« 日の入り | トップページ | 秋の陽の中で »

2006年10月18日 (水)

古いバラ、復活!

Revive

これは我が家でもっとも古いバラの株。

もうかれこれ12、3年前も前、私がまだオールドローズもイングリッ

シュローズも知らなかった頃に、当時、伊勢丹の1階にあった『ロー

ズギャラリー』の店先に飾ってあったミニチュアローズの鉢に目が留

まって、結婚記念日も近かったし、私としてはかなり悩んで奮発し

て、赤と白とピンクの鉢を送ってもらうことにした、そのひとつだ。

そのバラたちは数年間は素晴らしく咲いていたのだけれど、度重なる

引越しやら何やらで最も弱い白バラが一番先に駄目になり、何故か

強いはずの赤バラもいつのまにか枯れて、最後に残ったのがこのピ

ンクのバラの木。株はすっかり古くなって盆栽のように堅くなり、ここ

数年は新しいシュートを出すこともなく、たまに小さいひねた花を咲か

せる程度だった。先日、ローズカフェのオーナーと話したときにも『株

の寿命』という話が出たから、きっとこのバラもそろそろ終わりなんだ

ろうと思っていた。ところが何が良かったのだろう?

鉢のサイズを少し大きくしてバラ用の土と牛糞を足したことなのか、

9月の半ばに施した苦土石灰と有機肥料が良かったのか。

それ以降みるみる勢いを取り戻した。次々に元気な緑の葉っぱが出

てきて、つぼみもついた。今はこんな風に咲いていて、株元からは数

年ぶりに新しいシュートも出ている。嬉しい!

こうなるともう私の気持ちが伝わったような気分。花咲かジイサンみ

たいな気分だ。もともと花屋の店先に捨てられるように置いてあった

枯れかけのミニバラを買ってきて再生させてから、すっかりバラを育

てる喜びに目覚めてしまった私。だからバラはやめられない。

去年、たったひとつだけ花を咲かせた枯れかけのグラミス・キャッス

ルもここまで復活した。あともう少し。

春から夏までずっと日照不足だった今年。

我が家のバラたちが元気になったのは、最近ずっと続いているお天

気のせいもあるんだろうな。太陽の光ってほんとにありがたい。

人にも植物にも。

お陽さま、ありがとう!

Revive_01

|

« 日の入り | トップページ | 秋の陽の中で »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

綺麗な葉っぱですね。
来年の春には一杯花が見れると
良いですね。

株の寿命   10年位でしょうか?
我が家の古株も台木が直径6~7cm程に
大きくなり、堂々とした感じですが
花は少なく成ったと思います。
挿し木で株の更新の時期でしょうね。

投稿: ルイ | 2006年10月18日 (水) 22:03

バラには寿命があるんですか
案外短いんですね、知らなかったわ
バラに限らず定期的に鉢を変えることは必要なんでしょうね
根が詰まって酸欠になるみたい
水はけが悪くなったり吸い込みが悪くなったら根詰まりなんでしょうね
手を掛けてあげれば答えてくれるのが張り合いでもあります
じっくりと向き合うとなにが悪いのか見えてくるんですね
でも最近放りっぱなしなことが多いわ

投稿: tama | 2006年10月18日 (水) 22:40

そうきちさん、こんばんは。
バラの株の寿命、やっぱりいつかはそういうことを考える必要があるんですね。
でも、鉢を大きくして、これだけ綺麗な葉や新しい芽が伸びてくるなんて、まだまだ現役ですね!
バラを育て始めて驚いたのは、こういう強さなんです。がんばって花を咲かせているバラを見ると、力がわいてくる気がしますね。

投稿: q-harada | 2006年10月18日 (水) 23:26

ルイさま、
どうもありがとう。
ほんとにそうなるといいな。

ルイさんは挿し木もまめにされてますね。
私は挿し木はしない。
寿命のままに終るので良いと思ってしまいます。

投稿: soukichi | 2006年10月19日 (木) 00:03

tama さん、
鉢植えという制限のある環境では、10年から、12、3年くらいらしいです。でもうまくやればもっと長くなる、という説もあります。
地植えの場合は株自体がもっと大きくなるから、もっと全然長いんじゃないかと思います。
鉢を大きくしてあげるのはほんとに大事ですね。
その際に、増えてしまった細根はある程度切って整理してしまうの。
それができるのはバラの休眠期の真冬だけですけれど。

バラは手をかけたらかけただけダイレクトに答えてくれるから、わかりやすいし、やりがいもあるし、喜びも大きいです。
人間じゃこうはいかないもの。
いくら愛情をかけても駄目な場合だってあるし、人はとっても気紛れだし。

投稿: soukichi | 2006年10月19日 (木) 00:12

harada さん、
ほんとよね。
私達はバラを育てながら、バラからいっぱいパワーやエモーションをもらってるよね。
繊細な感情の機微、みたいなものを持った特別な花だから。
だから、やめられないんじゃない?(^-^)
私はharada さんのモスローズも楽しみにしてるの。
早く花が咲くといいなあ・・・

投稿: soukichi | 2006年10月19日 (木) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の入り | トップページ | 秋の陽の中で »