« イヴリンの香り | トップページ | 今だけの贅沢 »

2006年5月18日 (木)

心に灯をともす黄いろ

Graham_02

昨日アップしたイヴリンとジェーン・オースチンの交配親の片方となっ

た、グラハム・トーマスも咲き始めました。写真を見くらべていただくと

この3つのバラがとてもよく似た整った花形のバラだということがおわ

かりいただけると思います。

このバラの特徴は、なんたってこの黄色。

明るいけれど深みのある黄色はとても印象的で、一度見たら忘れら

れません。この花が咲き始めると、まるで周囲まで明るくなったかの

よう。去年も確か書きましたが、食卓に一輪飾るだけで、そこだけぽ

っと灯りをともしたように温かい雰囲気になります。

このグラハム・トーマスは日本では普通に育てると2メートル以上に

もなってしまうため、とても狭いベランダでは扱えないので、最初から

スタンダード仕立てにしてあるものを買いました。これはもともと母に

プレゼントしたバラですが、母亡き後は私が引き取って育てていま

す。このバラも強いティーローズの香り。

 Graham Thomas  1983  イングリッシュローズ 四季咲き

 花は黄色 整ったカップ咲き 強いティーローズの香り

 樹形はブッシュ状でつるバラとしても扱える 樹高2M以上

 耐病性あり強健

Graham_1

|

« イヴリンの香り | トップページ | 今だけの贅沢 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

バラを食卓に飾る贅沢?を出来るのは
バラを自分で育てている人の
特権ですね。

私も切って花瓶に投げ込む
(飾るには程遠いですね)
だけですが、楽しんでいます。

投稿: ルイ | 2006年5月18日 (木) 06:29

あり?
ルイさんに次のテキストのタイトル言われちゃった!(^-^)

ほんとにそうですね。
イングリッシュローズやオールドローズを食卓に飾るなんて、育てている人にしかできない贅沢。
これを知ってしまうと花屋で買って来た花がつまらなく見える。
1年中、自宅で飾る花を自給自足できたらどんなにいいだろうって思います。それには最低、広いお庭に直植のバラが必要ですね。

投稿: soukichi | 2006年5月18日 (木) 14:38

こんばんわ。綺麗な色ですね。
これまでになるのに何年ぐらい掛かってるんで
しょうか? 耐病性あり強健 となってますね。
手入れが難しくなさそうですね。
ちょっと惹かれました!

投稿: うー | 2006年5月18日 (木) 20:53

食卓に薔薇。確かに普通に考えると贅沢ですよね。
でも、うちは男の一人暮らしにもかかわらず、
食卓やテレビの横などに、薔薇を飾ってます 笑
ただ、器は、ガラスのコップですが。。。。

投稿: q-harada | 2006年5月18日 (木) 20:55

すごい! バラ園!?

投稿: MOAPA | 2006年5月18日 (木) 21:54

soukichiさんベランダ・ガーデンで
いったい何本咲かせているのでしょう。
日当たりのいい場所取られて
お布団とかは干さないのですか。
人の家のことながら、お節介もでるわ・・・。

投稿: みちこ | 2006年5月18日 (木) 21:58

私が憧れる女性・・って考えてみたけれど、
すぐには浮かばないな。
でもあの人は素敵だなと思っていたのは緒方貞子さん。
かっこいいな~って思ってた。

soukichiさんはバラをたくさん咲かせるんだね。
すごいな~。私花はまったく下手だ。
親が花さか爺さんと言われていたので、
親任せだった。
そういえば花が何を言っているか分るって
親は言っていたな~。
私ネコが何言ってるか分るからいいや。

投稿: hanta | 2006年5月18日 (木) 23:08

うーさん、
このバラはもう何年も経っているけど、でも大苗と言って、芽継ぎされてから2年が経過した大苗を買って、1年後には鉢植えでも昨日のイヴリンみたいな花を咲かせてくれるわけだから、何年経たないとこういう花が見られないということはないのです。
大苗と新苗では価格が全然違うけれど、初心者は大苗を買えばリスクなく育てられると思います。
グラハムトーマスは、初めて咲いたところを見ると感動してしまうくらい綺麗だし、香りも良いし、強くてお勧めですよ!

投稿: soukichi | 2006年5月19日 (金) 00:08

q-harada さま、
いいですね(^-^)
ガラスのコップにバラも、シンプルシックでいいと思うな。
いつか花の好きな素敵な方と結婚されて、一緒にガーデニング、
なんて日がくるといいですね。
街の雑貨屋さんなんかにたまに寄ってみると、ポルトガル製とかの安くて雰囲気のあるガラスのボトルが売ってたりするので、そういうのにバラを挿したりするとまたお洒落ですよ!

投稿: soukichi | 2006年5月19日 (金) 19:04

MOAPAさま、
私のベランダは1年中バラ鉢だらけだけど、そう5月の今だけはバラ園みたいかな(^-^)
Yahoo! がローハスなハワイ特集やってますね。見た?
もう最高。憧れちゃう♡

投稿: soukichi | 2006年5月19日 (金) 19:09

みちこさま、
そうですね。正確に数えたこと無いんだけど何本くらいあるかなあ・・・ でも狭いベランダだから、たかが知れてます。
エアコンの室外機も置いてるし。
日当たりのいいところを選んで、なんてことは狭いからできないんですけど、とりあえずこういう公営住宅って南向きに建ってますから。
一軒家からここに引っ越してきた頃はもっとあったんですが、4階で風がものすごいのと真夏のコンクリートの照り返し、それに私が数年前までは休日関係なくハードに働いていて水をやる暇さえなかったのとで、半分くらいになってしまいました。
以来もうこの環境でバラは無理、と思ったのでここ数年は増やすことはしてなかったんですけど、今の働き方になって、去年ブログを始めたこともきっかけになって、また熱が少し戻って数鉢増えました。
お布団はもちろん干しますよ。
ときどき大事なバラの枝を引っ掛けて折ってしまったりするけど。
到底イングリッシュ・ガーデンには程遠いシャビーな環境です。

投稿: soukichi | 2006年5月19日 (金) 21:56

そうだよhanta さん、それでいいよ。
私は花が何を言っているかわかる、というより、こないだもここに書いたけど、お互いの放射したものを受け留めあってるって感じかな。
それといつもバラに触ってるから、バラとはセクシャルな関係なんです。ハハ・・・

投稿: soukichi | 2006年5月19日 (金) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヴリンの香り | トップページ | 今だけの贅沢 »