« いつの間にか落葉 | トップページ | ベランダのミニチュアローズ »

2006年12月16日 (土)

花の愛

Archiduc_joseph_07

これを愛と言わずしてなんと言おう。

ナーセリーから送られてきてから、絶え間なく花を咲かせ続けている

アルシュディック・ジョセフ。

ツボミがあと7つも。

Archiduc_joseph_08

|

« いつの間にか落葉 | トップページ | ベランダのミニチュアローズ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

言葉は要らないね。
どんな美辞麗句を並べても此花には敵わない。
でもってまだ7つもつぼみがあるの?
バラってそんなに咲き続けるものなの?
それともこの種類だけ?

soukichiさんがはまる気持ちが
わかるような気がする。健気で、やっぱり
猫と一緒だ。可愛い。

投稿: hanta | 2006年12月16日 (土) 23:09

これ・・・家で咲いてるバラですか?
き、キレイ!
名前おぼえられないけど・・・ずいぶん幸せそうに咲いてるなぁ〜って、思った。

投稿: カルロス | 2006年12月16日 (土) 23:23

いやあ、hanta さん、いつもありがとうね。
hanta さんからもいっぱい愛をもらってるワタクシです。


四季咲き性のバラっていうのはこれに限らず良く咲くのです。
バラの木からしたらすごい体力のいることだと思うのにね。
それで花弁数の多いバラほど、開くのには体力がいるんだって。
ふだん、あんまり考えないけど、考えたらそれってすごいことよね。
なんで花は咲くのか?
それがDNAの意思だから?
それは左脳レベルの話として、ここはもっと詩的にいきたいね。


同様に猫は本当に人を愛するものなのか?


そんなことを考えてるといつまででも起きてられそうだ。
hanta さんが猫にハマる気持ちもよくわかるよ。
見てるだけで飽きないもんね。

投稿: soukichi | 2006年12月16日 (土) 23:32

カルロスさま、
ほんと? ありがとう。
これ、プティローズさんのHPで一目惚れして買ったバラなの。
うちにきてから約半年だけど、株の成熟と共にますます花が良くなってる感じです。今年は花の世話も手厚くやったので、来年はもっと良くなるんじゃないかな。楽しみ♪
カルロスさんは、いつバラ族(これって誤解されるかしらん)に復帰の予定?

投稿: soukichi | 2006年12月16日 (土) 23:46

花、買ってみようかなぁ。
お久しぶりです。

投稿: 総吉 | 2006年12月18日 (月) 23:11

あら! 総吉さん! お久しぶり!
ってバーのママじゃないんだし・・・(^-^)
どうしたんでしょう?
お元気ですか?

投稿: soukichi | 2006年12月18日 (月) 23:14

↑のコメント、笑ってしまいました。ゴメン
素敵なバラのカタログ、有難う。
家のつるバラの庭に、パイプアーチはぴったしです
おお~探していた物は、これだとね。
今朝、初霜がおりました。
けなげに咲くバラ、いとおしいですね。
とりいそぎお礼まで・・・・・。

投稿: みちこ | 2006年12月19日 (火) 07:36

みちこさま、
夜10時以降、私に電話をかけてくる人は、お酒も飲めない私に
「酔ってるの?」と聞くんでございます。なにゆえ?
ただいまの時間、わたくし疲れてハスキーヴォイスです。


ローズリスト、喜んでもらえてよかった(^-^)
つるバラはともかく、あの資材を見て欲しかったんです。
「つるバラの支柱自体は、つるで覆われてしまうので特別なデザインじゃなくてもいいと思う」という村田さんの考え方は、つるバラの庭造りをする人にとって実に合理的だと思ったものですから。
前にみちこさん言ってたでしょう?
ガゼボ作るだけでもものすごくお金がかかるって。
村田さんのパイプアーチは廉価で軽くて、いかようにも組み合わせができそうですから。
ますます立体的で素敵な庭造りをしてください。
いつか実際に拝見できる日を楽しみに。

投稿: soukichi | 2006年12月20日 (水) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつの間にか落葉 | トップページ | ベランダのミニチュアローズ »