« 11月の朝 | トップページ | 大苗の植え付け »

2006年11月12日 (日)

秋のローズカフェ

Rose_cafe_02_3

11月だというのに半袖でもいいくらい陽射しが暑かった日の朝、思

い立ってローズカフェに出かけた。今回も早朝とはいかなかったけれ

ど、開店少し前に着いて、いつものようにガーデンを見せてもらう。

春ほどではなかったし、すでに秋のピークも過ぎた感はあるにしろ、

いつもながら気持ちの良いガーデン。秋の陽に輝くバラたち ・・・

Rose_cafe_08_2

プロスペリティーのアーチ。

Rose_cafe_11_2_1

超房咲きのバラ。

Rose_cafe_06_2

Rose_cafe_07

いつ見ても無邪気なアンジェラ。このバラを見るたびに私はジョビン

の『ANGELA』が頭に流れてしまう。

Rose_cafe_10

なんというブルースカイ!

Rose_cafe_09_2

ひと通りお庭を見せてもらった後で、この日はめずらしくレストラン

が空いていたので、ローズカフェで初めてランチをすることにした。

これはココット・セット。

そしてオープンエアの気持ちよいテラスで食事を始めたら、おかしな

ことってあるもので、目の前を見たことのある女性が通り過ぎた。

Rose_cafe_2

彼女は相変わらずスポーティーで、私が知っている頃から見ても老け

たようなところもなく、むしろすっきりしてきれいになった感じだった。

私には頭の中で気にかけている女性が何人かいて、彼女もその1人

だった。でも彼女と会わなくなってもう何年も過ぎていたから、すぐに

名前が出てこずに私は携帯の中に入っている名前を探さなきゃなら

なかった。彼女とは友達という関係でさえない。私がテニスコートで

働いていた頃そのクラブの会員だった人で、辞めた後にトーナメント

のドロー表を見に行ったときに彼女と偶然出くわした。彼女は私の顔

を見るなり「よかった!」と言った。「あなたが辞めた後、どうしてももう

一度会いたいと思ってフロントであなたの住所を訊いたけど、教えて

もらえなかったの。もう2度と会えないかと思った!」

ふだん特別、人に興味を持つことも執着を抱くことも滅多にない私は

やけに大げさだな、と思いながら、乞われるままにメールアドレスを

交換した。その後、テニスコートが見えるレストランでお茶をしたり、

私の家に来て、靭帯を切ってテニスどころか仕事さえできなくなった

彼女の悩みを聞いたりした。私は自分のところに来る人にはかなり

手厚くしているつもりなのだけれど、私からすると一方的で理不尽な

ことが理由で彼女とは疎遠になった。以来4年? 

食事の後にショップの中を見ながら彼女の姿を探したら、彼女は『予

約席』という札のある席に女友達と一緒に座っていた。

彼女も私に気がつくと表情が止まり、声をかけてきた。

「お久しぶりね」で始まる会話を少しした後、彼女が身を乗り出して、

「そうだ」と言った。「私、離婚したのよ」。・・・ はあ。そういうことか。

それはいつのこと? と聞いたら7月だって言う。「まだついこの間

じゃないの」と私は言った。「わかった。今日はお連れのお友達も

いらっしゃるから、後でメールします」と言って、彼女の新しいアドレ

スを携帯に入れて、バラの肥料を買って店を出た。

私はときどき思うのだけれど、人の縁ってなんなのだろうと思う。

縁あって知り合って大事にしていても終ってしまうときは終ってしま

うし、この日みたいに滅多に行かないカフェで偶然にも一度切れた

ように見える縁とまた繋がってしまうときもある。私の好むと好まざ

るとにかかわらず ・・・

彼女とはもう一度くらい会って話すことになるかもしれないなと思い

ながら、ローズカフェを後にした。

Rose_cafe_03_3

|

« 11月の朝 | トップページ | 大苗の植え付け »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

人の縁は不思議なものですよね。
3年ぐらい前だったか
やたら昔の知人に出会う事が有りました。
あの時は何だったのだろう??
今でも不思議です。

soukichiさんがcafeに行った日
フレグランスさん、RORの大野さんが
来たそうです。
写真が飾って有りました。

今度寒い冬にでも
cafeで薔薇談義でもしましょうか・・・・
きっとお店も空いてると思います。

(家事しない事ばれましたね。
でも風呂掃除は私の仕事です!!)

投稿: ルイ | 2006年11月12日 (日) 19:55

去年もこういうダイアリーがあったな。って思って振り返った。 自然は偉大なり。

投稿: MOAPA | 2006年11月12日 (日) 21:44

今年の秋のバラは春に負けないくらい大きくまだ咲いているって聞いたけどまだまだ見られるのね
秋のほうが香りが強いって本当?
香りに包まれてのランチもゆったりと気持ちよさそう
関係ないところでバッタリ会ったりとはなにかの縁が働いているのかしら
不思議ね

投稿: tama | 2006年11月12日 (日) 22:22

ルイさま、
ああ、そう。ルイさんも・・・
そういうのってなんなんでしょうね?
私はいまちょうど縁と運の変わり目なのかなって思います。
ここ6年間くらいの縁がことごとく終って、また新しい縁が始まるような・・・。彼女とこの日出会ったのも、また縁が繋がるんじゃなくて、
彼女からひと通り話を聞くことで私の心配事が頭からひとつ消えて無くなることを意味してるのじゃないかと。

私はフレグランスさん、RORの大野さんってよく知らないのだけれど、皆さん、お近くなんですね。
さっきharada さんのところでルイさんのコメントを読んで、フレグランスさんのブログを初めて拝見しました。
例の、11月でもバラの植え替えをしてもいいって記事。
ほんとに目からウロコでした。
鉢から取り出したバラの根を「大根を切るように」切ってもいいなんてね。びっくり!
だって私の本には、根を傷めないように鉢から取り出して水洗いし、余分な細根は切る、と書いてあるんだもん。
でもその記事を見たので、私も今月中の暖かい日に植え替えを済ませてしまおうと思いました。
私は今日も寒風吹きすさぶなか元気に遠くのホームセンターまで自転車でぶっ飛ばし、12号鉢とバラ用土と鉢底石を買って、自転車の前カゴに20キロ近くある荷物を載せてゆるい上り坂をエッチラオッチラ帰って来ました。これってちょっとした筋トレね(^-^)

冬のリビエラ、じゃなくて、冬のローズカフェ?
ちょっと想像できないけれど春待ちバラ談義ですか?
では、熱いホットチョコレートなどいただきながら・・・

投稿: soukichi | 2006年11月13日 (月) 00:27

MOAPAさん、
そうだっけ?
去年なんて、そんな昔のこと忘れちまったぜ!

byボギーに首ったけ

投稿: soukichi | 2006年11月13日 (月) 00:29

tama さん、
今頃の天気の良い日の深大寺植物園を歩くのは気持ちいいよね。
秋のばらフェスタはまだやってるのかなあ。
このあいだ見に行ったばかりのような気がするのに、1年はなんて早いんだ・・・
いつもこの時期になると同じようなことを書いている気がする私です。
私はこの日は彼女に呼ばれたんだと思いました。
彼女もここでランチをするのは初めてだったというし。
まさに縁は奇なもの、です。

投稿: soukichi | 2006年11月13日 (月) 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月の朝 | トップページ | 大苗の植え付け »