« 椿 | トップページ | 北海道のお土産&初泳ぎ! »

2007年1月16日 (火)

本日、棚卸しにて

Tanaoroshi

今朝は息子が修学旅行で北海道に行くので朝5時に起きた。

最近は昔と違って学校に集合して点呼をとって出発、ではなくて直接

羽田空港に集合だから、もう昨日から大変。子供の質にもよるのだろ

うけど、東京23区の子と違ってこの辺の子はあんまり都心に出かけ

ないから、友達と待ち合わせるといってもおぼつかない。傍で見てい

てもハラハラして世話が焼けた。カッコつけてる割には心配性で緊張

しいの息子は「まだ早すぎるよ」と言うのに5時45分に家を出て行き

フライトの時間を過ぎてもなんの連絡もないということは無事に出発

したんだろうと、さっきから私もやっとほっとしたところです。

いまの時期は6時でもまだ暗い。いっそ元旦に(起きられなくて)見ら

れなかった日の出でも拝もうかと思ったら、あいにく空は曇っていて

見えない。では、めずらしく早起きしたから朝の音楽モーツァルトでも

聴こうとCDを取ってケースを開けたらCDが入ってないじゃないか。

ショック。バックハウスのモーツァルトのピアノ・コンチェルト27番。気

に入ってるヤツじゃなかったっけ。こういうのの犯人はたいてい息子

で、自分のCDを聴くのに私のCDをはずして、適当にその辺にあった

CDのケースに入れてしまう。無い無いと思ってたら別のCDの中に2

枚重なってあった、なんてことがよくあるのだ。まったく ・・・。

時間が早いのをいいことに探すことになってしまったが、全部ではな

いけれど1枚1枚開けてみたものの、結局みつからない。ついでに出

てくるだろうと思っていた、冬になると何故か聴きたくなる(サビ部分

を日本語で歌っている『手をとりあって』が入った)クイーンのベスト

盤も出てこない。なにゆえ? 

ただ、そんなことをして久しぶりにCDを1枚1枚確認したら、最近あ

まり聴いていない良いCDを見つけたりして。ついでにあまり聴いて

いないCDも何枚かピックアップした。おととしのクリスマスには『クリ

スマスなので』ということで、たまたま完売していた清水翠のCDのコ

ピーを希望者にプレゼントしたりして、去年も何か考えたかったけれ

ど多忙につき気持ちの余裕がなくてできなかった。私は聴かないCD

をただ飾っておく趣味はないし、もうすぐ自分の誕生日も近いので新

しい気を呼ぶためにも少しでも身軽になっておこうと思う。

・・・というわけで、上にあげた8枚のCDを、欲しい方にさしあげます。

あくまで『私が聴かないCDでも聴きたい人がいるかもしれないから』

という思いつきの意図に過ぎないので、「ならもらおう」くらいのライト

な感覚でお願いしたい。上の8枚はA,mazon にもともと在庫がなくて

出品できなかったか、出しても売れなかったものがほとんどです。

なので、お気楽に。

以下、説明文を見て欲しいCDがあった方は、『CDおくれ!』という件

名で、希望の番号とアルバムタイトルをコピー&ペーストして、名前・

宛先等を書いて右下の『メール送信』から私にメールしてください。

希望は単純に先着順とします。配送は補償無しのメール便にて、な

るべく今月中に発送します。その際、丁寧なお手紙は書けませんの

で悪しからず、よろしく。なお、この記事を頭に置いたまま記事を更

新するやり方がわからないので、週末まで更新なしでいきます。

終了しだい、ここにその旨載せます。それでは、よろしく!

