« ピアソラの日 | トップページ | 飛び立つ鳥 »

2007年3月13日 (火)

ビオラとパンジー、バラのいま

Biora_10

朝カーテンを開けて、いちばん最初に目に飛びこんでくるのが気持ち

の良いブルースカイだったり花だったりするのはいいな。

冬の間、花のないバラの足もとで咲き続けていたビオラとパンジー。

こんな可憐な花のどこにそんな体力があるのか。

Biora_06

Biora_07

Biora_09_1

Pansy_03_1 

Pansy_02

そして花がないときにも、グレーがかった淡い緑の軽やかな美しい葉

っぱで目を愉しませてくれるイングリッシュローズの木。

これはグラミス・キャッスル。

English_rose_01

これはシャルロットだ。美しい木。

English_rose_2

10月に植えつけたモダンローズの大苗は、暖冬のせいで休眠しな

いまま葉を繁らせていたけれど、やはりその弊害はあって、昨日見

たら出てきた芽のほとんどがブラインド(蕾が付いてなくて花を咲か

せない枝)だったので、今日思い切って剪定した。芽出しの肥料を

与えてまた仕切り直し。まだほんの小さな実生苗も、このところの寒

の戻りの急激な冷え込みで駄目になるものも出てきたから、ちょっと

心配。

|

« ピアソラの日 | トップページ | 飛び立つ鳥 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

soukichiさん、今日は同じ気持ちだね。
私も庭の花と、バラも芽吹きをブログしましたよ。パンジー、ビオラ生き生きして春の香りがここまで伝わってきます。
冷え込みがつづいて、バラもちょっと心配ですが、黄モッコウバラはもう蕾が出来ていました。このバラの生命力の輝き、なんと美しい浅緑の若葉はどんな宝石にも勝るとも劣らない。
な~んて、5月が楽しみです。

投稿: みちこ | 2007年3月13日 (火) 20:14

手入れの行き届かない庭でさえ、
においスミレが可憐に咲いています。
これは毎年増えているのでとても楽しみ。
何とか絶えずに咲き続けて欲しいと
思っています。

そんな庭のある家に女性の作家が二人、
ネコに囲まれて暮らすの、どう?
ほとんど執筆しないで、ネコと昼寝を
するの。

投稿: hanta | 2007年3月13日 (火) 22:23

みちこさま、
東京も寒いです。
なんだかまた真冬に逆戻り。
バラは葉っぱだけ見ててもみんな違うから面白いですね。
葉っぱだけのときから、それぞれ違った雰囲気を持ってる。
みちこさんの家で最も早く咲くのは黄モッコウバラでしたね。
母が大好きだった花です。
私も一度、母が挿し木で育てて行灯仕立てにした鉢をもらったことがあるんだけれど、駄目にしてしまいました。

投稿: soukichi | 2007年3月13日 (火) 23:13

hanta さま、
いつもありがとう。
今日ね、送ってくださった荷物が来たようなんですが、不在にしていて受け取れませんでした。明日、受け取ります。届いたらまたご連絡しますね。どうもありがとう。なんだろう?・・・楽しみです(^-^)

スミレはとても強いし根が残るから、よほどのことがない限りきっと絶えずに毎春咲き続けるよ。
うちなんか、取っても取っても毎年どこからか出てくるもん。

hanta さんが言うみたいに暮らしていけたらねー!!
最高でしょうね。
でも私がいれば庭は手入れされてると思うよ。
それに猫の毛が溜まらないようにマメに掃除機もかけると思うね~

投稿: soukichi | 2007年3月13日 (火) 23:20

私もバラのコンパニオンプランツに買ったパンジーだけど、また鉢から掘り返すのがメンドクサイからバラ鉢に植えないままにしてたの。
やっぱり冬に花がないのは寂しいから、何かしら買ってしまうよね。
大鉢のマーガレットが開花しはじめたよ!
バラも随分伸びてきて、だんだん洗濯物が・・・・

投稿: bluerose | 2007年3月14日 (水) 20:31

そうきちさん、こんばんは!
バラって、花だけじゃなくて、葉だけでも楽しませてくれますよね!
赤い葉や明るい緑の葉など、葉もいろんな色があります。
ところで、やっぱり、そうきちさんのところもブラインドが多いですか。こちらもブラインドが目立つので、一度剪定しなおしてみようと思います。

投稿: q-harada | 2007年3月14日 (水) 22:32

soukichiさんは掃除も得意なんだ~。
素晴らしい。
わたしにぴったりだ。

スミレって強い花なのね。
ちょっと嬉しいな。
スミレと菊もも、それにプラム。
これだけは自慢出来るかな。
そういえばもうプラムの花が咲き初めてます。
これって桜の後ではなかったかい?

投稿: hanta | 2007年3月16日 (金) 00:04

ブルーさま、
バラ好きさんはそうやって次々とクリスマスローズ、クレマチスetc・・・とハマってゆくわけなのよ(^-^)
私は昨日、花屋で見た宿根の八重のオダマキが欲しかった。
手間がかからなくて強くて丈夫なんだって。
夏のためにはダリヤも育てたいけれど、もはや置くとこなーし!

投稿: soukichi | 2007年3月16日 (金) 11:35

harada さま、
うん。異常暖冬のせいかな。
元気に伸びた芽をよく見るとブラインドが多くてがっかりです。
剪定し直すと花期が遅れて嫌だけれど、でもやらないわけにはいかないだろうなあ・・・

投稿: soukichi | 2007年3月16日 (金) 11:38

hanta さま、
掃除は得意じゃないし好きでもないけど、散らかった部屋にいると
イライラしちゃうのだ。
頭の中が乱雑なのは、この乱雑な部屋のせい?って感じでね。
それに『アルゼンチンババア』の原作を読んだら、あのビルの中って想像を絶する汚さでね、床に何年分かの猫の毛と人の髪の毛がびっしり、なんて書いてあるからゾッとしてしまいました。
で、思わず掃除はマメにする、なんて書いたんざますね。
猫はかわいいけど毛だらけは勘弁。

プラムって生ったら食べられるの?
うちは昔、実家にネクタリンの木があってね、食べられたの。
私の無類の桃好きは母譲りですね。

投稿: soukichi | 2007年3月16日 (金) 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアソラの日 | トップページ | 飛び立つ鳥 »