« 1番バラ | トップページ | Bordeaux »

2006年5月 6日 (土)

antiaging ,or goodaging ?

Desire_01_1

前に村上龍も書いてたけど、人間、風邪をひいたくらいでもずいぶん

パワーダウンしちゃうもんだ。今回は外出から帰って来たらすでに喉

が痛かったというだけで精神的なものは何もともなっていないからい

いようなものだけど、これで精神的にもまいってるときだったりしたら

目もあてられない。

ずいぶん前のことになるが過去に喉からきた風邪をひどくこじらせて

しまったことが2回あって、そのときは風邪が重くなる原因が充分あ

ってのことだったから、とても辛かった。その詳細は省くけれど、以来

かなり気をつけてきたし、できる努力はしてきた。スイミングを始めた

こともそのひとつだし、サプリメントもそのひとつ。とにかくハードな人

生をサヴァイブするにはタフじゃないといけない。だいいち健康じゃな

いと女はきれいではいられない。(別に女に限ったことじゃないかもし

れないけれど。)風邪をひいたくらいで顔からは一気に色がなくなり、

目の下にはクマ。目は生気がなくとろんとしてるし、顔は腫れぼった

い。髪は艶もなくパサパサ。見られたもんじゃありません。

元気なうちはそれまで誰かと会えない時間を長く感じていたにもかか

わらず、いきおい誰にも会いたくなくなるし、物事に対する気力も集中

力も失われ、ふだんの論理的思考もどこへやら。いつもならさっとで

きること、たとえばメールの返事くらいが億劫ですぐにできない。

今回、気管支までいってしまうことを怖れて私としてはめずらしく医者

の友人から言われたとおり薬を1日3回しっかり飲んだが、いちばん

嫌なのはこの薬で、風邪で頭がぼおっとしてるのか、薬の副作用で

頭がぼおっとしてるのかわからないことだ。

風邪くらいでも健康のありがたさをひしひしと感じるものです。

私の生活に改善すべき点があるとすれば、それは就寝時間と睡眠

時間で、2月の誕生日以来毎月トライしているのだが、長年染み付

いたライフスタイルというのはなかなか変えられない。私は昔から夜

型人間だけれど、私の髪を切ってくれている美容師の男の子は朝方

人間で、そういえばこの間こんな会話をした。

「相変わらず朝は早く起きてるの?」

「起きてますよ。もちろん。なんたって朝はパックから始まりますから」

「パック?! パックって顔のパック?」

「そうです。顔のパック。僕が朝1することはそれなんで」

「はあー ・・・ 。それって美の追求のため?」

「いや。っていうか、汚く老けたくないじゃないですか」

「ふぅん ・・・ アンチエイジングか。じゃあ毎晩2時半に寝る私なんか

 到底、駄目だね。もうお顔にシワもできちゃったしなあ。」

「毎晩2時半は駄目っすよ」

私より10歳若い男の子が毎朝、顔のパックか。信じられない。

彼の場合、毎朝、顔にパックするよりもっと根本的に大事なことがあ

るような気もするけれど。

生活リズムと人の身体の関係については前にコメント欄にも書いた

けれど、人は目と目の間、眉間にサード・アイ(第3の目)と呼ばれる

ところがあって、その奥に松果体がある。この松果体が体内時計と

ホルモン分泌の役割を司っていて、人は朝陽の光をここで感じること

で目覚め、それから約16時間後くらいに眠くなるようにできているの

です。だから、夜起きていて朝になってから眠る、なんてドラキュラ生

活をしていると、体内時計が狂ってしまう。

長くなったついでにここに時差ぼけの簡単な解消法を書いておくと、

時差ボケを解消するには、旅行先の現地到着後の朝に、サングラス

をかけず裸眼で太陽を見て深呼吸をすると、太陽光線が目に入り、

体内時計のスイッチが入る。体内時計のスイッチが入ると、アドレナ

リンや成長ホルモンが出て動きやすくなる、ということなのだ。

そして睡眠については夜10時から3時までの時間を眠ることが大事

で、この時間に眠ることで、大人でも成長ホルモンが出て、アンチエ

