« 無垢の眼差し | トップページ | 高蛋白低脂肪フード »

2006年5月21日 (日)

粉粧楼

Funsyourou_02

このデリケートな花の魅力は、とても私のデジタルカメラでは捉えき

れない。あまりに薄くデリケートな花びらの幾重もの重なりの中に

は、親指姫が隠れているのじゃないかと思えるよう。

粉粧楼(ふんしょうろう)。チャイナ系オールドローズ。

雨がかかると綿あめみたいにとけてしまいそうなこのバラは、咲き始

めは上の写真のようにソフトなホワイトで、開花が進むほどに重ねの

厚いピンクの花の中心が濃くなります。

 粉粧楼(Fen Zhang Lou) オールドローズ チャイナローズ 

 四季咲き 花色 白からソフトピンク 花径6cm 樹高1M 強香

Funsyourou01jpg

Funsyourou  

|

« 無垢の眼差し | トップページ | 高蛋白低脂肪フード »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

我が家の「粉粧楼」は重なってままです。
少し心配です。
突っついてみようかな・・・・

投稿: ルイ | 2006年5月21日 (日) 06:04

凛ちの私が勝手に名前をつけたスノーホワイトも
初めは白一色の薔薇だったのに開花したら赤いポツポツ
とした模様が全体に広がってとってもびっくりしました。
でも雨に晒されてすっかりくたびれてしまったので
アップしませんでした。白色の薔薇ってこう言うことが
あるのでしょうか?
粉粧楼 素晴らしく美しい薔薇ですね♪
開花するほどに花芯がピンク色になって来るなんて
なんて不思議なのでしょう・・・
白色は撮り難いのにsoukichiさんはとっても
美しくアップされていると思います。

投稿: | 2006年5月21日 (日) 06:25

薔薇は奥が深い、チャイナ系もあるのね
粉粧楼の花びらは綿あめの表現からもシフォンを重ねたようにも見えるから繊細なのね
咲き始めは白、咲き進むにつれ赤く染まっていく様子は酔芙蓉を思い出させる
マチルダも蕾の先がピンクのアクセントになって咲けばほんのり桜色
見ているだけで贅沢な気分を分けてもらっているようでした

投稿: tama | 2006年5月21日 (日) 16:45

粉粧楼もほっておけなくて、つい手をさしのべたくなるバラですね。それにクラシックな雰囲気があって。
今年は雨が多くて、白っぽいバラは外の花ビラが変色しやすいのですが、とても綺麗ですね。

投稿: みちこ | 2006年5月21日 (日) 23:12

ルイさま、
うちのもどうやらちゃんと開いたのはこれだけかも。
いっぱいツボミは付いてるけど、ほとんどはウドンコが付いて灰色になって力なく、くたくたしております。悲しい・・・

投稿: soukichi | 2006年5月21日 (日) 23:37

凛さま、
赤バラの近くに白バラを置いておくと白にピンクが飛んだりします。
雨でもそういうことがあります。
白バラは雨には弱いものが多いですね。とってもデリケート。
純白、なり難しってところでしょうか。
いつも褒めてくださってありがとうございます。

投稿: soukichi | 2006年5月21日 (日) 23:42

tama さん、
今日、仕事から帰ってtama さんのコメント開いて、なんだかなごんでしまいました。いつも優しいコメントをありがとうございます。

投稿: soukichi | 2006年5月21日 (日) 23:45

みちこさま、
ほんとにおっしゃるとおりです。か弱い、弱々しい花。

どうもありがとう。
でも、あとのツボミは開かないまま終るかも。
最初の花が全て終ったら今年は十分な施肥をして、次の花芽が上がるのを待ちたいと思います。

投稿: soukichi | 2006年5月21日 (日) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無垢の眼差し | トップページ | 高蛋白低脂肪フード »