« 切なさの心象風景 | トップページ | 秋のローズカフェ »

2006年11月11日 (土)

11月の朝

2006oonae

今日は久しぶりの雨の朝。

でも、まだそれほど寒くない。

昨日の夜、京成バラ園 からオーダーしていたバラの苗が届いた。

朝の5時という早朝のメールで、でも届くのは今日だと思っていたの

に、なんという速さ。バラ農園で働く人たちは早朝から日の暮れまで

外で働いて、この時期は夜遅くまで発送に追われているのだろう。

土がまったく付いていない裸苗の状態で届いたので、さっそく昨日の

うちに用意しておいたローズポットに植え付けを始めたら、1本植え終

わった段階で、もう1本は10号鉢でも入らないことが判明。

フロリバンダなのに10号鉢でも入らないとは!

実は昨日、早朝に来た発送メールを受けてすぐにドイトにローズポット

と土を買いに行ったのだけれど、あいにくいつも買っているグリーンの

10号鉢が切れていた。困り果てて売り場から友人に電話したところ

たまたま友人のところに10号鉢がちょうど2つ余っているというので

それを譲ってもらってラッキー! と思っていたのに ・・・・・・

とりあえず鉢に入らなかった苗は水に漬けて今日のところは終了。

明日またドイトに鉢と土を買いに行かねば。

今日はこれから、またもや2週間ぶりになってしまったスイミング。

****************************************************

追記:

午前中はスイミングに行くので焦って上の記事をアップしたのだけれ

ど、もう少し付け足して書くと、今回買ったのは下のバラです。

これは、数々の賞を受賞しているという『アンドレ・ル・ノートル』。

Andore_01_1 Andre 



京成バラ園のHPの説明によると、『やわらかい杏色の大輪花を次々

に咲かせる芳香の素晴らしいグランディフローラタイプ』とある。

四季咲きのフロリバンダ・ローズでありながら、強い芳香を持つアン

ティーク・タッチのバラ。そして、もうひとつもアンティーク・タッチのフ

ロリバンダで、今期の新作、『ハニー・キャラメル』。

Honey_caramel_2   

同じく説明には、『こくのあるキャラメル色とディープカップの花形が

大変個性的かつ魅力的な品種。カップ゚咲きの中は、小さな花弁が

ぎっしりつまっています』と書かれている。2本ともほとんどこの見た

目に惹かれて買ってしまったのだけれど、実はどちらも高生種でか

なり丈が伸びるバラだから、あまり鉢植え向きとは言えない。だから

昨日ドイトで10号鉢が在庫切れと言われたときには、その上の12

号鉢を買おうかとも思ったのだけれど、12号鉢って赤ちゃんの沐浴

ができるんじゃないかと思うほど大きいのです。直径30cmの鉢が

10号鉢なら、12号鉢は直径38cmもある。そんなのをいくつも置い

たら私の狭いベランダはすぐにいっぱいになってしまうではないか。

せめて、いきなり8センチも大きくなるんじゃなくて中間の33とか35

cmのがあればいいのに。実際、育ててみたらどんどん大きくなって

しまって私のベランダでは持て余す、というようなことにもなりかねな

いかなあ、などと思いつつも買ってしまったのこの2本のバラ。

私は基本的にはイングリッシュローズとオールドローズ、それにミニ

チュアローズがあればいいのだけれど、それだけだとどうしてもベラ

ンダに花が全く無い時期ができてしまうので、フロリバンダを買うこと

になる。フロリバンダの良いところは、とにかく強健で病虫害に強く、

手間いらず。四季咲き性に富み、多花性で繰り返し花を咲かせ続け

ること。コンパクトな樹形になることもベランダ栽培ではありがたいと

ころだ。最近ではオールドローズの要素を持った芳香性のフロリバン

ダも増えてきたので、ますますその需要は高いと思う。

多花と言えば今年買った四季咲き性のオールドローズ『アルシュディ

ック・ジョセフ』も、買って以来ずっと花を咲かせ続けていて、その体

力には驚かされている。そういうバラに必要不可欠なのは水遣りを

欠かさないことと、花が終った後の肥料を切らさないこと。2本のフロ

リバンダローズが写真のような花を咲かせるには数年かかるだろう

けれど、今からとても楽しみです。

|

« 切なさの心象風景 | トップページ | 秋のローズカフェ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、またまたお邪魔しますー
京成バラ園から苗が届いたんですね!
今度はどんなバラを購入されたんですか?

