« 6月のビーチ | トップページ | 東京奇譚集/村上春樹 »

2006年6月28日 (水)

久しぶりのバラ

Evelyn_2

何も咲いてないと思ってベランダに出て、バラが咲いているのをみつ

けたときは嬉しいな。

おととい見たときはまだ咲かないと思っていたのに。イブリン。

1番花とくらべると花の大きさも形も劣るけれど、素敵な花いろ。

私のベランダのバラも遅ればせながらやっと2番花のつぼみが上が

り始めた。それにしてもこの気候!

わずかだけれどウドンコも相変わらず出ているし、貝殻虫は付き始

めたし、毎日取っても取っても大量のアブラムシ。

今年は少し薬剤散布が必要かもしれない。

Evelyn_22

|

« 6月のビーチ | トップページ | 東京奇譚集/村上春樹 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

ほんと、素敵な色ね。
濁りがなく透明感があって可愛らしさと華やかさとを
兼備えていて・・・、いつか私もこの花に出会いたいものです。
こちらも昨日今日と雨。恵みの雨となっています。
昨日銀河は去勢手術でした。(今日は何事もなかったように、すっかり元通りです)その待ち時間、園芸店にいってきました。内心の心配を押しやるように、またまた薔薇を買ってきた!
カナディアンローズのジョン・カボットを見つけた。
それに前回買い損ねたロココ。それからマッティが選んだアストリッド・リンドグレイ。どれも元気そうな苗です。
庭の薔薇たちも小さいけど、とても元気。
アブラムシはとうとう手でつぶすようになれてきた。
薔薇には日光が本当に大切なのね。
こちらの冬を越させるのはもちろんたいへんだけど、
そちらの梅雨を健康に過ごさせるのも骨が折れそうね。
次の金曜日はまた歯医者です。下に矯正器具が入ります。ふう、今から憂鬱。

投稿: lehto | 2006年6月28日 (水) 17:00

lehto さま、
無事にあなた様の抜歯は終ったの?
大変だったわねえ、可哀想に。
でも近い未来の健康のためです。
なんとか乗り越えてね。
それには確かにバラはいいかもね。
バラを見ているだけでも気分転換になるし、植物を育てていると嫌でも外に出て日光を浴びている時間が長くなるしね。
部屋の中に引きこもっているのは良くないもの。
それを考えると私はこれからのPC作業が憂鬱です。
やっぱり私に必要なのは、PCに強くて、クルマの運転と大工仕事がうまくて、音楽が好きで、健康でユーモアのある人ね。
まあ男でも女でもいいけどさ。

私も元気がなかったり気持ちが沈んでいるとうっかりバラを買ってしまいそうになるんだけど、あまりの天候の悪さに、買っても枯らすと思って予約していたのもキャンセルしてしまいました。

まあお互い憂鬱を乗り越えましょう。

投稿: soukichi | 2006年6月28日 (水) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月のビーチ | トップページ | 東京奇譚集/村上春樹 »