« そして今日咲いたバラは | トップページ | あやしい。 »

2006年5月11日 (木)

紫のバラ

Cardinal

この印象的な紫のバラは、白やピンク中心の私のベランダ・ガーデン

にアクセントをつけるために去年購入したバラ。

バラは苗で買って育てて待って咲かせるもの、と思っていた私は、た

くさん蕾をつけたポット植えのこのバラが箱に入って送られてきたとき

は感激でした。苦労無しに咲いたバラを見られるなんて!

バラを始めた頃はオールドローズの苗を手に入れるだけでも大変でし

たけれど、インターネットが普及した今、オールドローズさえこんな買

い方ができるようになりました。これだったらプレゼントにも最適。

このバラの名前はカーディナル・ド・リシュリュー。

デジタルカメラではなかなか本当の色が捉えがたくて今朝は苦労し

てしまったけれど、咲き始めは濃い紫で、時間の経過と共に徐々に

褪色する。このバラが咲いた途端、私のベランダは陰影が深くなり

ました。そういえばウッディ・アレンの映画に、『カイロの紫のバラ』、

なんてのがありましたっけ。

 Cardinal de Richelieu 1840  フランス ガリカローズ

 花径7cm 一季咲き  ロゼット・ポンポン咲き

 微香  2M

Cardinal02jpg

Cardinal03jpg

|

« そして今日咲いたバラは | トップページ | あやしい。 »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

ガリカには紫系の銘花がそろってますね。
トゲもすくないし、香りはどうですか。
繊細なピロードのような、鮮やかな紫で美しいです。
ニューフェースさん蕾もたくさんあって、しばらく楽しめますね。
昨日からの雨風で、花首が折れたバラを集めガラスの器に浮かべてみました。また楽しからずやです。

投稿: みちこ | 2006年5月11日 (木) 16:52

みちこさま、
東京も昨日の夜はまた暴風雨でした。
今日も降ったりやんだりですが、また違う雨雲が来てるとかで、なかなかお天気が良くなりません。
バラもたくさんあると余裕ですね。いろんな愉しみ方ができて。
カーディナルは香りはごくわずかです。ほとんど無いと言ってよいくらい。トゲは確かに細かいのがチラチラついてる程度です。
花径7cmというけれど、うちのはまだ木が成熟してないため6cmくらいしかありません。中輪のミニチュアローズくらいの大きさです。

投稿: soukichi | 2006年5月11日 (木) 17:40

素敵な色のバラですね.
詳しくないので良く分かってはいませんが, 花びらが沢山あるように感じて, 何だかとても豊に感じます.
花の脇に写ったつぼみもそう遠からず花を咲かせるのでしょうか.
色とりどりのバラに彩られた庭は, さぞかし美しいことだろうと想像してみました.
写真はFinePix50iをお使いでしょうか.
確かにコンデジは, ホワイトバランスを詳細に設定出来ないのが難かもしれません.
ただデジタル写真の色合いに関しては, 表示する側, 印刷する側の環境によっても変わってしましますので(モニターが違うだけで色が変わってしまうようです)あまり気にしない付き合い方が無難なのかもしれません.
つまらないことを言ってしまいました.
ありがとうございました.

投稿: Sou | 2006年5月11日 (木) 18:13

画像はカメラモニターファイルの画像加工などにより全く別のものになる事があります。前に絵を載せていましたが自分の映りと他の方はと思う事がありました。全ての画商がネットを使わない理由はそこら辺に問題があると思います。これを解決するには。全国何処でも同じに映る。それが出来れば映像にもっと信頼度が増すでしょうね。

投稿: itio | 2006年5月11日 (木) 19:44

丹精込めたバラが次々に咲くのは子供が育つような楽しみでもあるのかな
深い色合いの花は香りも匂いたちそう
このごろお天気がハッキリしないけれどここのベランダは輝いているようね

投稿: tama | 2006年5月11日 (木) 22:32

Souさま、
どうもありがとう。
バラだけによらず花のある暮らしというものはいいものです。
人は緑に触れることで自然に癒されるそうです。
園芸療法なんてのもあるくらいですから。
そう、カメラはFinePix50iです。悪くはないけど癖がある。
もちろんモニターによって色が違うことくらいは知っているのだけれど、そうではなくて、カメラのディスプレイに映った時点で見ている実像とかけ離れている色のときがあって、そんなときは気になります。
コンデジの場合、ちょっとしたカメラの向き、光の入り具合で色がまったく変わってきてしまうので、なるべく見たものに近づけたいと苦心しちゃいますね。コンデジはとってもイージーでいいけどね(^-^)

投稿: soukichi | 2006年5月12日 (金) 20:30

itio さま、
もちろんそれができたらベストでしょうけど、物理的に考えて無理でしょうね。カメラもスキャナもPCのディスプレイも、一律に色を統一するなんて不可能ですもの。
それに誰が基準となる色を決めるの? と思う。
色の感覚も国や民族によって違うような気がする。
もともとアートは生で見るもの。逆にそういうものの色補正は自分の感覚、感性で(心で)すればいいんじゃないかしらね。

投稿: soukichi | 2006年5月12日 (金) 21:19

tama さん、いつもありがとう。
私とバラの関係はもっと対等なものかな。
通じ合ってる、というのがいちばん最適な言い方かもしれない。
お互いに放射したものを受け取っている感じ。
私としては相愛の関係と思っているんですが(^-^)

投稿: soukichi | 2006年5月12日 (金) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして今日咲いたバラは | トップページ | あやしい。 »