* 本日(25日)、全て終了しました。ご参加どうもありがとう。

   CDは追って送ります。

****************************************************

Sakamoto_ryuichi_1

①坂本龍一のエレファンティスム  →  C.L さんに。

9.11があった2001年の年の暮れ、私は子ども連れでアフリカに行った。こん

なテロがあった年に、とか、病気のことを心配する人もいたけれど、「これは神に

守られしツアーだから何も問ない。何も心配してない」とマラリアの注射も受け

ずに行ってしまった。実に私の性格。これは.11にはもちろんのこと、音楽が

政治的に利用されるのにショックを受けてしばらく音楽できなくなってしまった

坂本龍一がアフリカに行って見出した再生の物語。マサイの歌も入っている。

Till_bronner_1

②ティル・ブレナーのLOVE → blespa さんに。

友人の友人のアメリカ人のDJからもらったサンプル盤。ドイツ人のトランペッター

によるジャズのスタンダード。スイングジャーナル選定ゴールドディスク。チェット

・ベイカーが好きな人ならきっと好きそうな霧にもやったような雰囲気のある音色。

Talk_to_her

③『トーク・トゥー・ハー』オリジナル・サウンドトラック → hanta さんに。

メランコリックな美女のアップが印象的なこのCDは同タイトルの映画のサントラ。

3曲目にカエターノ・ヴェローソの『ククルクク・パロマ』が入っているので買ったん

だと思うけど、数回通して聴いただけのほぼ新品。クラシカルな雰囲気のアルバ

ムです。

Robin_zander

④ロビン・ザンダーのソロアルバム → H.I さんに。

高校生のときにチープ・トリックが好きだった私。(笑っちゃいけない。)武道館の来

日公演では次の日声が枯れるほど「ロビーン!」と叫び続けたのも遠い昔のこ

と。これはF1グランプリのラストに流れる曲が入ってるものと思って買ったら入っ

かったという、マヌケな買い物。

今日(17日)、T.I さんから面白い話を聞いた。以下、彼女のメール。

その昔、従兄弟が楽器屋さんでアルバイトをしている時に、大阪公演中のロビン・

ザンダーが1人でふらっとやって来たそうな。それでなんだかギターの話で花が

き(従兄弟のつたない英語でも花は咲くのか?)、「今からランチに行くんだ」っ

て言ったら、「一緒に行きたい!」とロビンが言い、なんと一緒にラーメン(!)を食

べたという話があります。その話を聞いた時、私は従兄弟をぶっ飛ばしてやりま

た。なんで私のためにサインをお願いするくらいのことができんのか!と。

まじ? というくらいすごい話。私でもその従兄弟をぶっ飛ばしてただろうな(^-^) 

Elvis_costello

⑤エルヴィス・コステロの『When I was cruel』 → カルロスさんに

ラストにあの素晴らしい『smile』が入っています。泣きそうなときに。

Don_henley

⑥ドン・ヘンリーの『インサイド・ジョブ』 → 凛さんに。

ハイティーンの頃にイーグルスが好きだった私。デスペラードなんていま聴いても

泣けますね。これはそのイーグルスのヴォーカル、ドン・ヘンリーのソロアルバ

ム。J-Waveから流れてきて心をぐっと掴まれた曲が入っていると思って買った

ら、これじゃなかったというミスチョイス。これもほぼ新品同様。

Katteni_shiyagare_001

⑦勝手にしやがれの『ヴェルガモット・フラワーズ』 → T.Wさんに。

美しいアートワークスにも惹かれて買ったこのCDは、勝手にしやがれ+エゴラッ

ピンのコラボレートによる3曲入りのマキシ・シングル。確かにカッコイイけど私は

エゴラッピンだけでいい。

Benjamim

⑧ベンジャミン・タウブキンの『大地と空間』 → C.L さんに。

パット・メセニーも注目しているというオルケストラ・ポムジール・ジ・カマラのメン

バー、ベンジャミン・タウブキンの97年にリリースされた初ソロアルバム。タウブ

キンのリリカルで瑞々しいピアノが聴ける、ブラジル・インスト系音楽です。

パット・メセニーや坂本龍一が好きな人なら好きかも。初夏に窓を開け放って聴

くとすごく心地良い。このCDはレアで情報が少ないのでこれに限り、リスト

と本人による曲の紹介を。(ポップアップすると大きく見られます。)

