« ローズ・カフェ | トップページ | 紫陽花の季節 »

2006年5月31日 (水)

ローズ・カフェのバラ

Rose_cafe_09

東京はここ3日久しぶりに続けて晴れの日が続いているけれど(とは

言っても夕方、雷雨があったりして)、5月の日照率は平年にくらべて

4分の1だったそうだ。ほんとに気持ちよく晴れた日は数えるほど。

それで6月には梅雨もちゃんとあるというのだから、ちょっとまいって

しまう。日本には雨季ができたんじゃないかという人もいるくらいだけ

れど、そんなこともあながち冗談ではないかもと思えるほど。長雨に

おける気持ちの良い過ごし方、仕事の仕方を考えねば。

そんな5月の最後となる今日は、そろそろ春バラのシーズンも終わり

ということで、先日と昨日『ローズ・カフェ』で撮ったバラの写真を一挙

に公開したいと思います。もうバラはけっこう、という方は悪しからず

ご退出のほど。最初の1枚は私の友人が1番気に入ったヘリテイジ。

淡いソフトピンクのシフォンのようなデリケートな重なり。

下はまるで、バレエの女の子のチュチュ。

Rose_cafe_26

Rose_cafe_11_2   

そして最初に私をこの世界に誘うことになったクラシカルなバラ。

ピエール・ドゥ・ロンサール。

Rose_cafe_19

以下は典型的なピンクのオールドローズの花形なれど、名前を特定

するのは難しい。多すぎて。最初のはアブラハム・ダービーか。

Rose_cafe_08

Rose_cafe_15

Rose_cafe_16

個人的にとても好きなピンク。大人のピンク。

これはライラック・ローズかな。

Rose_cafe_13

Rose_cafe_20

夏の雪、という名前がぴったりの純白のサマー・スノー。

Rose_cafe16

子供みたいに天真爛漫なアンジェラ。アンジェラっていうと私はジョビ

ンの歌を思い出してしまうのだけれど、これはドイツのバラ。

Rose_cafe_22

Rose_cafe_12

君は喩えて言うなら、 まるでこれから空に飛び立つ天使って風情。

Rose_cafe_24_2

そして今にもフラメンコでも踊りそうな情熱的な君は、ウィリアム・

シェイクスピアだろうか。

Rose_cafe_18

純白セミダブルの大輪カップ咲きの趣のあるこのバラは、たぶん

イングリッシュ・ローズの『The Nun』。だとすると彼女は修道女。

そう言われると、この白は修道女のヴェールのように見える。

Rose_cafe_25

ほんとはまだまだあるのだけれど、このへんにしておこう。

もう、お腹いっぱいだと思うから。

|

« ローズ・カフェ | トップページ | 紫陽花の季節 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

ローズ。カフェにはsoukichiさんから見ても目新しく
さすがここローズカフェならではという薔薇ありましたか。貴女もやはり青い薔薇をさがしますか。

投稿: itio | 2006年5月31日 (水) 15:43

バラ、バラ、バラだらけに刺激され私も神代植物園に行ってきましたよ
名札を見てもなにがなにやらでしたが香りに包まれ幸せ気分を味わってきました

投稿: tama | 2006年5月31日 (水) 18:32

こんばんは。

下のコラムで、ブログの宣伝まで、してもらい
恐縮です。

今日の夕方Rose Cafeに行って来ました。
風が強かったですが
人も少なくゆっくりと
バラを堪能してきました。

しかし見事に咲かせてますね。
修行に行こうかと思う位です。

投稿: ルイ | 2006年5月31日 (水) 20:06

itio さま、
私は特にめずらしいバラが見たいとかじゃなくて、この場全体の雰囲気が好きです。
色とりどりのバラが自然に、思い思いに健康に咲いてて。
ふぅと、ひと息つける感じ。

それに青いバラも探さない。
私が好きなのは薔薇色のバラだから。
探すなら青い鳥のほうがいいな。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 23:15

はは(^-^) tama さん、
それはよかった。
私もまた深大寺にも行きたいと思ってたところです。
バラ園、良かったですか?
今日はお天気もよかったし、あの中をお散歩したら、さぞかし気持ちよかったでしょうね。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 23:19

ルイさま、
行ってきたんですね。
今日はお天気も良かったから、あそこは気持ちよかっただろうなあ!
今日も素敵に咲いてましたか?

私も村田さんのところに修行に行きたいと思ったことありますよ。
彼が作るスタンダード・ローズの素晴らしさ。
どうやってあんな風に作るんだろうって。
中央線沿線の瀟洒なお宅には、村田さんの手がけた素敵なローズ・ガーデンが数多くあるようです。

投稿: soukichi | 2006年5月31日 (水) 23:24

もちろん薔薇の美しさにも感嘆してしまいますが、
今日はそれ以上に、これだけのバラたちを美しく写真に収め且つ、美しく処理して更新してしまうそうきちさんのその手のかけ方に感心してしまいました。
blogやHPを自分で持ってる人はみんなそうだけど、
写真の処理ってすごい時間かかるし、まあ面倒よね。
私自身、更新がのろいのは写真の処理になかなか打ち込めないのが第一の理由です。
好きは力だね。

投稿: lehto | 2006年6月 1日 (木) 00:11

lehto さま、
でもそれはバラによらず、なのだ。
誰かに言われたとおり、性格ですね。
私は自分のこの性格がちょっとしんどいときあるぜ。
完璧主義って直らない?
ボラボラ島でも行って、日がな一日何も考えず、ビーチで海、眺めていたいです。って、やばいな。私、そーとーに疲れてるらしいぞ。
これから子供のお弁当の下ごしらえ!!

投稿: soukichi | 2006年6月 1日 (木) 00:43

ひぇー、きれいだねーー、もう絶句!
日を追うて、あ、すごいやん、すごいやん!
思って見たけど、ほんまにものすごーくうるわいしきは、これぞバラやねーー!最高どすぅ(^_-)-☆

追伸:そうきちさん・皆さんのステキなコメント読ませてもらう時間が無くて、(但し、睡眠時間は確保のハルコゆえ、ご心配なく)うるわしバラの饗宴のみ、ひとまず愉しませていただきました。サンキュ♪です。(わけは後日のココロ)

投稿: となりのハルコ | 2006年6月 1日 (木) 16:28

おお、ハルコさま、お久しぶりです。
どうしてるかなと思ったよ。
何かあったのかな。
元気ならいいんだけど。

うん、また後でね。

投稿: soukichi | 2006年6月 1日 (木) 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローズ・カフェ | トップページ | 紫陽花の季節 »