフランスの芳香あふれるフレンチ・ローズ
できあがる・・・
なるほど・・そうなんだ・・
そう言えば英語も日本人が喋れば日本語チックな
英語になるし中国人が喋れば中国語チックな英語になるって
前に聞いた事があります。
それに通じるものがバラにはあるのかな?
それほど、各々の人の背負っている背景が
影響するのかな?
我家のミニバラ、去年は青虫に苛められていたけど
復活しそうです。
でも元気なのはまだ葉っぱだけなんだけどね・・^^;

投稿: | 2007年4月21日 (土) 05:19

そうきちさん、こんにちは。
カタログを見て悩む気持ち、よ~くわかります!
デルパールのバラを買いたくて、何度HPのボタンを押したことか。。。
確かに、イングリッシュローズとは違った雰囲気がいいんですよねえ。

投稿: q-harada | 2007年4月21日 (土) 17:50

tama さん、
どうもありがとう(^-^)

そう、バラの世界は奥が深い。
でもバラに限らず植物の世界は奥が深いですね。
日々、品種の改良や育種の研究に勤しんでいる方々がいらっしゃるから。

私も自分の庭があったら、いろんな植物で色とりどりにしてると思います。
さしずめ自分の頭と同じように。
草ぼーぼーで。

投稿: soukichi | 2007年4月22日 (日) 00:43

凛さま、
使う言語が違えば、骨格や筋肉の付き方まで変わってしまう。
メンタリティーまで違ってくる。
そして人もまた、住んでいるところの地形と気候によって、その土地独自の性格が形成されると言われている。
人も動物も植物も、そして物まで、この世にあるものは全て響きあって存在してるんだと思います。

凛さんちのバラ、肥料はあげてる?
バラに肥料は欠かせません。
苦土石灰というのがあって、「苦土」というのはマグネシウムのことなんだけれど、これが効きます。
この間、液肥を買うときに同じ500ミリリットルで480円のと880円のとどちらを買おうか迷ったとき、成分表を見たら880円のはマグネシウムが入っていたから、そちらにしたくらい。
ちなみにマグネシウムは人間にも効きます。
それから、バラの肥料はツボミが色づいたらあげるのをやめてくださいませ。
もひとつ大事なことは、花が咲き終わったらすぐに摘むこと。
そしてシーズンの終わりには思い切って剪定をすること。そして肥料。これでたいてい元気になります。

投稿: soukichi | 2007年4月22日 (日) 00:56

harada さま、
そうなの。
フレンチローズのあのニュアンス、イングリッシュローズとは違うあの色合いとヴォリューム、にはとても心惹かれるものがある。
今年は絶対フレンチローズがブレイクしますね!
バラ業界のプリンスが総代理店をやっていることでもあるし。

やあねぇ、次々。

投稿: soukichi | 2007年4月22日 (日) 01:01

カモミールか~。それならわかるよ。
昔からだの弱い母親にって、
スイスのBFがカモミール・ティをくれた。
それ以来カモミールはしっかり私の中に残ってます。

投稿: hanta | 2007年4月22日 (日) 22:32

まあ、hanta さま、
スイス人の恋人?
こっくさい的やなあ~、と何故かいきなり関西弁。
私のまわりはみんなそんな人ばっかり。
カモミール・ティー、ピーター・ラビットが病気になったときもお母さんが作ってくれるもんね。
hanta さんの思い出の味かな(^-^)

投稿: soukichi | 2007年4月22日 (日) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の朝、突然に | トップページ | 今年いちばん最初に咲いたのは »