Benjamim_002_1

|

« 椿 | トップページ | 北海道のお土産&初泳ぎ! »

no music,no life!」カテゴリの記事

コメント

もしまだ残っていたら(で、メールの送り方わからないから)下さい。
ここから申し込みます。
Talk to herがちょっと気になる。

北海道は晴れているのだろうか。
あ~雪の真っ最中だよね。
スキー旅行なの?息子さん。
良いね、若者は。

投稿: hanta | 2007年1月17日 (水) 22:27

OK.hanta さん。
では、Talk to her は hanta さんに。
できたらお時間のあるときにでもビデオ借りてきて、映画も見てくださいな。また違うと思う。
他にも送ろうと思ってたものあるから一緒に送ります。
ちょっと先になるかも知れないけど待っててね。
息子は高校生活最後の修学旅行です。
ますます難しい年頃になってきましたね~
男の子を持つ先輩の母として、今後もアドヴァイスお願いしま~す。

投稿: soukichi | 2007年1月17日 (水) 22:42

ロビンの話
ええー!!!そんな映画みたいな話が現実にあるの?
ボディーガードとかついてるんじゃないの?
わたしもチープトリックの世代だからね。クラスメイトにいたな・・ロビンさま~っていってるのが。
私はvoicesが好きだったな。

メールでお願いしたCDよろしくお願いします。
楽しみにしています。

投稿: lehto | 2007年1月18日 (木) 01:40

niftyさん、ようメンテナンスしやはります。
修学旅行、楽しくやってるでしょうね。思い出がたくさんできますように・・・・・。
今日は(昨日)は終日雨が降り、おコタでついウトウト。
おかげで、夜更かししてます。そろそろ3時に
朝まで一眠りしま~すね。

投稿: みちこ | 2007年1月18日 (木) 02:57

凛はドン・ヘンリーのソロアルバム「送れ」なんだけど
↑のメールアドレスに自分のアドレスを入れて
指示通りに送信すれば良いの???

投稿: | 2007年1月19日 (金) 07:43

lehto さま、
うん。たまにそういう話あるよ。
ちなみに私の元旦那さまはどこだかのライブハウスにふらっとやって来たクラプトンと一緒にギター弾いたと言っていたし、会社の男の子は旅先でポール・マッカートニーが泊まっているホテルの前を通りかかって、難なく警備をスルーして本人とリンダと一緒にエレベーターに乗ったと言っていたしさ。
まあ、しかしロビン・ザンダーと一緒にラーメン食べたっていうのは最強よね。信じられん。

CDの件、了解です。
メール、すぐに返事書いたけど届いてるよね?

投稿: soukichi | 2007年1月19日 (金) 13:55

みちこさま、
ハイ。ほんまに・・・
私も最近やたらと眠くて、年中うたた寝してしまうんですけど、オコタなんかで眠ると風邪ひきますよ。
バラ、どんどん芽吹いてくるし、待ちきれなくて私もとうとう剪定始めました。

投稿: soukichi | 2007年1月19日 (金) 13:57

凛さま、
このサイトの一番右下の『メール送信』をクリックするとメーラーが立ち上がるようになってるんだけど、でもそれでもOKです。
単にアドレスが違うだけなので。
それでは、メールお待ちしてま~す♪

投稿: soukichi | 2007年1月19日 (金) 14:00

冬の北海道、寒そう・・
でも寒い所は寒い時が一番その土地のことが分かるんでしょうね
そういえばうちの子の修学旅行も羽田集合だった
今はみんなそうなのかしらね
「お父さん、送って」って言って友達も便乗させて
朝6時ごろ、ご苦労さんなことに何人か拾って送っていったけど
娘に甘くって、砂糖漬けだって言った覚えがあるわ

投稿: tama | 2007年1月20日 (土) 13:17

私Talk to her観たの。
で、自分が思い描いていた映画と全然一致しなかった。
soukichiさんのコメント見ていたら、
聴いてみたくなった訳よ。もう一度映画も
観てみようかな。

