« 花の愛 | トップページ | フィンランドからの贈り物 »

2006年12月17日 (日)

ベランダのミニチュアローズ

Harlekin_kordana

日毎に気温が下って、バラの葉っぱも紅葉したり落葉したりするなか

まだまだいっぱいツボミをつけて咲き続けるバラがあります。

ベランダがさびしくなるにつれて、いつのまにか増えてしまったミニチ

ュア・ローズ。上は覆輪といって花びらの縁に色が入るハーレクイン・

コルダナ。紫の覆輪がヴィヴィッドな印象です。下はボルドー。

名前のとおり、ボルドーワインのような深い赤。

Bordeaux_2

その花は小さいけれど、香りはダマスクローズの素晴らしい香り!

スウィート・チャリオット。

Sweet_chariott_02

環境によって、純白になったりピンクがかったりアプリコットがかっ

たりして、まったく違う表情で咲くといわれているベラ。

いまは中心からアプリコットカラーが広がる優しげな雰囲気。

Bella_01

白のモンテローザ・フォエバーまでピンクに咲いているのはなぜ?

Monterosa_forever_03

ナーセリーの試験品種だという名無しのバラ。

ストロベリー・ジュレと勝手に名前をつけました。こちらは花びらの裏

と表の色が違う複色のバラ。

Strawberry_3

クリームがかった白バラ、ロイヤルホワイト。

Royal_white

白い花びらの縁にうっすらピンクが入る覆輪のバラ。

名前のとおり可憐でラブリーな、ラブリー・モア。

Lovelymore

そして最後は、待ち望んだクラウディア!

写真は少し時間の経った花でよくないけれど、ミミエデンと並んで

小さなピエール・ド・ロンサールと言われるバラです。外側の花び

らが淡いグリーンで、何重にも重なった花びらは中心に向かうほ

どクリームからピンクへと濃くなってゆく。そこがなんとも優雅で大

好きなバラです。

Claudia

クラウディアのもうひとつの表情。

Claudia_02

ミニバラは小さいから場所をとらない、というのを言い訳に、だんだん

増えてしまったミニチュア・ローズ。いま咲いてないものも合わせると

実はもっとある。ミニバラだってけっこう大きくなって8号鉢に植え替え

たりすることを考えると、他のバラとたいして変わりないのです。私に

は今のところ『いい加減にしなさい!』と言ってくれる人はいないので

そろそろ自分でいい加減にしなきゃと思う今日この頃なのです。

|

« 花の愛 | トップページ | フィンランドからの贈り物 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん・・・一応言いますネ。いいかげんにしなさい!(^^)
すごいですね、こんなに沢山あったんだ!しかもまだ咲いてるし。キレイ系のバラが多いですね。クラウディア、たしかに小さなピエールちゃんだ。そっくりです。これはピエールちゃんみたいには伸びないのかな?
うちにあったピエールちゃんは鉢植えなのに5m以上大きく伸びたんですよ。花びらも直径10cmぐらいに大きくてキレイでした。

バラ族・・・復活が近いかも(爆)

投稿: カルロス | 2006年12月17日 (日) 12:40

soukichiさんちのミニバラ美しく咲いているね♪
我家のは花はドンドン咲いてくれるのに
葉っぱが小さな青虫に食べられてボロボロです。
毎日葉の裏までくまなく探して見つけ次第
ビニール手袋の指で潰すんだけど
中々駆逐出来ません・・
木酢液も掛けたんだけどね・・
我家の庭はワンコを時々庭に放すし近所のニャンの
通り道でもあるので強い薬は使いたくないのよねね・・・
soukichiさんちのは葉っぱも美しい~♪

投稿: | 2006年12月17日 (日) 17:01

こんばんは♪

ミニバラちゃん、私も集めに集めましたよ~
そうきちさんもこんなに沢山あったのね!!!
そうきちさんのこのミニちゃんたち、今は何号の鉢に入ってるの?8号鉢に植え替えってことは、ミニといっても今の鉢も結構大きい?
うちの先日の260円のミニは、口径30センチの大鉢に、ミニ3ポット分植えたの。まだ開花ちゅうなのに寄席たけど大丈夫かしら。
ミニだからといっても見始めるとハマるよね。
可愛くてたまらない♪
お花屋さんに行っても、ぜんぜん他の花に目がいかなくなっちゃったわ!
私もいいかげんにしなきゃと思いながらも、
気がすむまで買ってしまうかと思います(#^.^#)

