« 直喩のように | トップページ | ホームセンターまで »

2006年1月 8日 (日)

バラが来た!

roses

本当に久しぶりに晴天となった昨日、出かけようとしていたら宅配便

が来ました。

千葉県にあるグリーンバレーから、今年のバラの大苗です。

ここでバラ苗を買うのは2回目。前回とても健康で良い苗が来たこと

を信頼してのことです。もうこの先数年は、後にも先にもこれでバラ

を買うのは最後にしようと決めました。狭いヴェランダにバラ鉢を置

くのももう限界なのです。

買ったのはエブリンとグラミス・キャッスル。

どちらも数年前に新苗を買って失敗し、今回が2回目のトライとなり

ます。今度はちゃんと育つでしょうか ・・・

一度失敗したのにまたトライするってことは、数あるバラのなかでも

特別にこのバラが好きだということを意味します。どうやら私は手に

入れるのが難しいものを好きになってしまう傾向にあるみたいで。

また2本、私と連れ添うバラができました。大事に育てます。

roses_01

バラ苗はこんな風に梱包されてきます。

天地無用で土がはみ出ることもなく、苗も傷むことなく届きました。

土も充分に水分を保っています。

健康に無事育つと、こんな花が咲きます。

上がエブリン、下がグラミス・キャッスル。

Evelyn

GlamisCastle 

|

« 直喩のように | トップページ | ホームセンターまで »

La vie en rose 」カテゴリの記事

コメント

両方とも八重のとっても美しい薔薇なんですね。
薔薇って中々難しい植物ですよね。
肥糧食いだし、病気にも弱いし・・・
でも咲いてくれたらそんな苦労もふっとんで
しまうくらい最高に美しい姿を見せてくれます。
我家には名前も知らずに買ったピンクのバラと
最近買った紅白の蔓バラ(オットの趣味)が
あります。お互いに楽しみな薔薇ですね。

投稿: | 2006年1月 8日 (日) 14:09

凛さま、そうですね。
気候がバラを育てるのにもっとあった土地だったらそんなに苦労はないんでしょうけれどね。
1年を通じて日照率が高くて湿度が低い気候だったらいいんだけど、日本は湿度の高い国だから。それをしかも狭いヴェランダの少ない鉢の土で育てようというんだから、やっぱり無理がありますね。
でもこの二つはただ好きというほかに、ポット植えに適した品種でもあるんです。樹高があまり大きくならずにコンパクトにまとまる。
それに何より素晴らしいのは香りです。
バラを育てることは今や私の生活やメンタリティーにまで色を添えてくれている気がします。
凛さんのバラもまた咲いてアップされるのを楽しみにしていますね!

投稿: soukichi | 2006年1月 8日 (日) 14:39

今晩も冷えますね。ERさんの興し入れ今から春が待ちどうしいですね。私もこの連休にバラの冬剪定をしました。3~4本ほど咲いていたのを花瓶に生け、部屋で楽しんでいます。その中に一輪グラミス・キャッスルとはおもえない、ひと回り小ぶりで、花弁も少ない冬の花がやっと開きましたので、ブログで明日紹介します。すっかりバラのつると木ばかりの寂しい庭をながめています。

投稿: みちこ | 2006年1月 8日 (日) 20:16

こんばんわ。
薔薇を宅配で頼まれたんですね。薔薇に対する
soukichi さんの気持ちの入れようが察し出来ます。どうぞ大事に大事に育てられて見事な花を
咲かせてください!大いに期待しております。

投稿: うー | 2006年1月 8日 (日) 21:06

みちこさま、
本当ですね。うちも剪定をし終えて、ちょっと強剪定だったかなと思うほどなので、いまヴェランダには花もなくさみしい限りです。
でも年が明けてからずっと曇天続きだったのが昨日からやっと晴れて、お陽さまの光をいっぱいに浴びたバラの木は、とても生き生きして見えました。初夏になるのが待ち遠しいです。
今年の寒さは健康に悪いんじゃないかと思われるほどなので、どうか気をつけてお暮らしください。明日のアップ、楽しみにしています。

投稿: soukichi | 2006年1月 8日 (日) 23:15

うーさん、いつもありがとう。
本当はバラ園に行って自分の目で確かめて買えたらいいんでしょうけど、なかなかそんな時間も無いし、私はクルマの運転もできないから、バラはいつも通販で買っています。でもバラを栽培している人たちの努力と情熱というのは顔が見えなくても充分に信頼に値するもので、細心の注意を払って送ってくださるので、なんの心配もありません。本当に農作業って重労働で大変なものですよね。
はい。大事に育てます。咲くのを楽しみにしててね!

投稿: soukichi | 2006年1月 9日 (月) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直喩のように | トップページ | ホームセンターまで »