うちの息子全く難しくなかったの。
今でもそうだな。まあ欠点は色々あるけれど、
いわゆる世の中で言われている反抗期がないのよ。
この前「ようよう、年頃に反抗期がないといつ出るか
知ってるか?」って言うから
「うん、40才頃でしょ」と言ったら、
「知ってるよ」と言って唖然としていた。
これから出たら本物だよ。怖いね~。

投稿: hanta | 2007年1月20日 (土) 17:26

まあ、tama さん、
どこの父親も娘には甘々みたいですよ(^-^)
私も結局、息子の旅行支度を全部やってあげたりして、甘いの。
こうやって男は駄目になってゆくのね、とか思いながらもやってしまう。前日の午後になっても息子がいっこうに準備する気配がないからやってしまったんだけれど、娘には「放っておけばいいのに」、と言われました。
でもせっかくの修学旅行で、自分で準備したらしたで、現地で足りないものがあったりして困ったら可哀想だし、なんて母は思うわけですけど、それが過保護の始まりってもんですね。
もう今度から放っておこうっと。

いまは修学旅行といっても泊まるのはプリンスホテルだし、帰りの荷物はホテルから宅配だし、いまの修学旅行って昔と較べたらほんとに贅沢だし、至れり尽くせりだと思います。

投稿: soukichi | 2007年1月20日 (土) 23:04

うん、hanta さん。
私もそんな印象があるよ。
私ももう一度ビデオ借りて見てみようと思った。

息子くん、反抗期がなかったのね。
それはやっぱり小さいときからお母さんの苦労をそばでいつも見てたからじゃないかなあ。出す暇がなかったんじゃないの?
私の友人のところもリサと同じ歳の男の子なんだけど、反抗期が無いの。大人が何も言わなくてもコツコツまじめに猛勉強するすごい
ヤツで、でもなんだかいつも妙に明るくて、両親が別居している家庭環境や、学校でいじめにあってたことなんかを考えるとちょっと恐い。
いつか親は彼から数年分のストレスをだーっと出されるんじゃないかと思って。彼は自分の本心を親に何も言ってないからね。

でももちろん、性格的なこともあると思うよ。
hanta さんちの息子は生来温厚な性格であるとか。
ちなみにうちの場合、兄貴がそんな風ですから、妹のほうは特に反抗期もなく、穏やかにマイペースに自分の好きなことをやっております。

投稿: soukichi | 2007年1月20日 (土) 23:22

こんにちは。

エルヴィス・コステロの『When I was cruel』は
まだ残っていますか?
もしあれば下さい。

あったかい冬ですね。
さすがの岐阜も雪が少ないです。

投稿: blespa | 2007年1月24日 (水) 12:32

ごめん! ブレさん。
この記事更新してませんでしたね。
このCD、数日前にカルロスさんに行くことに決まってしまったの。
でも、カルロスさんにもメールで書いたけれど、このアルバム(個人的には)、いまひとつなんだよね。
『smile』以外とりたてて良いと思わないし、『smile』も私はリッキー・リー・ジョーンズが歌ってるほうが好きだなあ。切実で泣けるよ。
それよか、JAZZがお嫌いじゃなければ、ティル・ブレナーはいかがでしょう? ブレさんもきっと聴いたことのあるJAZZのスタンダード・ナンバー集です。これ、賞取ってるだけあってけっこういいのよ。
私はこれがすぐになくなるだろうと思っていたんだけど・・・
ご検討くださいませ。

投稿: soukichi | 2007年1月24日 (水) 13:31

こんにちは。

では・・というのもなんですが(笑)
ティル・ブレナーをお願いします。
そうきちさん宛てにメールをお送りすればよろしいでしょうか?

最近、新しい何かを聴きたいところなんです。
楽しみにしています。

投稿: blespa | 2007年1月25日 (木) 12:30

ブレさん、オーライ!
メールで宛先を送ってください。(サイト右下にあります。)
私のとっておきと一緒に送ります。
お楽しみに!

投稿: soukichi | 2007年1月26日 (金) 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿 | トップページ | 北海道のお土産&初泳ぎ! »