イジングには有効なのです。つまり逆に言うとこの時間に起きている

ということはアンチエイジングの反対のことをやっているのと同じで、

加齢を加速させることになる。夜遅くにPCの強い光を見てるのなん

ざ、最悪。理論的にはよーくわかってるんですけどね。

この松果体、他にもすごい機能を持っているようで、先日TVを見てい

たら、まったく食べずに1年以上も生きている人が、早朝1時間朝陽

を浴びる習慣を持っていたことから調べたところ、松果体に長時間

太陽光線を浴びることで、強い抗酸化ホルモンが分泌されることが

わかったらしい。更に腸には太陽光線を栄養素に変える菌を持って

いたという。松果体とアンチエイジングの関係は密接なようだ。

さて、風邪薬でいまいち冴えない頭で私がいま思いつくアンチエイジ

ングについて書くと、以下のようになる。

 1.夜10時から3時までの時間を含む、質の高い睡眠

 2.水をたくさん飲む(老廃物を外に出して基礎代謝を上げる。)

 3. 適度な運動で筋肉を鍛える(人の全身を支えているのは筋肉)

 4.規則正しい食事と排泄(腸をきれいにすることが健康の秘訣)

 5.抗酸化食品(抗酸化物質)の摂取。

   にんにく、しょうが、とうがらし、ネギ、豆、ソバ、マイタケ、ナッツ

   スプラウト、ハーブとスパイス、天然物のアラスカ鮭、発酵食品

   レインボー食品と言われる色鮮やかな野菜や果物など。  

 6.ストレス解消(ストレスが最も老化に拍車をかける!)

他にもいろいろあるけれど、基本的なところはこんなところかと思う。

ちなみに私の仕事のパートナーは来月だったかセミナーをするようだ

けれど、そのテーマは確か『グッドエイジングのための予防医学』み

たいなものだったと思う。アメリカの9.11の影響もあるのかもわから

ないけれど、いま全てのものの考え方において『闘う』ということが空

しいものになってしまった。アンチエイジングより、むしろ今はより自

然なグッドエイジングを、ということのなのか。

ともあれ、より良く歳を重ねたいものです。

|

« 1番バラ | トップページ | Bordeaux »

Health&Beauty !」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

そうそう「roserose13」はブログのIDで
HNは「ルイ」です。

此方もリンクを貼りました。
これから宜しくお願いします。

「風邪」ですか?お大事に!!

投稿: roserose13 | 2006年5月 6日 (土) 06:41

規則的に生活をする。大切と思いますがついつい、夜中は起きています。寝る時間は世間一般から見れば大分ずれています 生活環境が一変しないとこの習慣は治らないでしょう。

投稿: itio | 2006年5月 6日 (土) 11:12

しばらくです。風邪をひいてしまったのね。
きついですね。でもこれだけの文章が書けるのだからもう大丈夫ね。気をつけて下さい。

こちらはまだまだ風邪と闘っています。(猫ね)元気になったらブログ復活します。待っててね。絶対になおして見せるから。See You Soon!

投稿: 門間 サナヱ | 2006年5月 6日 (土) 12:48

ルイさん、こんにちは!
あ、そうです、ルイさんでしたね。ごめんなさい。
こちらこそよろしく。
風邪はもうほとんどだいじょぶです。
どうもありがとう。

投稿: soukichi | 2006年5月 6日 (土) 14:36

itio さま、
そうですね。私もおんなじだからよくわかります。
夜になると頭が冴えてくるタイプで・・・(^-^)
でも生活環境が一変しないと、と言っているといつまでたっても変わらないので、自分から変わる(変える)しかないと思ってます。
毎年、思うんだけど、これからは朝が気持ち良い季節でしょ? 
朝のマイナスイオンいっぱいの空気を吸うのは、身体にも心にもとっても良さそうです。この時期くらいは早起きしたいかなあ。
それに朝型脳のがいいに決まってるのよ。
人の生理にかなってますから。
私は何度でもチャレンジします。