投稿: bluerose | 2006年12月17日 (日) 21:52

バラ狂いのsoukichiさん、いい加減にしなされ!
って言っても止められないのよね
手入れがいいのね
葉もいきいきとしてツヤがあるもの
写真には蕾もまだまだたくさんありそう
この冬は暖かそうなのでまだ楽しめそうね
ウチのミニバラは切り詰めてしまったから来年までお預けです

投稿: tama | 2006年12月17日 (日) 21:54

カルロスさま、
お言葉、しかと受けとめました
でもカルロスさんも実にスピーディーにバラ族に復活しちゃいましたね。その行動力に脱帽!
で、もう抜けられない・・・(^-^)


借家に住んでいた頃うちにあったピエールも、鉢だったのにすごーく大きくなって、フェンスに誘引して咲かせてましたよ。
ピエールは花の素晴らしさの割には強くて育てやすくて、初心者にもお勧めのバラですよね。
あのバラが咲いたときの、なんともクラシカルな風情ったらないし。
あれで香りがもっとあったら最高なのにね。

投稿: soukichi | 2006年12月17日 (日) 22:43

凛さま、
凛さんちのバラに虫がいっぱいつくのは庭に置いてるからかなあ。
ベランダだと春から夏の間は虫がすごいけど、今の時期になるともうほとんどいないよ。気をつけてるのはカイガラムシくらいかな。日当たりの悪い木の幹の裏とかにくっ付いてるので。
凛さんのところはペットがいるから、まったく薬をかけられないっていうのが大変なとこよね。
うちもまったくの無農薬じゃなくて、たまにスプレー使ってます。
薬かけるとたちまちに効きます。
でも最近はホームセンターに行くと、『無農薬』で病虫害が防げる
バラ専用のスプレーも売っているので見てみてください。
木酢液はうどんこには効くけど、あとは木の活性と免疫力を高める、それから消毒になるというだけで、他の病虫害には効きません。

投稿: soukichi | 2006年12月17日 (日) 22:56

blue さま、
ブルーさんももうめちゃくちゃバラにハマってますよね(^-^)
でもほんとにバラを始めると他の花に目が全然いかなくなるのは
何故なんでしょう?
狭くても庭があればまた違うと思うんだけど、なんたって狭いベランダだから、よけいなもの(バラ以外の植物)は置きたくなくなるのよね。

うちのミニバラは買ったときはごく普通の3.5号サイズのもので、
それをひとまわり大きい5号くらいのテラコッタに植えたものと、コルダナ、フォエバーローズなんかのミニとしては大輪のものは株を見ていきなり8号に植えてしまったりします。
でもフレグランスさんのブログを見ると、小さな鉢でも素晴らしく咲かせているから、テクニック次第で鉢を大きくしないでも咲かせられるんだなあーということを最近知りました。
開花中で植え替えても何も問題ないと思いますよ。
コンテナ作りなんかみんなそうですものね。


そう、女は『気がすむ』ってことが実に大事なのよね(^-^)
気がすんだら意外にあっさりしちゃったりして。
なんによらず・・・

投稿: soukichi | 2006年12月17日 (日) 23:12

tama さん、
ほんとにそうですね。
もうほんとにいい加減にします。
というか、まだあとイングリッシュローズが数株送られて来るんですけど、それが来たらもううちのベランダは満杯なのです。
洗濯物を干すのに、鉢を蹴飛ばさないようにしなきゃ。
もう、これでほんとに終わり。

投稿: soukichi | 2006年12月17日 (日) 23:16

 家の庭の薔薇もまだ咲いてるけど、かわいそうな感じ、そうきちさんの薔薇たちは綺麗だね~。花びらが薄いのかな~?透明感があって綺麗。

投稿: angelseed | 2006年12月18日 (月) 00:49

こんばんは。

「ミニマニ」だったんですね。
花の無い時期
ついつい咲いている「ミニバラ」に手が伸びる
良くある事です。
誰が注意しても駄目です。(経験則から・・・)

