« 父と紅葉を見に行く | トップページ | 冷めない関係 »

2006年11月27日 (月)

冬の粉粧楼とマチルダ

Funsyourou_01

冬のバラの開花は、気温が下るごとに秋バラよりさらにスローにスロ

ーになってゆきます。咲けないまま終ってしまうつぼみもある。

でも冬の冷たい大気の中で咲くバラは、白い息を吐きながら走って来

る、女の子の薔薇色に上気した頬みたいに、ふだんにも増して繊細

になり、優しくなるように感じられるのです。

Fuyuno_matilda

|

« 父と紅葉を見に行く | トップページ | 冷めない関係 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
マチルダ、確か昨年の冬にもアップされてましたね。カリプソ歌手の名前がすぐ頭のてっぺんまで
出てるんですが浮かばない人のヒットソングに
あり、そのことをコメントしたような記憶があります。
お花はやはり開く前がいいですね!
今にも開こうとして、いっぱい、いっぱいがんばって花びらをほんのりピンクに染めているようです!

投稿: うー | 2006年11月27日 (月) 17:28

粉粧楼
綺麗な色ですね。
我が家の粉粧楼はピンクがキツイですよ。
でも「美味しそう」です。

投稿: ルイ | 2006年11月27日 (月) 18:31

うーさん、
あー、そうですねえ・・・
花も咲くときにはがんばってるんですよね。
山茶花なんて木いっぱい花盛りになるでしょう?
あれって体力いるだろうなって思います。

強い北風に向かってゆくときの小鳥も、小さい身体のどこにそんな
パワーが秘められているんでしょうねぇ。いつも思うけれど、不思議。
鳥っていうのはとても孤独で、勇敢で、せわしない生きものですね。
はかなくて、逞しい生きもの。

投稿: soukichi | 2006年11月27日 (月) 18:34

はは、ルイさま、
おいしそう、ね(^-^)
(お腹すいてるの? 実は私はとても・・・)
確かに粉粉楼って、お砂糖漬けにしたら似合いそうなバラですよね。

ルイさん、私オークションでミニバラ買っちゃった!
いまベランダの一角が少し賑やか。

投稿: soukichi | 2006年11月27日 (月) 18:39

おはようございます。
フンショウロウ、うちのは終わってるの。他のバラも葉っぱも枯れちゃったのばっかり。。大丈夫かな。
お父様と紅葉楽しんでこられたのですね。今年はまだ紅葉らしい紅葉を見てないんですが、近場どっかいきたいよ~

投稿: bluerose | 2006年11月28日 (火) 09:53

どちらも冬の柔らかい陽射しに透き通るような花びら、ほんのり赤いのもやさしくて素敵
こんな薔薇があったらベランダが明るいわね

投稿: tama | 2006年11月28日 (火) 10:47

bluerose さま、
bluerose さんちのバラはなんで葉っぱが枯れちゃったんだろう?
水切れはしてないですか?
いまの時期は、バラは木にたっぷり栄養を蓄えなくちゃいけないときだから、光合成をする葉っぱは1枚でも多く残ってた方がいいんだけどなあ。うちのバラは雨で少しだけウドンコが出ていることを除けば、まだツボミもどんどん上がってきているし、葉の状態も良くて元気そのものです。

花の後のお礼肥えはしたかしら?
いまの時期は苦土石灰を株のまわりに鋤き込んであげるといいですよ。幹が硬く締まるのに役立ちます。
あと来月はマルチングね。

私は今度の剪定はどんな風にやろうかと考えてます。
強剪定で行くか弱剪定で行くか。
ミニチュア、フロリバンダはかなり強めにして、イングリッシュは弱めでいこうかと思ってるんですが・・・
剪定によってかなり来期の状態が左右されるので、bluerose さんも検討しておいたほうがいいかも。(剪定するのって、慣れないとけっこう勇気がいるでしょう?)

紅葉見に行くのもダーリンは退屈なのでしょうか?

投稿: soukichi | 2006年11月29日 (水) 22:20

tama さん、
そうですね。
まだとうぶんはバラが咲き続けるのでベランダはさみしくないです。
ただ、庭があると自分が育てたんじゃないものまで芽を吹いて、花を咲かせたりするでしょ?
あれがいいですね(^-^)
うちのはそういうのは無いの。
バラが枝から全部葉を落として休眠期に入ってしまったら、私のベランダは一気に寂しくなります。
今年は最後のバラはいつかなあ・・・

投稿: soukichi | 2006年11月29日 (水) 22:27

ハイブリットの葉っぱがほとんど落ちてしまったの。実はうちのマンションベランダの改装工事が長引き、バラたち飛び飛びで延べ2週間ほど部屋の中だったの。
葉っぱが落ちたのはそのせいかなあ。しかもあがってきていた蕾も開かずに枯れちゃったのもあるし悲しい~
日当たりの良いマンション下の外に運ぼうかともおもったんだけど、盗まれる可能性もあるしね。
これからどうしたらいいんでしょう。
剪定はルールがあり難しいですね。他の草花みたいに適当な剪定・・というわけにもいかないし、、、

投稿: bluerose | 2006年11月30日 (木) 11:15

bluerose さま、
やっぱりその2週間が影響してるのかなあ。
でも、バラは(特にハイブリッドは)強いから、これからやるべきことをやれば問題ないと思うよ。
『バラ色のサイト』の中にリンクしている『フレグランスワールド』さんのブログの中にも剪定例が載っているので、よかったら見てみてください。

ルールは、ハイブリッド、フロリバンダ、ミニチュアは強剪定で、特に弱った木(弱ってるとなかなか切るのはためらわれるけれど)は強く剪定した方がいい。
イングリッシュやオールドなんかは浅めでいいんじゃないでしょうか。
切る場所は外芽の5枚葉の少し上を、斜めに。
・・・がルールだけど、ルールどおりじゃなくて、自分のしたい(好みの)樹形をイメージしながら、内芽、外芽と切ればいいんじゃないかな。

投稿: soukichi | 2006年12月 2日 (土) 00:24

ありがとう。剪定場所やっぱりムズイ。
昨日横浜のお花屋さんにバラ園のかたが来ていて、管理や剪定のお話きいてきたの。
それでもまだよくわかってないのみ込み悪い私。
昨日は名前もわからないミニローズとアイビー寄せ植えたの。
テラコッタの大鉢がね、うち沢山あるんだけど、他の花に目がいかなくて今は草花系の寄せ植えほとんどやってなくて鉢も放置したままなの。それらを利用してミニを寄せようかと思うの。でも口径は広いけど高さがない鉢たちなので、バラの種類も限られるけど。・・
鉢バラがどこまで育つのか楽しみでもあるけど、全部ダメになったという話もきくとドキドキね。(うちもそうだったけど(ーー;))
わからなくて困った時はよろしくね。

投稿: bluerose | 2006年12月 4日 (月) 09:49

はい。bluerose さん。
そんなに神経質にならなくてもだいじょーぶです。
私もう10年以上もバラと寄り添って暮らしてますけど、彼らは下手な人間よりよほど強い!
でもって愛をくれる。惜しみなく。
テラコッタの大鉢にミニチュアローズとアイビー、いいじゃないですか。クリスマスっぽい。
お花見て元気だしてね(^-^)

投稿: soukichi | 2006年12月 4日 (月) 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と紅葉を見に行く | トップページ | 冷めない関係 »