« 恋の始まり | トップページ | 日の名残 »

2005年10月28日 (金)

秋へ

akinomichi_0

靴音が遠ざかると夜の道に

虫たちはにじむ血のように鳴きはじめ

ススキのささやきがさやさやと伝わる

月のない晩うしろからかけつけてきて

不意に顔をのぞきこむ背の高いお化け

がむかしこのへんに出たという

そんな恐ろしい話や夏の日の舌の記憶を

なるで未来を思うように思っているうちに

たちまち鳶いろの秋は深まる

昨日は雨あしたはもっと淋しい道に

また近づいてくる影と人声

セーターの匂いがなまめいてくる


(北村太郎/詩集『ピアノ線の夢』より『秋へ』)

**************************************************

朝から薄曇りで、夕方から雨になり肌寒かったおととい、この秋はじ

めてカシミヤのセーターを着た。といっても、さんざん着古して、猫み

たいな風合いになった、ざっくり編んだスカスカのセーター。それでも

素肌の上に1枚で着て、充分に暖かかった。

2月生まれの私は、昔は夏より冬の方が好きだった。何より汗をかく

ことが嫌いだったし、肌を露出することも好きではなかった。

冬になると街がモノトーンになり、喧騒の遠ざかった街の中で、常緑

樹の木立の間から信号機の赤を見るのが好きだった。白い息を吐

きながら、バラ色の頬をして走ってくる女の子を見るのが好きだった。

恋人と抱き合うにしても、分厚く敷き詰められた枯葉の上で、コートを

着た上から抱き合うのがよかった。そのとき冬の大気とウールの匂

いに混じって、本の匂いがしたらなおさら良いと思っていた。いま思

えば実に文学少女趣味だと思うが、それが当時の私なのだった。

いまでも冬のウールの匂いは好きだ。柔らかなセーターを着た温か

な肩に頬をのっけて、微かに嗅ぎ慣れた煙草の香りがしたらいいな

と思う。

|

« 恋の始まり | トップページ | 日の名残 »

日常のなかの詩/詩のある日常」カテゴリの記事

コメント

「虫たちはにじむ血のように鳴きはじめ」なんてスゴイねぇ、この詩は。北村太郎さんは私の知らない詩人(知らない詩人が多すぎる私なんだけど)ですが、この詩は好きになりました。(^^)
そういえば大昔私が好きだった人は、確かウールのセーター着て煙草の匂いがしてたなぁ。
そしていまは・・・2005年の冬、たぶん私は、綿のTシャツにフリースか中綿入りのブルゾンしか着ないと思う。ダンナにもたぶん着せないね。禁煙意識が徹底したいま、私の身辺には煙草を吸う人もいなくて、到底なまめいたロマンスは生れそうにありません。いやはやあまりに散文的日常・・・大切だけど、残念!(これ16分の7は本気!だけれど、云ったら天罰が下りそうで怖いよ)

投稿: リサ・ママ | 2005年10月28日 (金) 16:25

リサ・ママさま、こんにちは!
私の実家は中野区だけど、まだ緑も多くて行く途中にひときわ暗い道があって、秋の夜には虫の鳴き声がもの凄くてね、そこを通るときいつも自分の存在が凌駕されそうだと思う。で、虫の声に凌駕されそうな私ってなんてチッポケなんだろって思うのです。私はお酒も煙草もやらないし、特に煙草なんて男女限らず吸わない方が健康のためと思うけど、じゃあそういう男の人が好きかというとそうでもなくて、お酒も煙草もやらない人なんて色っぽくないなあと思ってしまう。お酒を飲むときの、煙草を吸うときのニュアンス、みたいなものは大事な気がします。リサ・ママさんは寒がりじゃないんだね! 私はセーター大好き。ふにゃふにゃの猫セーター。また着たきりの冬が始まります。
旦那さまのことはきっと大事にされてるんでしょうから、そのくらいで
リサ・ママさんに天罰は下らない!

投稿: soukichi | 2005年10月28日 (金) 17:04

こんばんは。
私なんて酒も煙草もこの上なく愛してる女ですわ(^ー^)。
今日は日が落ちて、ワインが体に染み入ってからコメント書きたかった。
とてもキュンとくるね。モノトーンの風景に赤って私はすごく好きなんだ。この情景はパリの街を想いださせます(全くのフランスばか!)。
コートとセーターの感触は18歳のころの情景が頭ん中いっぱいになってとうてい日中はコメント出来なかったわよ!
二人の吐く白い息、寒いからって自分のマフラーを掛けてくれた優しいまなざし、私たちは恋人未満だったけどすごく大切な時を一緒に過ごしてた・・・。
まぁ、よしえちんでもこんな時期があったわな(^-^;).。
恋の始まり,それは遠いスゥヴゥニ〜ル・・・・。