投稿: soukichi | 2006年5月 6日 (土) 14:46

サナヱさま、
まだ猫ちゃんの風邪、治ってなかったのね。それは大変。
私はあなた様がご無沙汰となると(主婦というより仕事人間のイメージがあって)、きっとお仕事が忙しいんだろうと思ってしまうんだけど。
人間でさえ風邪をひいたらこんなにキツイんだから、小さな猫となったら、ちょっとこじらせたりしたら命取りですものね。それにうっかりするとみんなに移っちゃうだろうしなあ。どうか大事にしてあげてください。あなたの愛情を持ってすればきっと治るよ!
サナヱさんも海外に行く前にひどい風邪をひき、帰りは大変な思いをして帰って来て、その疲れが取れないうちに猫の風邪だもの大変でしょう。あなた様もくれぐれも体調崩されませんように。
主婦にも猫のお母さんにも会社の経営者にも休日はないから。

まだまだ先だと思ってたのに、6月もすぐそこだね。
猫さんが治ったら、また。

投稿: soukichi | 2006年5月 6日 (土) 14:59

私、風邪引きさんの症状をそっくり追体験し勝ちなヘンな奴なので、読んでて苦しかったです。なにしろ私は未だに、いかに事前に風邪を食い止めようと努力しても止められないんだから。インフルでなく、普通の風邪のワクチンって出来ないものかなぁ?(インフル、肺炎のワクチンはキチンとしている)
あなたに「まぁ暢気に休養してくれ」なんて云えないし、代わってあげられんし・・・とにかく、そうきちさんが一日も早く元気を取り戻してスイミング行けるよう、祈ってます(*^^)v
ちなみにアンチエイジングの1番目を守るだけでも効果は出ると思う。生活パターンを変えればね。コレ、難しい・・・。

投稿: となりのハルコ | 2006年5月 6日 (土) 23:03

うん、わかるわかる。
もう一度10代20代に戻るなんてことがありえるとしても、とんでもない。年をとれてよかったって心底思ってる私なので・・・
元気に楽しく幸せに年をますます重ねてゆきたいです。

朝ね、起きて一番に窓を開けると新鮮なフィトンチットいっぱいの空気と小鳥のさえずりが流れ込んでくるのよ。そりゃ~あ、もう、心地いいのってなんのって・・・
早起き賛成!早起き気持ちいいよぉ。

投稿: lehto | 2006年5月 7日 (日) 04:57

あら、となりのハルコさま、
(でもなんでハルコやねん?)
そりゃ気苦労なこって。
私はけっこう陽気に休養してたよ。
ひどい風邪をひいちゃったら、もう万事休す、ですから。
やきもきしてもしょうがない。
ただ、そんな状態でも書きたいことがあるのに、頭がいつものように働かないのは苦痛でございました。

「風邪」自体は病気ではないので風邪に効く特効薬はない。
あくまで流行性感冒症候群なのでさ。
それに、どんなに気をつけたところで風邪なんてひくときはひくんだよ。これは医者でもどうにもならん。
「ああ、私はいま風邪でまいってるんだ。ゆっくり休もう」
これしかない。
リサ・ママ もとい、となりのハルコさんに必要なのは、感情のコントロール。

投稿: soukichi | 2006年5月 7日 (日) 17:13

lehto さま、
さっすがにフィンランドだな!
それがあるから、あなた様はその厳寒の地にもいられるわけね。
フィンランドの新緑の季節もさぞかし素晴らしいでしょうね!
想像しただけでも頭が爽快ミントになっちゃうよ。
またそんな写真のアップ、楽しみにしてます。
lehto さんが元気になってよかった(^-^)

投稿: soukichi | 2006年5月 7日 (日) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1番バラ | トップページ | Bordeaux »