お陰さまでノロから
完全復活しました。

投稿: ルイ | 2006年12月18日 (月) 20:14

angel さま、
うん。うちのバラはまだまだ元気です。
今年もすごく暖冬のせいかな。
12月も後半期になったというのに、休眠する気配も無い。

投稿: soukichi | 2006年12月18日 (月) 23:04

ルイさま、
復活おめでとう!
でも、本調子のときよりは免疫抗体がまだ不完全だと思うので、また別の風邪とかもらわないように気をつけてね。

私はなんによらずマニアになる気はないんだけれど、たしかにミニバラに関してはマニアかも。
先日、人というのは多かれ少なかれ何かしらに依存して生きているものだ、なんちゅー話を息子にしてしまいました。
まあ、それがバラだというのは比較的罪のないほうだと思うけれど。

投稿: soukichi | 2006年12月18日 (月) 23:12

ええーっ、こんなにたくさん咲いてるの?!
12月に?もうすぐ冬至だよ!!
薔薇は素晴しいし、正直うれしいだろうけど、
やっぱ・・変だよね、気候。
こっちもやっと今日は少し雪が積もりました。
でも、ここはそんなに寒くないけど、もっと北、前いた街ね。-25度。前日+気温でたった一晩で気温差25度。異常だよね。
あまりの異常気象に、恐怖を覚える今日この頃です。
それは置いといて、どの薔薇も素晴しいわ。
色も形もみんな好きよ。

投稿: lehto | 2006年12月19日 (火) 01:22

と言うことはバラもsoukichiさんの愛に
ちゃんと応えているんだね~。可愛い。
父が良く言っていた。花の言っていることは
花を見れば分かるって。
そうなんだ~。物言わぬ生き物って、そこが
神秘的でもあり、魅力だね。

花びらの多い花はそれなりに体力を使っている
というのは驚きだった。愛しい物だね~。

投稿: hanta | 2006年12月19日 (火) 10:25

lehto さま、
先日は久々に声聞けて、元気そうで良かったです(^-^)


今年は本当に暖冬だと思う。
ずっと暖かい日が続いて急に寒い日がくると、「寒い!」と思うけれど、それでもストーブをつけないとどうしても耐えられないって寒さじゃないもの。やっぱり何かがおかしいよね。

先月植えつけたバラの大苗も、どんどん葉っぱが出てきちゃって、
これってほんとに休眠するんだろうか?と思いながら見てます。

投稿: soukichi | 2006年12月20日 (水) 23:09

hanta さま、
ほんとにそうだと思う。そこが魅力。
私も木が花を咲かせるのにそんなに体力使っているというのは驚きでした。

美しく咲く(生き生きと咲く)というのは、植物でも人間でも大変なことなんだね。

投稿: soukichi | 2006年12月20日 (水) 23:24

そうきちさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
みなさんが、コメントされているように、
ほんとに一杯咲いていますね!
これだけのバラに囲まれていると、
それだけで幸せな気分になれますね。
うちのベランダは引越しを控えて、
少し剪定してしまっているので、
今は葉っぱしかない状態です。
今年も残すところ1週間ほどになりましたが、
来年はどんな一年になることやら。
期待よりも不安が多いので、つぶされないようにがんばろうと思います。

投稿: q-harada | 2006年12月24日 (日) 15:37

harada さん、
そうじゃなくても忙しい時期なのに、引越しを控えて慌しいでしょう?
お身体、気をつけてね。
でもバラを続けられる環境の引越し先が見つかって何よりでした。
こういうのって性格だからしかたがないけど、でも物事を始めるとき、新しい環境に行くとき、不安に思うよりも、「きっと今までよりももっと良くなる!」「きっとうまくいく!」と思って臨んだほうがいいと思うな。
人間の潜在意識の中にあるマイナスのエネルギーというのは、プラスのエネルギーの100倍も強力なんです。だから失敗壁のある人というのは、「うまくいかないかもしれない」「今より悪くなったらどうしよう」という不安、マイナスの気持ちに引きずられて、結局は懸念したとおりになってしまうの。
どのみち先のことなんて誰にも見えないんですから、心配したって同じこと。どうせなら新しい変化を楽しむくらいの気持ちで、楽天的になったほうがいいと思うよ。
それから、いつも頑張らなくてもいいと思う。
Take it easy !

投稿: soukichi | 2006年12月24日 (日) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の愛 | トップページ | フィンランドからの贈り物 »