« 沈黙をも凌駕するもの | トップページ | 天使降臨/ミルトン・ナシメント »

2006年7月27日 (木)

ハルコさんの猫ブログ

Lisa_mama_5      

コメント欄でおなじみの高知在住の『となりのハルコさん』が猫のブロ

グをスタートしました。

もともと飼い猫リサがいたところに、なにゆえに2匹の親猫と5匹の

子猫を預かることになったのか、いきさつこそ存じあげないものの、

子猫の里親探しを目的としてスタートしたこのブログ。全ては優しさ

ゆえのことなのだけれど、それほどPCに詳しくない、おまけにタフと

はとても言えないハルコさんがご友人の指導を受けつつ苦労の末

にやっとこさ開いたブログのようなので、覗いていただけたら、そし

て願わくは高知県近郊の方で子猫をもらっていただける方がいたら

幸いです。どうぞ、よろしく!

      ☆ ミケ猫リサ・日々是好日ニャ~

|

« 沈黙をも凌駕するもの | トップページ | 天使降臨/ミルトン・ナシメント »

@お知らせ !」カテゴリの記事

コメント

そうきちさん、おひさしぶり!
里親募集の仔猫のこと、すごくステキに載せてくださって、どうもありがとうございます(^^♪
(ホントはリサがメインのブログなんすけど、そっちのけで、彼女は怒ってます)
なんてたって、そうきちさんのチョー多忙な時間を割いてくださったことには、感謝でいっぱいでございます。お礼に仔猫1匹差し上げたい、とはモチ冗談です。(バスケットに入れた仔猫を、汽車に乗ってお宅まで届けに行く自分を夢に見ましたよ。映画みたいで、私はハタチくらいでした、あはは・・)
仔猫を預かることになったいきさつは、徐々に明らかにするつもりですので、お暇があれば、見てね。
それから私、コメントを休んだ間に、頭の中がカスタマイズされて(?)またリサ・ママに戻っちゃったよ。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: となりのハルコことリサ・ママ | 2006年7月27日 (木) 16:02

なんだい! リサ・ママ。笑えるな!
私もうちの息子も、もともとリサ・ママのが好きなのだ。
だって、そのほうがクールなんだもん。
カスタマイズ?
ブログ始めてカスタマイズって言葉を覚えたわけですね。
日々是学習。
私もまた専門外の難しいテキストを大量に抱えてげんなりしつつも、がんばりますですだ。

子猫ねえ。
近くに住んでいたら、これも縁と思ってほんとに飼ったかも知れないです。
そしたら猫1匹でもまた新しい日常が始まったんでしょうけれどね。
高知からダンボールで送ってっちゅうわけにもいかないしね。
とにかくバテないように無理しないようにしてくださいませ。

投稿: soukichi | 2006年7月27日 (木) 16:48

即刻お邪魔に行きます!!

投稿: lehto | 2006年7月27日 (木) 17:11

ああ!すっかり出遅れっぽ・・汗
早速覗いて来ましたよ。新しい猫を5匹も
保護されているのですね。
ブログの可愛い画像に見入ってしまいました。
凛のブロ友さんは捨て猫を保護して大事に育てて
らっしゃる方が数多くいます。
猫は大好きなのですが、義父母が生き物が苦手(ワンズを
飼うのも実は大反対だった・・・)&次男が猫好きなのに猫アレルギーなので飼えないのです・・あ・・ピーコちゃんも居るしね 汗
生き物との同居は楽しい反面、大変な事も多いのですが
(結婚前は猫も犬も小鳥も居たのよ)喜びも多いのですよね~

投稿: | 2006年7月27日 (木) 21:10

lehto さん、どうもありがとう!

投稿: soukichi | 2006年7月28日 (金) 10:26

凛さんもほんとに動物好きですよね。
なかなか同居のお嫁さんの立場だと、義父母の大反対を押し切ってまで犬を飼うことはできないと思うから、そこは凛さんの気持ちが通じたってことなんだろうなあ。
私は猫も犬も好きだけど、犬は飼ったことがないからいきなり飛びつかれたりワンワン吠えられたりしたらこわいし、猫は子猫を貰い手が見つかるまでの2週間くらい預かっただけだから、キャツラが四六時中一緒にいるというのがどういう風かわからない。
結局のところ、子供のときの経験かなと思うのです。
ただ人間のお母さんをやっちゃうと、大概のお母さんはやれるような気がする。
いつか縁とタイミングが来て、生活を共にできる日がくるといいな!

投稿: soukichi | 2006年7月28日 (金) 10:36

私、ネコちゃんはチョット苦手、いつも追いかけているほうなの。
でも頑張ったリサママさんのブログ、遊びに行ってきます。
楽しみだな~。

投稿: みちこ | 2006年7月28日 (金) 19:53

みちこさんもありがとう。
気持ちだけいっぱいあって体力もないのに、自分のキャパシティ以上のことを引き受けて疲れてしまう人っているでしょう? 
夢中なときはいいんだけど、後でがっくりくる。
リサ・ママさんはまさにそういうタイプの人なの。
まあ体育会系の鷹揚で優しそうな旦那様がいらっしゃるからいいようなものなんですけれど。
早く1匹でももらい手が見つからないかなあ・・・・

投稿: soukichi | 2006年7月28日 (金) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈黙をも凌駕するもの | トップページ | 天使降臨/ミルトン・ナシメント »