投稿: よしえ | 2005年10月28日 (金) 19:58

よしえさま、
ああ、いいな。やっぱり1日に1度はあなたの声(っていう感じなんだよね、私の中ではもう)、聞かないとね。今日はコメントこないかと思った。お仕事でも忙しいのかと。
ワインが身体に染み入るって、いい表現だね。
私のいま別居してる近所の友人も、仕事から帰るといつも酒飲みながら夕飯つくってたよ。「そうきちさんも飲む?」って、ニッと笑って言うから、たまに1杯だけつきあったりしてね。
『赤いワインに涙が』っていうのは、サガンの短編小説集のタイトルだっけ? お酒が飲めるあなたが羨ましい。私もお酒が飲める体質だったら良かったのに。確実に酒飲みの友人達との交流は今より深まっていたことでしょう。人生はもっとややこしかったかもしれないけど。
遠い日のスーヴェニール・・・って、まだあなたなんかちょっと前まで
20代だったくせに。でも、よしえちんにもスウィートな時代があったのね。しかし、煙草はできるだけ減らした方がいいよ!
あと10年もしたら如実に肌に出ますから。

投稿: soukichi | 2005年10月28日 (金) 21:40

よしえさんて、ほんとうに愉快な方。
コメント読んで、おもわずふきだしてしまいました。

投稿: みちこ | 2005年10月29日 (土) 08:25

みちこさま、
でしょ? 彼女とは11月に会うんです。とても楽しみです。
きっとさぞかし2人して、かしましいことでしょう。

投稿: soukichi | 2005年10月29日 (土) 10:22

(*^ー^*)

投稿: よしえ | 2005年10月29日 (土) 10:32

私もよしえさんのコメントが来てないと、アレ?って物足りないというか、残念というか・・・(^^)
すごくアクティブに仕事も家庭もこなしてるなかなかイケてる二人の現役女性(私は半分引退)の気取らないおしゃべりが、私にはとても愉快・痛快。
だから目が離せないですよ。・・・懐かしさと、やや羨望もあるかなぁ^^;

投稿: リサ・ママ | 2005年10月29日 (土) 16:50

(*^o^*)>

投稿: よしえ | 2005年10月29日 (土) 17:07

リサ・ママさん、
いつもどうもです。半分引退なんてとんでもない!
私はいつもリサ・ママさんの感受性にはびっくりしています。
詩を理解できる人ってほんとにわずかなんだもの。
私にとっては貴重です。

よしえちゃん、よかったね。・・・だってさ。期待されてるじゃん。
サボるなよ!

投稿: soukichi | 2005年10月29日 (土) 17:37

分かったわよん。
私だってもう日課になってるもの(^ー^)。
それにしても照れるじゃないっ!!
でもさぁ、私だってみちこさんやリサ・ママさんはじめみなさんのコメント読んでるのすごく楽しいのよ。
これも皆あなたに魅了されてるって事なのよね。

投稿: よしえ | 2005年10月29日 (土) 19:25

よしえさま、
あなたこそ照れるようなこと書かないように!
ネットなんて誰が見てるかわからないんですから。でもThanks !
今夜、子供と一緒に『レオン』観ました。
あなたのおっしゃるとおり完全版より良かったと思う。
これもまた完璧な、というか、奇跡的なキャスティングだよね。
私はレオンが腹筋やってるの見て、いざというときのために(って、どういうとき?)私もああやって日々鍛えなきゃアカンかと思いました。愛を得た途端に命を落とす、というのは映画(虚構)の中はもとより現実でも往々にして起こる(例えばアイルトン・セナみたいに)ことだけど、恋愛っていうのはやっぱり自分のバランスが崩れるってことなんだ、とかね。そんなことを思いました。

投稿: soukichi | 2005年10月29日 (土) 22:26

だはっ(^O^)。腹筋やってるの見て、自分を鍛えようと思うなんてあなたらしいわ。あっ、でも私も「キル・ビル」見て、いざというときの為にカンフー習いたくなったんだ。似たもん同士ね。(^ー^)
でもまぁ、いいですね。子供と一緒に「レオン」観れるなんて・・。
うちなんかまだ「スターウォーズ」くらいだもんなぁ・・・。
ところで当の息子さんはどんな反応だったんだろう?おばさんとしては興味津々なんですけど(*^ー^*)

投稿: よしえ | 2005年10月30日 (日) 00:17

よしえさま、おはよう!
子供が大きくなるのなんてすぐですから、あなたのうちもすぐよ、そんなの。彼とは見ている間はいろいろ言ってる(今回も音楽が完璧、とかジャン・レノ最高!とかこの麻薬取締の刑事イっちゃってる、とか)んだけど、あらためて聞いたら「書くほうが早い」とかなんとか言って答えませんでした。彼は『グラン・ブルー』も大好きだったから、『レオン』も好きだったと思うな。そういえば映画観るまであの女の子の名前を忘れていたんだけど、ちょうど偶然に前日買ったバラの名前は『マチルダ』でした。近日中にお見せします。

投稿: soukichi | 2005年10月30日 (日) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋の始まり | トップページ | 日の名残 »