国内の苗でも、この時期には裸苗で届いたりするんですね。ということは、京成バラ園さんの畑で育てて、掘り起こしたものなんでしょうか。
それで、10号鉢でも入りきらないくらい、大きく育ってるのかもしれませんね。
それにしても、そんなに立派な苗だと、来春が楽しみになりますね。

投稿: q-harada | 2006年11月11日 (土) 13:14

ブロ友さんのエントリの中で時々京成バラ園の事が
出て来るので、気になっていたの。
中々有名なバラ園なんだね♪
soukichiさんが苗を注文するんだから
「推して知るべし」だよね。
苗と土が良ければ、殆ど成功したみたいなものだって
前にsoukichiさんが教えてくれたよね。
勿論もろもろの大変な事は多いだろうけど
究極は苗と土に行き着くのかな?
アンドレ・ル・ノートルもハニー・キャラメルも
中々の美人ちゃんだね。春が楽しみな凛です。

投稿: | 2006年11月11日 (土) 18:09

大苗の季節か・・・

何だか昨日まで暖かさだと
実感が湧きません。

例年この時期、植え付けをし、最後の水遣りの時に間違って、体に掛かろうものなら
大騒ぎに成るのですが・・・・
今年は未だ水が冷たくは
有りませんね。

投稿: ルイ | 2006年11月11日 (土) 18:43

お礼の連絡が送れて御免なさい。
CDが届きました、ありがとう!
今週はバタバタしているからCDまだ聴いてないけど、明日聴いてみます。
hashibamig先生には犬の散歩で通りかかるからその時に渡しますね。
で、そのお礼に見せたいものがあるんだけど、2年ほど前にNHKでトムジョビンとジョアン・ジルベルトのイパネマの娘の誕生ドキュメントを放送した番組があってね、それを観た事ありますか?
観てなければ送りたいんだけど・・・。

投稿: hilaling | 2006年11月12日 (日) 00:09

harada さん、
2回目の登場、どうもありがとう(^-^)
プールから帰って来てから追記しました。

これをオーダーした頃はちょうど今年のイングリッシュローズが手に入るかどうかわからない、と言われていたときで(さっき、12/4以降には発送できそうとメールが来たのだけれど)、夜中にこの写真を見ていて、思わずオーダーしてしまったのよね。京成ローズは老舗だけあって写真の見せ方がとても上手いと思います。
もちろん苗は専用農場から掘り起こしたものだと思うよ。
アンドレ・ル・ノートルの方は根の太いところだけで、ゆうに10号鉢の丈では足らなかったのです。でも12号鉢に植えたこの苗がどうなるかを想像すると、嬉しいような困るような・・・です(^-^)

投稿: soukichi | 2006年11月12日 (日) 00:45

凛さま、
うん。京成ローズは老舗で有名です。
国産の新作の多くは、ここを介して供給されると思っていいんじゃないかな。
私が買ったこの2本もそうだけれど、ここでしか買えないバラがある。(ここのタグが付いて一般小売店に卸されるんだけどね。)

それから、良い苗を買って良い土に植えるということは、やっぱり最も大きなポイントだと思います。

たとえば凛さんが庭にバラを直植えするとしたら、信頼できるナーセリーから(できれば自分の目で実際に見て)病気のない健康で枝振りのいい大苗を買ってきて、庭の日当たりの良い場所に直径、深さとも40cmから50cmの穴を掘って、そこに元肥と土をいくらか入れたところに苗の根を広げて置く。それから接いだところ(コブみたいになってるところ)が土の上に出るように土をかぶせて植えつけたら、土を足で少し踏んで押さえて、バケツでたっぷり水をやったら終了です。
その最初の作業さえきっちりやったら、直植えの場合は、後はそれほど手はかからない。
土の表面が乾いてきたら水遣りをする、というのは基本として、芽が出てきたら虫がつかないように気をつける。細い枝が伸びてきたら折れないように支柱を立てる。必要な時期に株の周りを掘って肥料を鋤き込む。必要があれば時々消毒をする。
それだけで充分に素晴らしい花が楽しめるよ!
たぶん、いつも凛さんがこの時期やっている球根の植え付けより、
ずっと簡単だと思う。
ちなみに大苗というのは今時期に出始める2年苗のことです。
まあ一度やってみてください。花が咲いたら感動ものよ!

投稿: soukichi | 2006年11月12日 (日) 01:08

ルイさん、
家事やってないでしょ?(^-^)
朝晩は食器洗うときの水が冷たくなってきたよーに思うけどなあ。
それともそれは私の住んでいるところのほうがルイさんのところより田舎(郊外)だからなのか?

でも確かに実感わかないです。
暮れの植え替えの作業こそ、人から『バラきち』と呼ばれる所以を
しみじみ感じるものはないもんね。
でも先日のルイさんのコメント(植え替えに関する)を読んで、さすがに男の方は違うなーと感心致しました。
私は必要な土を買って4階まで持って上がるだけで重労働。
苗を鉢から引っこ抜いて、根を洗うのも重労働。
いらなくなった土を下に運ぶのも重労働です。いやはや・・・
ゆえに私は今年も自分で土を配合するのはあきらめ、バラ用土を使っちゃいます。

投稿: soukichi | 2006年11月12日 (日) 01:20

平りんさん、どうもです。
はい。明日(もう今日か)にでもゆっくり聴いてみてくださいませ。

それから、私、それ見たことないです。
送っていただけるなら嬉しい!
ありがとう!

投稿: soukichi | 2006年11月12日 (日) 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切なさの心象風景 | トップページ | 秋のローズカフェ »