« ANNIVERSARY | トップページ | Rainyday in blue »

2006年7月18日 (火)

SOMEDAY

Tokyo_tower_5   

街のうたが聞こえてきて

真夜中に恋を抱きしめた

あの頃

踊り続けていた

夜のフラッシュライト浴びながら

時の流れも感じないまま

窓辺にもたれて夢のひとつひとつを

消してゆくのはつらいけど

若すぎてなんだかわからなかったことが

リアルに感じてしまうこの頃さ

Happiness & Rest

約束してくれた君

だからもう一度あきらめないで

まごころがつかめるその時まで

SOMEDAY

この胸にSOMEDAY

ちかうよSOMEDAY

信じる心いつまでも

SOMEDAY


「手遅れ」と言われても

口笛で答えていたあの頃

誰にも従わず

傷の手当もせずに ただ

時の流れに身をゆだねて

いつかは誰でも愛の謎が解けて

ひとりきりじゃいられなくなる

Oh ! ダーリン

こんな気持ちに揺れてしまうのは

君のせいかもしれないんだぜ

Happiness & Rest

約束してくれた君

だからもう一度あきらめないで

まごころがつかめるその時まで


SOMEDAY

この胸にSOMEDAY

ちかうよSOMEDAY

信じる心いつまでも

SOMEDAY


いつかは誰でも愛の謎が解けて

ひとりきりじゃいられなくなる

ステキなことはステキだと

無邪気に笑える心が好きさ


”SOMEDAY” 佐野元春

****************************************************

いつかラジオを聴きながらメールの返事を書いていて、突然この曲が

流れてきたときには思わず手が止まってしまった。

佐野元春の『SOMEDAY』って、やっぱりこんなにいい曲だったんだと

あらためて実感してしまった朝。確かに昔オンタイムで彼のこの歌を

聴いているはずなのに、いつの間にかこの曲は私のなかでは矢野

顕子のカバーの方が記憶の中心になってしまっていたらしい。

『SOMEDAY』を聴くと、若いときの痛さをリアルに思い出す。

不器用でデリケートでええ格好しいで純粋で、輝いていた残酷な時

代。佐野元春も永遠の少年みたいだ。

歳をとって大人になると、人は強くなるかわりに若い頃の繊細さや

敏捷さや感受性を失くして、厚顔になったり鈍感になったりするもの

らしいけど、私は全然そうならない。全くならない。断じてならない。

なるもんか。だから時々、痛い思いもするけれど、ずっと捨てずに

持っていよう、弱さも繊細さも。心に『SOMEDAY』を抱いて。

もういちどあきらめずに。

|

« ANNIVERSARY | トップページ | Rainyday in blue »

Today's humming♪」カテゴリの記事

コメント

この一枚の写真???  ちょっと遊べました。
なにか胸に、ひっかかるものがある。
このタワーは、東京、パリ・・・自分の心の光のタワーでしょうか。
酔っ払い運転じゃないでしょうね、夢みているような。
想像力かきたてる映像は、貴女のおてのものでした。

投稿: みちこ | 2006年7月18日 (火) 15:21

いつかは誰でも愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
ステキなことはステキだと
無邪気に笑える心が好きさ

わかるようになった。

投稿: MOAPA | 2006年7月18日 (火) 22:35

みちこさま、
そんなに言っていただいてなんなんですけど、残念でした。
ずっとこのSOMEDAYの歌詞をアップしたくて、それには東京タワーの写真だとイメージしていたんだけど、なかなか夜のお出かけをする機会がなくて、昨日はめずらしく理性より感情の方が先走ってて、どうしても昨日の夜中にアップしたくてフリーの素材屋さんからいただいてきました。ほんとはもっとキラキラの東京タワーと暗い夜道のコントラストが欲しかったのだけれど。
東京タワー。東京人の私はずっと灯台下暗しでしたけど、やっぱり夜近くで見るときれいなの。
いつか行きましょう。

投稿: soukichi | 2006年7月18日 (火) 23:42

MOAPAさま、
それじゃあ、相手をみつけなきゃね!

投稿: soukichi | 2006年7月18日 (火) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ANNIVERSARY | トップページ | Rainyday in blue »