« 今年も、ひとつだけ | トップページ | 寒い! »

2006年11月16日 (木)

バラの種を撒いた

Mishou

今日は良く晴れたけれど陽射しは以前より弱くなり、大気はひと晩で

冷たさを増した。日に日に冬が近づいてくる。

寒いのは好きじゃないけれど、頭がどんどんクリアーになってゆくよう

な、この冬の大気の爽やかさは嫌いじゃない。

今日はバラの種を撒いた。

原種にオールドローズにイングリッシュローズといろいろ。冷蔵庫にし

ばらく入れておいたものから、収穫したてのものまで。水に浸して沈

んだものが充実した種で、それを撒くのが良いのだけれど、もともと

2、3個しかない種類のは浮いたものも撒いてしまった。かがんで小

さな種を撒いていると子供の頃を思い出す。毎年、夏が来る前、朝顔

の種を撒いた。いつ芽が出てくるかとわくわくして待った。かわいい双

葉が出てきて、やがて本葉になる。伸びてきた蔓を支柱に絡ませる。

ミルキィキャンディーのようなストライプの長いつぼみがついて、つい

に花が咲くまで、夏の日のお楽しみ。

朝顔の種のようにすぐに出てくればよいのだけれど、バラの種はそう

はいかない。今から撒いても早くて2月か3月、品種によっては更に

数ヶ月出てこないものもあるらしい。それにルイさん によると、実生

に初めてトライした1回目の年は全滅だったというから、あまり期待

しない方がいいかもしれない。種を撒いて土をかけて、たっぷり水を

やった後に、土が乾かないように腐葉土で覆った。あとすることは、

発芽まで土が乾かないようにたまに水をやるだけ。

種からできた花のことを実生と言って、実生のバラは普通に芽接ぎ

や切り接ぎでできた花より姿、形も大きさも劣るけれど、実生のバラ

には素朴な美しさがある。もしこの中のひとつでも私の生まれた2月

に発芽して、花が咲くところまでいったなら、そのときには自分の名

前をつけようかな。私は待つのは苦手だから、水遣りだけ忘れない

ようにして、基本的には忘れてしまおうと思うのだ。忘れた頃に腐葉

土をほっこり持ち上げて、かよわくも逞しい双葉が頭をもたげたら、

それこそギフトじゃない? と思う。

Mishou_01

|

« 今年も、ひとつだけ | トップページ | 寒い! »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

私はバラではないけれどこの作業は楽しいんです
頑張って芽を出しておくれって思いますよね
私も忘れていることが多いんですけどね
鳥が落としていった種もいつの間にか芽を出すとなんの木になるのか楽しみですよ
そして出てきたのは山椒だったり紫式部、今では立派な鉢植えになってます

投稿: tama | 2006年11月16日 (木) 23:44

ほお・・・
tama さん、それはすごい。
立派な鉢植えかあ・・・
バラも芽をだ出すまでは長いけれど、順調にいけば1年でずいぶん伸びるみたいです。
でも、四季咲きバラの種なら発芽から約半年で最初の花が見られるそうですけれど、一季咲きともなると3、4年はかかるそうです。
気の長い話ですね(^-^)

投稿: soukichi | 2006年11月16日 (木) 23:58

あ♪前にブログアップされていた薔薇の種ですね。
上手くいくと良いね♪薔薇の新芽ってどんなのだろう?
やっぱり双葉なのかな?
想像してふふふと楽しい気分になりますね。
そうそう・・忘れているってスタンスが良いよね!
どうぞ、可愛い芽が出ますように~♪

投稿: | 2006年11月17日 (金) 05:38

soukichiさん、私も楽しみにしています。
ほんとうに一つでも可愛い芽を、だしてくれますように・・・・祈らずにはおれない気持ち。
木の葉の紅葉は、こちらはずいぶんおくれています。
用事で京都に行きましたが、ぜんぜんでした。

