« ファンファン | トップページ | ローズ・カフェのバラ »

2006年5月31日 (水)

ローズ・カフェ

Rose_cafe_01

先日、『ベランダ日記』のルイさんに教えてもらった『ローズ・カフェ』に

行って来ました。最初ここのホームページを開いたら、「200種類以上

のバラと、多摩丘陵、丹沢山系、富士山の眺望が楽しめるオープン

カフェの店」とあるので、いったいどこにあるお店なのかと思ったら、

なんと家から30分圏内の場所だったのでびっくり。

それなら行かなきゃ、ということで友人と2人で出かけて行ったので

すが、近くの坂を上り始めてまたびっくり!

その日は風の強い日だったのだけれど、坂の上から吹いてくる風が

なんとバラの香りなのです。それは咲きたてのバラのフレッシュなな

んとも良い香りで、「バラの香りの住宅街かあー、素敵」などと言いな

がら歩いたのでした。上はローズ・カフェの外観。開店前から開くのを

待っている人がいます。下はピエール・ドゥ・ロンサールのアーチ。

Rose_cafe_02

そして、咲き誇るバラの横のガーデンテラスのテーブル席。

かなり高台にあるので、先には眺望が広がっています。

Rose_cafe_06

室内に面したデッキテラスにもたくさんのバラやラヴェンダーが咲き

乱れて、ここが駅から10分の立地だということを忘れてしまうほど。

Rose_cafe_05

Rose_cafe_04_1

テラス脇の階段を降りるとさらに見事なローズ・ガーデンが広がって

いました。たくさんの種類のバラとハーブ。街のなかに再現されたイ

ングリッシュ・ガーデン。この立地に建ったマンションに、こんなカフェ

とローズガーデンを作ってしまうなんてすごくないですか?

近くに住んでいたら年中、来てしまいそうです。

実はこの写真は先日撮ったものではなくて、昨日1人で出かけて撮

ったものなのですが、先日はちょうどバラが旬だったのと、ちょうどラ

ンチが始まる時間に行ってしまったのとで中も外もすごい人で、駐車

場もいっぱいだったので、思うように写真が撮れなかったのでした。

昨日は店の開店前に、仕事の合間にちょっと長くランチするくらいの

時間で行って来たのだけれど、庭に出る柵の上にはお金を入れる

小箱が置いてあって、お店が開いてなくてもそこに300円入れれば

庭を見ていいことになっているのです。

なので、昨日庭にいたのは、私と優雅に舞う蝶ちょと、忙しげにブン

ブン言って飛び回る大きな蜂だけでした。カフェには今度、ルイさん

お勧めの時間帯に来ようと思います。

Rose_cafe_03

ローズ・カフェに咲いていたバラは、この後また一気に。

|

« ファンファン | トップページ | ローズ・カフェのバラ »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ。こういう感覚の人 紹介してください。

投稿: MOAPA | 2006年5月31日 (水) 01:25

うわ~すげ~。これマンションのカフェなの?
すごいね。風も薔薇なのもわかる。ご飯も美味しいの?
 でも、蜂も多いでしょうね。  私もガンバろ~。

投稿: angelseed | 2006年5月31日 (水) 07:36

自転車で坂を登ったり降りたりしながら去年行きましたよ
開店1時間も前から並びランチしながらバラを鑑賞しました
周辺の家もバラが多いのはここが指導や管理をされているからだとか、だから丘が香りで満たされているんでしょうね
ここのオーナーはバラが好きで脱サラしたと言う話、本当かどうかはともかく好きなバラに囲まれての暮らしはランチしてた皆さんの憧れのようでした

投稿: tama | 2006年5月31日 (水) 07:49

何て素敵な所なの!
こんな素敵なカフェがあったら、
やっぱりちょこちょこ行ってしまうでしょうね。
バラの香の風なんて、贅沢だこと。
こんな所で時間をゆっくり使いたいです。
ここまでとは行かなくても、
素敵な場所を探して、この雰囲気だけでも
味わおうと、そんな時間を生活に取り入れようと
今本気で思いました。
soukichiさん有難う。

投稿: hanta | 2006年5月31日 (水) 10:02

名前は何度が耳にしていましたが、本当に素晴らしいカフェですね!しかもマンション1Fとは。
ご近所の方が羨ましいです。私もそうきちさんのようにカメラ片手に通ってしまいます。
このピエールのアーチは憧れますね~。
qharadaさんもベランダで育ててみえますし、うちのベランダでもなんとか再現出来ないかと、場所の確保を考えています。

投稿: レチェ | 2006年5月31日 (水) 14:29

あらためて薔薇の好きな方が多いのには感心しますこのカフェに見える方は、ほぼ薔薇好きと思って間違いないでしょうから。soukichiさんもローズカフェのオーナーと薔薇談義などされたら楽しいでしょね。それぞれ
奥が深い世界なのでしょうから

投稿: itio | 2006年5月31日 (水) 15:00

お庭つきのカフェは素敵ですね。
香りの中を散歩して・・・・・・・豊な生活をスローライフに生き求める人増えてきたのでしょうね。
特に東京は景気がいいって聞きます。

投稿: みちこ | 2006年5月31日 (水) 21:05

ん? MOAPAさん、
紹介してくださいって誰を?
ここのオーナーを? それともルイさん?
いずれにしても私には紹介なんてできないけど、ルイさんなら左の
リンクからどうぞ。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 21:59

angel さま、
結局2回ともカフェには入らなかったのよ。
だからワカラン。
でも人が食べてるのを見る限りは、カレーとかサンドイッチとか、普通の喫茶店みたいな感じだったよ。セルフだしね。
ここはバラを見ながらお茶できることが1番で、それだけでいいんじゃないかしらね。もちろんここでイデーのランチみたいなのが出せればすごいと思うけど。
ここで夏の夕暮れにお茶するのは素敵だろうな。
こんどLOVE誘って行こう。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 22:23

tama さん、それは大変でしたね。
開店前から1時間も並んで、なんて私ならおよそしないな(^-^)
でも、そういう方達ばっかりならいいかもしれませんね。
私たちが行ったときは、バラそっちのけで大声で喋ったり笑ったりしている集団がとてもうるさくて、全然バラには不似合な方々でした。
もしあちらのオーナーが脱サラして自らやってらっしゃるなら、それは大変なことですね。カフェもローズガーデンも、自分でやろうと思ったら大変です。
お金を払って行く方がずっとラクだし、狭くても自宅の庭で、限られたバラと暮らすほうがずっとラク。
憧れと現実って全然違いますもんね。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 22:43

hanta さま、どういたしまして。
私だってそんな贅沢な時間を持てているわけじゃないのです。
日々に生活に追われ、PCの前で眼精疲労と肩こりとストレスを感じてベランダに出たら、花が咲いてても咲いてなくてもバラの木があって、少しなごむ、てな感じです。
でもとっておきのスペシャルな場所を作っておくのはいいよね。
疲れたとき、落ち込んだとき、あるいはちょっと気持ちに余裕があるときに行ける場所。
そうだ、鎌倉でどこで会うか決めておいてね!

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 22:50

レチェさん、ほんと。
ご近所の方はいいなあと思いました。
ピエール、私もずっと鉢植えで育てていましたけれど、だいじょぶですよ。強健でとても育てやすくて花付きの良いバラですから。
レチェさんの白で統一した素敵なガーデンには、とてもお似合いだと思います。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 22:56

うん。itio さん、ほんとね。
日本人のバラ好きはすごいと思います。
もともと日本人って器用な上に凝り性でしょう?
バラの歴史は古いだけあってほんとに奥が深いし、ハマるとほんとにどっぷりハマっちゃうんでしょうね。
こんなことをここでやろうと思ったオーナーがどんな方かというのは、確かにちょっと興味ありますね。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 23:02

みちこさま、
現実には東京でスローライフってかなりありえないし、それができるのも景気がいいと感じているのも、トップのわずか数パーセントの人だけです。失業者の数を見れば歴然です。
一時期、ワンランク上って言葉がやたら流行りましたけど、一体どこにワンランク上をやれる人がそんなにいるの?って感じでしたよ。
景気がいいムード、というのは私が21の頃には確かに街の中にもありましたけど。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンファン | トップページ | ローズ・カフェのバラ »