投稿: みちこ | 2006年11月17日 (金) 05:53

バラってチューリップの球根と同じ頃に種を蒔くのですか。
春先にかわいい芽が土を押し上げて顔を覗かせるのが楽しみですね^^
うちは風が強いからかベランダに花が育ちません。
(サボテン女だから?という突っ込みには耳ペタン)
茎が長く伸びられないし、ひょろひょろ。
張り切ってムスカリと色とりどりのチューリップの球根を
寄せ植えした時は張り切った分だけ
がっかりしてしまいました。
こちらのバラを我が家のバラといたしましょう(笑)

投稿: | 2006年11月17日 (金) 09:29

こんばんは。

ある日双葉か顔を覗かせ
やがて小さいながらも、バラの葉っぱ出て
生意気にも「棘」も出てきます。

「交配」などの高等な実生でなくても
タネから育てる「バラ」は格別です。
「soukichi」薔薇が生まれますように!!

投稿: ルイ | 2006年11月17日 (金) 18:20

そうきちさん、こんばんは。
こっちは、まだ半分くらい種まきせずに冷蔵庫に入れています。そろそろプランターの準備をしようと思います。
この種からどんな芽が出てくるか、すごく楽しみですよね!
芽が出て、綺麗な花が咲いたら、次はどんな名前をつけるか、楽しみは尽きないですね!

投稿: q-harada | 2006年11月17日 (金) 23:13

凛さま、
いつもありがとう。
そう双葉だよ。かわいい双葉(^-^)
芽が出たらまた写真をアップするね!

投稿: soukichi | 2006年11月17日 (金) 23:23

みちこさま、
どうもありがとう。
私はいたって気楽なスタンスなのです。
私もみちこさんじゃないけれど、この1回で駄目だったらもうやらないかも、と思ったり、いやいや待てよ、来年の夏にそれぞれのイングリッシュローズに1個か2個ローズヒップができるようにして、四季咲きだけでもう1回だけトライしてみるのもいいかなあ~、とかね。
でも基本的に長く待つのは嫌いなので、苗を植えたら芽が出てくる、という方が性に合ってます(^-^)

秋の京都、秋の京都・・・
考えただけで頭がいっぱいになってしまうなあ・・・

投稿: soukichi | 2006年11月17日 (金) 23:31

柊さま、
うちも4階だからめちゃめちゃ風強いよ!(と、にこにこして言う。)
柊さんてもしかして、サボテンも枯らすB型オンナ?
で、うう女なんだよね?
あのブログからすると左脳的なんだけどなあ。
(言語野って左脳でしょ?)

私はささ女でした。
『女性の中で最も男らしいタイプです』だって!
柊さんにも中性的なブログ、と言われたけれど、昔から中性的で年齢不詳と言われてまいりました。だからいい歳になってから急に色っぽいなどと言われると困惑してしまう。ただオバサンになっただけじゃないの? とかね。

球根、私も苦手。
去年、ヒヤシンスやって懲りました。
時間がかかる割に花が咲いている時間が短い!
咲いた後の球根が美しくない!
バラはみんなが思ってるよりずっと強くて植えっぱなしでいいから良いのです。
はいはい、シェアしてくださいませ。
仮想空中庭園ね(^-^)

投稿: soukichi | 2006年11月17日 (金) 23:51

ルイさま、
どうもありがとう。
なんだか思い切り、力入れて願ってもらっちゃいましたね。
ルイさんの念力で出てくるか?(^-^)

でも、さすがに「そうきち」とはつけないけどね。
嫌でしょ、そんなバラ・・・

投稿: soukichi | 2006年11月18日 (土) 00:08

harada さん、
うん。楽しみ♪
バラの楽しみって尽きないし、いくらやっても飽きるどころか、ハマるよね。
これって猫好きにも通じる?
一生懸命、何やらやってるうちに、いろいろ嫌なことも忘れちゃって、バラがあってよかったなーと思います。
さっきエントリしたテキストは、色っぽさに関連してバラの魅力の秘密に迫ってみました。

さて、harada さんだったらバラになんて名前をつけるのでしょう。
かつて愛した人の名前、とか?

投稿: soukichi | 2006年11月18日 (土) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も、ひとつだけ | トップページ | 寒い! »